白い巨塔〈第4巻〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.85
  • (245)
  • (248)
  • (346)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 2049
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104362

作品紹介・あらすじ

浪速大学教授・財前五郎の医療ミスを訴えた民事裁判は、原告側の敗訴に終わる。同じ大学の助教授の身で原告側証人に立った里見は、大学を去る。他方、裁判に勝訴した財前のもとに、学術会議選挙出馬の誘いがもたらされる。学会人事がらみの危険な罠を感じながらも財前は、開始された医事裁判控訴審と学術会議選挙をシーソーのように操り、両者ともに勝利することに野望をたぎらす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公財前が、第二審裁判の勝訴と学術会議選の当選を目論み、策略を練る。 権力を手に入れた人間の傲慢さがよく描かれていると思います。最終章まで後一息。今年中になんとか!

  • ハイボールがよく出てくる。

  • 今更だが、病院・医師の話なのだが、医療裁判の話である。1-3で一旦完結したのだが、あまりの反響に続編を書くことになったという。悪役が主人公というのは珍しいと思ってしまうが、抑本をそれほど読まないし、池井戸潤には悪役が主人公の話がほとんどないので、それゆえ違和感というか、読みなれていないというだけなのであろう。

  • 浪速大学教授・財前五郎の医療ミスを訴えた民事裁判は、原告側の敗訴に終わる。同じ大学の助教授の身で原告側証人に立った里見は、大学を去る。他方、裁判に勝訴した財前のもとに、学術会議選挙出馬の誘いがもたらされる。学会人事がらみの危険な罠を感じながらも財前は、開始された医事裁判控訴審と学術会議選挙をシーソーのように操り、両者ともに勝利することに野望をたぎらす。

    ここから続編。78年版ドラマではかなり端折られていたが、学術会議の票集め工作は教授選挙以上にどぎつい。

  • この巻は、少し中だるみしていたように感じた。
    財前五郎、失脚の嵐の前の静けさなのか。
    少しずつだが、確実に何かが狂い始めている。
    あれだけ傲慢だった財前五郎が焦り始めている感じがする。
    最終巻がどういう展開になるのか楽しみである。

  • 財前の歯車が少しずつ狂い始めている。
    その原因が財前の良心にあるように感じられて、ほんの少しだけ財前を見る目が変わってきた。
    どんな人間にも良心はあるということか。
    佐々木庸平の影におびえて、安田太一への診察が慎重になっている財前を見て、特診患者か否かで態度を変えていると誤解する柳原に人間関係の難しさを感じる。
    他人の言動の本当の理由なんて分からない。口にした言葉が本心かどうかも分からない。そういうものなんだろう。
    亀山君子の旦那がお金をたたき返してくれてスッとした。
    最終巻で彼が不幸にならなければいいのだけれど。

  • 里見先生、大学を去るが大河内教授のはからいで研究は続けられる環境で良かった。。。財前教授は教授選挙が終わったと思ったら今度は学術会議選挙戦に駆けずり回ってまたもや辟易。。。この巻は若手医師の労働環境や国の癌政策、国立大学の閉鎖性、医療裁判の難しさなど、たくさんの社会問題が浮き上がり読み応え十分。

  • 財前の医療裁判、控訴審。
    財前の学術会議選の続き。

    佐々木一家とその弁護士の証拠集めなど、財前を追い詰めようと模索している姿が熱い。

    里見も物静かながらも裁判や医療に熱い思いを抱いて、真実を追い求める。
    その姿に感動した。

    財前は相変わらず、人間性はクズすぎて腹がたつ。次巻でこの財前はどうなるのか?
    とても楽しみだ。

    あと里見と佐和子の淡い恋も。

  • 教授になって天狗の鼻が天まで伸びちゃった財前くんの傲慢さが招いた医療過誤事件の控訴審がお話のメインでした。
    少しずつ切り崩されていく財前側のようすをドキドキしながら一気に読んじゃった。
    こんな医者たちに体を預けるのはイヤだなぁ…って思うけどね。

  • 231
    本書が刊行されたのは1965年。当時は今ほど医事裁判はなかった。なのにこのリアリティー。加えて、著者が医療関係には全く素人であるというのに、綿密に取材され出来あがった本書。凄いとしか言いようがない。
    同著者、読了2作目。

全113件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

白い巨塔〈第4巻〉 (新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

白い巨塔〈第4巻〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする