不毛地帯(一) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.22
  • (353)
  • (307)
  • (126)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 2872
感想 : 205
  • Amazon.co.jp ・本 (656ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【感想】
    戦後11年間のシベリア拘留を経て、近畿商事という総合商社に入社した元日本陸軍中佐の物語。

    シベリア拘留のエピソードが生々しくて、読んでいてかなり衝撃を受けました。
    戦後、異国であんな風に虐げられ苦しんだ人がたくさんいたんですね。。
    「終戦」とは名ばかりで、戦争が終わっても、戦争中かもしくはそれ以上の苦しみを味わっている人がいる。
    安易な一言ですけど、、、やっぱり平和が1番ですね。

    あと、先物取引関係が難しすぎてまったく理解できず…
    ただ商社の多忙さやバイタリティーの描写は見ているだけでわくわくしたなぁ。
    商社マンのエリートっぷりは本当にカッコイイ!!

    600ページ強のボリュームで時間かかったが、とても面白く読めた。あと3巻あるけど楽しみ(^^)

    • トミーさん
      きのPさんと
      認識しないまま
      レビュー拝見してました。

      山崎豊子とにかく恐るべし
      すごい資料でしょうね。
      また山崎豊子に溺れてた時期がなつ...
      きのPさんと
      認識しないまま
      レビュー拝見してました。

      山崎豊子とにかく恐るべし
      すごい資料でしょうね。
      また山崎豊子に溺れてた時期がなつかしい。
      ほんとはまた読みたいのですが
      何しろ本は膨大です。
      一人ばかりにはまれなくて〜
      2021/03/25
  • アメリカの産軍複合体と、防衛庁、元大本営参謀がらみなど、きな臭い話を、山崎豊子はよく取り上げたとおもいます。田中角栄が失脚した背景を含めて、日本の連合国軍の占領統治がまたおわっていないような錯覚を覚えました。

  • 内容紹介
    拷問、飢餓、強制労働――地獄のシベリアから生還した男。
    商社マンの孤独な戦いを通じて戦後史を活写する記念碑的長編。

    大本営参謀・壹岐正は、終戦工作に赴いた満州でソ連軍に抑留される。
    酷寒のシベリアで、想像を絶する飢餓と強制労働に11年にわたって耐え抜き、
    ついに昭和31年、帰還を果たした。
    その経歴に目を付けた近畿商事の社長大門の熱心な誘いに応え、
    第二の人生を商社マンとして歩むことを決意。
    地獄の抑留生活の傷も癒えぬまま、再び「商戦」という名の新たな戦いに身を投じる。

  • 極寒の中で強制労働を強いられた方々の辛さをわかったと言うことは出来ませんが、昔の日本やソ連、戦争の悲惨さなどを改めて考えるきっかけになりました。

  • シベリア抑留編は必読ですね。想像を絶するものがあります。

  • シベリア抑留という言葉しか知らなかった僕に、前半部分だけでも十分な衝撃を与えてくれた本。

    日本人が経験した悲劇を少しでも教えてくれる。

    そしてシベリア抑留で話が終わるわだけではなく、抑留から生還した元参謀が、商社マンとなるところから後半部分。
    なるほど、生還した人達にはその後の人生もあったんだと。
    戦後の輝かし高度成長期の裏で、繰り広げられる商戦。
    その中をその男が生きぬいていく姿まで描写されてるなんて・・・読むしかないっしょ。

  • 凄惨なロシア編はすごくリアルで、自身だったら肉体的にも精神的にも耐えられないだろうと思う。一方小説としてはやや冗長的な所もあるが、現代に戻ってからの壹岐正の葛藤も垣間見えて面白くなっていく。

  • 2018年12月9日、読み始め。
    2018年12月23日、読了。
    大本営参謀・壹岐正が主人公と思われるが、シベリア抑留から商社マンになるまでのことが書かれている。
    シベリア抑留時代は、重い内容。

  • 複数冊ある長編が苦手&ガチガチのがめつい商社バトルが苦手なため手を出しかねていましたが読み始めたら止まらず、あっという間に一巻を読み終えました。
    敗戦直後の死に傾く気持ち、シベリア抑留の辛く厳しい11年間、戦争後13年経った日本、近畿商事の繊維部と海外部の事業説明。

    一巻の大半を占めるシベリア生活はその日を生きのびるが不思議なくらいの、空腹と重労働と絶望の毎日。敗戦の将は、捕虜法も人道的な取り扱いもそっちのけでソ連の人の気分次第で生死が左右される。「勝てなければ戦争をしてはいけない」という言葉がしみた。
    日々の労働に耐えきれず指を切り落としたり、壊血症で歯が抜けたり、スープの濃さ薄さで僻みあったりそれでも仲間意識を忘れずに助け合い経営側と対立したり。

    繊維の話は売り玉だの買い下がりだの30番だの用語がよく分からず大阪の言葉だらけだったけど、熱い意気込みと勢いがよく伝わる。今後はこんな内容ばかりになるのだろうか。

    不毛地帯は主人公の壹岐とその家族が、高潔で筋が通っており、恥ずかしくない心情と行動なので、恐らく今後のストーリーは、主人公がどんな苦境に立たされても読者を裏切ったり落ちぶれたりはしないだろうと、そこは安心して読める。

  • 実は何度も読んでいるのですが、改めて再読しました。
    山崎豊子さん(先日、亡くなられました)の大作「不毛地帯」
    1巻は、主人公である大本営の参謀がソ連によってシベリア抑留される場面がメインですね。

    基本的には、事実を基にしてストーリーを再構築しているようなので、多少の誇張は当然あるにせよ、ここに描かれていることは、本当に何10年か昔にあったできごとです。この作品を読むと、国家とは何か、人としての尊厳ある生き方とはなにかを考えてしまいます。
    同時に、今ある豊かな生活を何気なく享受し、特別だと思うこともなく恵まれた人生を送っているのだなぁと・・・

    そう思うだけでは、意味がなくて、だったら自分はこの世界で何をするか、ということを考えなければなりませんね。山崎作品は、そういった人生の送り方を様々な登場人物に重ね合わせながら見せてくれます。

    5巻まで一気読みしちゃうやつですね、これ・・・

全205件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

不毛地帯(一) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×