沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (519)
  • (469)
  • (549)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 3645
レビュー : 222
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恩地があまり出ない。

  • レビューは最終巻で。

  • レビューは最終巻にて。

  • 総理直々のお願いで国民航空のトップに立った国見会長の国民航空の立て直しのストーリー。この人すごいできる人間で理想主義者なのに、どれだけくだらない人間が国民航空に多くて足を引っ張りまくることか。マジ腹立つ。既得権益への固執、馴れ合い、ごますりとか本当にだっせーとか思うけど、そういう人間って多いよね実際。正直そんなことしても成り立っちゃうくらいこの頃って経済成長もしてるし、企業に余裕があるんだろうね。みんな頭よくて能力あるのに視野が外に向けられてなくて、内向きだから、どうでもいいことばかりに頭使ってて本当にあほくさい。あと時代が時代だからしょうがないけど、共産党嫌われ過ぎ(笑)
    もう本当にムカつきながら読んでるわ~。
    次ラストだけど、あと一巻で国民航空が立て直せるとは思えないな(笑)どんなラストになることやら。。。

  • 御巣鷹山の墜落事故を機に、国民航空を立て直すべく財界から手腕を買われた国見が総理を後ろ盾にして会長に就任する。恩地も会長室部長として重責を担うが、旧態依然とした会社を食い物にしていた勢力の執拗な妨害工作が繰り広げられる。しかも総理やその対抗勢力も国民航空から利権を我が物にしようと国見を送り込んだのだった。良識派の監査役による長期の為替予約(その巨額の為替差損は副総理の蓄財に利用された)や子会社の不正が次々と明らかになるも、それは政府首脳の望んだことではなかった。そして遂には国見は会長を辞任、恩地はナイロビへ左遷される。しかし結局東京地検特捜部が出てきて幕引きとなるのだが、この終わり方は無いでしょう。まぁ当時は良かったのだろうけど…

  • 前巻で史上最悪な飛行機事故を起こしてしまった、国民空港。
    特殊法人な故に、総理大臣ご指名の別会社の会長が、
    国民空港の会長に就任し、腐りきった社内改革のために奮闘する話。

    4巻では、会社の役員やグループ会社の役員の
    利権に溺れている様や、癒着の様子、金策の様子など
    事故を起こした会社とは思えぬ腐敗っぷりをたっぷり披露する1冊となっています。

    会長室に呼ばれ、組合統合に奮闘する恩地さん、
    海外から戻ってきても、色々苦労続きの話が続きます。

    4巻は5巻に向けた前ふりの一冊であったかもしれません。
    正直何も進展しないのが本作です。

    でもそのため最終巻がどう終わるのかが非常に気になります。

  • 一転して、国民航空内の暗闘が描かれる。これまでの派手さはないが、取材に関してや、その後のクレームのことなど、もっとも困難が伴う巻なんじゃないだろうか。こういうことも含めて書ききってしまう山崎豊子さんの執念に脱帽。

  • 3巻位からぐいぐい引き込まれ、4巻も私にしては早めに読破。
    大会社及び政治家の世界って本当に黒い。
    魑魅魍魎。

    今も変わらずなんだろうな~。と
    政治資金不正の話がTVで花盛りなだけに、思ってしまう。

    今、本当にクリーンな政治家なんて1人でもいるのだろうか??

  • まとめて書きます。

  • サラリーマンとしては、コメントするのも恐ろしすぎるので割愛します。

全222件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

ツイートする