白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (381)
  • (367)
  • (472)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 2927
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104331

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山崎豊子(やまさき とよこ)氏著書『白い巨塔(一)』です。

    主人公の財前五郎(ざいぜんごろう)は、食道手術を得意とする国立大学の第一外科助教授で、第一外科の東(あずま)教授の定年に伴い、次期教授の椅子を狙っています。
    婿養子として財前家に迎えられ、義父が大学教授になれなかった経緯や自身が苦学生を経験したことから、なんとしても教授選にて勝ち、地位と名誉を手に入れる必要があります。

    一方で、東教授は、財前の野心家で我が強い性格や医者としてのセンス、知名度に嫉妬心をいだき、定年が近づくに連れて、本当に次期教授が主人公でよいのか、疑問を持つようになります。

    一巻では、財前助教授が教授選に向けて、局員や近親者に働きかけ味方につけていく姿と、東教授の葛藤から決断する瞬間までが描かれています。

    なにかを達成しようとするときやチャレンジするときには、障害や壁がつきものですね。本心では、来てほしくないのですが(笑)
    財前助教授の場合は人間関係が壁になったように、解決すべき課題は人によって違いますが、必ず自身を成長させるものだと思っています。
    本書を通して、私自身も乗り越えていく度に成長し、変わってきたことを思い出しましたし、今も目標に向けて日々楽しんでチャレンジしています。

    二巻はどのような展開になっていくのでしょうか(^^)
    楽しみです♪

  • ドラマ(唐沢さんのときの)を見てました。面白いと思ったのに、原作の巻数に圧倒されて手を出せずにいましたがついに読み始めてしまいました。まだ一巻しか読んでないですが、すでに面白い。続きが楽しみです。個人的には時代を感じさせる医療用語が興味深い。基本的にドイツ語なのですね。また、老人病という表現があったり、病院でスパスパ煙草を吸っていたり、現代とのギャップが面白いです。それでも、今読んでも生々しさを感じられるのだから山崎豊子さんの表現力には感服させられます。

  • とにかく物凄く質量のある文章である。そして物凄く質量のある作品である。

    文章の構成が立体的で、文の裏にその一文を立証する複数の文があるよう。そして一文一文が樹形図のようにつながっていると思えた。その「厚み」は元新聞記者であるところの作者の取材力が成し得たものだと思うのだけれど、そのボリュームが半端じゃない。だからこそ「白い巨塔」が圧力を持ったものとして立ち憚る姿を読者が感じられるのであって、この作品を最近の小説でよく見かけるペラペラの文章で書いたら張りぼての「白い巨塔」になってしまうと思う。(勿論ペラっとした作品には共感しやすいとか、別の良さがあるが)

    その読者と同じように聳え立つ白い巨塔を目前にしているのが柳原先生だと思う。他の登場人物が良かれ悪しかれ背筋をピシリとしているのに対して柳原先生は何ともフニャフニャである。だからこそ終盤での柳原先生の決断が裁判で証言以上に大きな意味を持っていると思う。私は彼が正しい証言をしたことに拍手を送ったが、同時に
    「え?君はそれで大丈夫?」と、フニャ部分がなくなったことでこの人はやっていけるのかとも思った。

    話の結末で彼は無医村に行くという選択をする。里見先生がいうようにそれは何百人の命を両肩にそのまま預かるようなことで、生易しいことではない。彼が法廷上で正しい証言をしたことが「医者としての倫理観」を通すためのワンステップだとするなら無医村での診療はそこから2ステップ3ステップ……ずっと先まで続く険しい道だと思う。

    正直、それまでの彼は頼りない人という印象があったけれど「無医村に行く」というストイックな選択は(たとえ大学病院に残れないという消極的な理由が一部あるにしろ)私にはできないなあ……。読み終えたあと、そんなことを考えながらよく見たら「そもそも私は医学部に入れる頭がない」とか、白い巨塔が立ちふさがる以前の問題が山積していることに気づいたのだった。

  • 今まで、主に池井戸潤作品を読んできて、大抵正義感溢れる主人公に慣れてきていた。この作品は、悪というか、目的のためには手段を選ばない主人公を描いている。全5巻。50年前の話で、医学はこの間に長足の進歩を遂げたであろうが、教授選などは、さほど変わっていないのだろうなと思う。第一巻:1~7章

  • 重く固い話なのに、ものすごく読みやすい。お金の価値以外に時間的な古臭さを感じることもなく、ぐいぐい読めてしまった。

  • 5巻もあるし医療の話だし難しいかなーと思いきや、面白くてのめり込んで読み切った。

    生々しい人物と、考えさせられる締め方、
    さすがです。

  • 今更ながら山崎豊子さんの名作を読みました。財前教授と里見教授の真反対な生き方が非常に対照的。里見教授のような生き方に憧れる。

  • 岡田准一のドラマ観たら、また読みたくなって再読。3回目?やっぱり山崎豊子の小説の中でも圧倒的に面白い。やはり原作は濃い!!

  • 第1巻終了。この方の作品を知らずして社会派小説は語れないんじゃね?!などと思い読み始めました。魑魅魍魎がはびこる泥沼のような世界の話だが、それを必要以上に感じさせず読みやすい。先が長いのでじっくり読もう。

  • 医療と法律において素人である著者が、どうしてここまで緻密な医療裁判を描けるんだろう。とにかくディテールの細かさにいちいち驚かされ、全5巻に渡る大長編で少しも緩みがない。どうしたらこんな小説が生み出せるのか、ただただ驚愕だった。

    しかし、完全無比な作品であるものの、時代背景の古さから現代から見ると違和感のある描写も少々ある。際立っているのが、癌医療あるいは終末医療における患者への告知に関してだ。患者が命の危険に気づいていても、何が何でも隠し通そうとする医師の態度は、今の考え方からすると非情に理不尽なものに映る。死を絶対的に避けるものとしてしか描かれていないので、その点ではクライマックスにかけて、ドラマ版の方が現代的で見応えがあった。

    財前と里見、真逆の人生観をぶつけ合う中で、どちらも一切妥協せず自分の信念を貫いて生きていることが明らかになる。それぞれ考える理想像に近づくためには犠牲を厭わない性格で、その人生への真摯さにはとりわけ感銘を受けた。どちらも生き方として決して正しくないし間違えてもいない、それでも人並み外れた情熱をもって生きる人の姿に心打たれてしまう。

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

ツイートする