華麗なる一族(下) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.83
  • (249)
  • (261)
  • (350)
  • (15)
  • (7)
本棚登録 : 2251
レビュー : 181
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鉄平さん、あっぱれでした

  • 「あー、超金持ちに生まれてたらなぁ」とボヤく全ての人々に、この本を読ませたい。人間の野心や欲望は、それを一度満たしたところで、決して満ち足りる事は無く、黒々とした渦を巻きながら再現無く大きくなってゆく。行き過ぎた野心が万俵家を蝕み、やがて崩壊していくストーリーを追いながら、自分の持たざる幸せを実感した気がする。山崎豊子の構成と物語の緻密さは、兎に角見事。不毛地帯から続けて読んだせいか、もうお腹一杯です・・・。

  • 人生は困難ばかりで、それを打ち破ることが当たり前という風潮があるが、実際には打ち破れないことの方が多い。それも人生で、それでも真剣にぶつかったのであれば残るものもある。山崎豊子作品は必ずしもhappy endでなく、厳しい現実から目を逸らさないところが逆に心地よいい。
    それにしても、自分が生まれる前からこんな作品が存在したとは。良書は時代を生き抜くのだなあ。

  • 何とも読後感の良くない本だ。人間関係も人間そのものもぎすぎすしているのだ。サラリーマンも本能的な不安を持っているのだが、それをすべて突かれて、やるせない気持ちになってくる。山崎豊子もそこを伝えたかったのであろうが、偽善は取り繕えるものではない。銀行合併も大同と阪神になったが、本当に効果あったのであろうか?企業は育成するのだろうか?すべて空中分解して終わっている。現実もこれに近いことがあるのだろうがそれを小説で学べた点は良かった。悪が栄え善が滅ぶ、正直者は損をする。そういう庶民にとって反面教師にとればよいのではないか?

  • こんなにも全ての人が不幸な本てあったかなぁ。はぁ、おもしろかった。
    悪者のうえには悪者がいるもんだな。
    後味は悪いけどよくできたストーリー。妻妾同衾が表沙汰になってほしかった。

  • 中巻は相子にムカついたけど、下巻は本当に大介に腹が立った。あんなに熱い思いを持って何が何でも高炉の完成をやり遂げようとした実の息子に対して、超冷たく扱って利用するだけして、自殺にまで追い込むなんて非道すぎるなほんと。大介も小が大を喰う銀行の合併という大事業をやり遂げたかったんだけど、あまりにも心がなさすぎる。鉄平が死んだときに大蔵官僚の美馬も、人の死に対して「迷惑なことを。。。」とか言ってるのとか、どいつもこいつも打算的過ぎて心がなさすぎて、腹が立つわ~。美馬とか大介みたいな人間ってたくさんいると思うけど、そこまでして地位や名誉を得たいと思う人間の心理がまったくわからん。社会派の小説はかなりおもしろいんだけど、文学の方がディープということが改めてわかったし、文学が本当に好きな人はこういった社会派の本は好きじゃないんだろうなと思った。
    それにしても大介とか美馬のような悪的な考え方の持ち主をさらに上回った悪い考え方をしていた大蔵大臣は大悪党だなと思った(笑)
    まぁ文学と新書の合間にまた社会派の小説を読んでみようと思う。

  • ドラマはちらっとしか見てなかったのだけどキムタクはちょっとイメージちがうかなー。という感想。

    終始豊子の思う壺にハマり大介にイラついていた。

    金融機関に興味がなさすぎて専門的な話のシーンはちらちら流し読みしちゃった。

  • まさしく華麗なる一族。
    ただ、華麗さは見た目。
    見た目の華麗さを保ち続ける事、その中で人間らしく生きていく事、そんなのが面白かった。
    華麗じゃなくていい、そんな思いで読み終わる。

  • 相変わらず悲惨なラストだが、山崎豊子にハズレなし

  • 物語の中核、都市銀行としては小さな阪神銀行が、自分より上位の大同銀行を呑み込む策動が動き出す辺りから物語は俄然面白くなる。
    阪神銀行頭取の万俵大介が権謀術数で家族を不幸に巻き込みながらも己の欲望を満たして行く様に嫌悪感を抱きながらもストーリーに引き込まれて行く。
    「自らの欲望を遂げるためには、冷然と金の力で自分に都合のよい正義を作り変えることの出来る男」
    万俵大介を表す的確な言葉だろう。

    物語のいたるところに出てくる馴染みある土地。
    神戸を舞台にしたストーリー展開も嬉しい。
    阪神銀行があるのは元町栄町通であるし、南京町、北野坂、六甲山など地名もさることながらドンクやオリエンタルホテルなど固有名詞で登場する場所が嬉しい。

    息が詰まりそうなドロドロとしたドラマだったが重厚感はさすが山崎豊子だ。

全181件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

華麗なる一族(下) (新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

華麗なる一族(下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする