沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (519)
  • (469)
  • (549)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 3644
レビュー : 222
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今のJALも同じなのだろうか。全く違う産業界から会長になった孤軍奮闘ぶりは今のJALの再建体制にどううつっているのだろう。更に今のJALのことが気になる。裏金でいい暮らしをしている生活ぶりが何とも空虚に感じ何ともいえない。

  • ちょっと読み疲れてきた。。
    全3巻か4巻にできた気がする。

    結局、社会的良心とは何かとか
    会社が公器としてなんであるかを問いたいの
    だと思うので、少し取材内容を書きすぎなきがする。

    高度成長期のバスや不動産と同じく飛行機も
    利権が絡んでいたのを生々しく実感するのに
    やくだつけど。

    (登場人物や会社名を全部、実物に転換して読むと)

  • 感慨を覚えながら読み進めている本書も、いよいよ終盤にさしかかってきた。遺族係だった恩地元は、内閣総理大臣から三顧の礼をもって実業界から迎えられた国見会長の抜擢により会長室の部長に転任する。本巻においては恩地の活躍よりも、公明正大な国見会長の人柄、魑魅魍魎とした国民航空のブラック社員・役員が様々に描かれていた。墜落事故を詳細に描いた前巻の御巣鷹山篇はいささか技術的な内容だったが、文系の私にとってはやっぱり人間をしっかりと描いた内容の方が愉しんで読める。

    本巻において私がもっとも興味を持った人物は轟鉄也。本作品におけるヒールの一人ではあるが、私にとってはこの人物について興味津々であった。もちろん、道義的には非難されるべきキャラクターの代表格なのであるが、頭の回転の速さ及び押しの強さはビジネスマンとしては見習うべきものがあると思うのだ。国民航空に籍を置きながらトップを説得し、資金を集め、旅行引き受け会社「ジャパン・エア・ツーリスト」を設立するという手法は、現代で言うところの企業内ベンチャーに相当する。企業を飛び出して丸裸一貫で起業するのではなく、企業内で企画を出してバックアップ資金を取り付けて業を起こすという企業ベンチャーは元気の良い企業でみられる現象である。商社や広告代理店などの社風が自由な企業ならまだしも、ナショナル・フラッグ・キャリアたる特殊法人においてよくぞそんな偉業が成し遂げられたものだ。
    最終巻たる次巻において、轟の末路や如何に…。

    また、企業において人事が非常に重要なファクターであることが改めて実感できた。国見会長は墜落事故の原因を不正人事と一刀両断し、まずは組合統合へと全力を注ぐ。縁故入社、派閥人事、組合差別などの不正人事はあらゆる部門に影響を与え、会社全体を活力の無いしらけた状態にしてしまうのだ。確かに、本巻を読んでも無茶苦茶な人事が読み取れ、いくら有名企業とはいえこんな組織では働きたいと思えない。実は私、大学4年の就職活動時、某航空会社の会社説明会及び面接に赴いたが、社員、特に若手社員の雰囲気が良くなかったことを覚えている。とても自社に誇りを持って仕事をしているようには思えなかったのだ。これも人事の歪みと無関係ではあるまい。

    先行して映画版を観てしまったのだが、原作品においては結末はどうなるのだろうか。楽しみである。

  • 会社側の意地汚さと事故被害者の悲惨さが対照的だ。
    航空事故は本当に怖い。。

  • 1巻に記述

  • 恩地属するクリーン会長チームvs甘い蜜をしゃぶり続けたいダーティーチーム。
    恩地さんをたらいまわしにし続けたダーティーチームの内部がようやく見えてきます。
    別に恩地さんに同情するわけじゃないけど、あれだけ私利私欲にまみれた上位層を見せ付けられるとさすがに会長がんばれっ!!ってなる。

    そして知恵と金と手回しの悪さにイライラする。

    やっぱり悪が成敗されるのはフィクションの中だけかぁ・・・残念。

  • 帰国!
    恩地さんはつええなぁ

  • 新書・文庫 913.6||ヤマ||4

  • 国営企業の立場をいいことにやりたい放題な人たちがわんさか…。こんな人たちの企業に命を預けるのはこわいわ。でもそんな人ばかりではないんだけど、そういうまっとうな人は差別人事にあったり、ほんとにやるせない。国見会長がどこまで頑張れるか、一度腐敗した組織をたてなおすのは並大抵ではできないだろうなと思った。

  • 1巻にて。

全222件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

ツイートする