二つの祖国(四) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.34
  • (73)
  • (52)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 489
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104485

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東京裁判は判決を迎える。
    賢治の愛した梛子にも不幸な運命が待ち受ける。

    3巻から引き続き東京裁判に翻弄されました。
    判決の重さ、その判決を通訳として言い渡すことになった賢治の苦悩。
    梛子との別れ、家族との不和、そして東京裁判、それらが賢治を壊していく。
    日系二世としてアメリカに忠誠を尽くすも、日本人としても心を強く持ってしまった賢治には、余りにも酷な運命でした。

    衝撃のラスト、賢治の選んだ最後が悲しい。
    まだ幼いアーサーが心配です。

  • 一巻に記載

  • 長かった…。3月末にドラマが放送され、原作がすごく気になりちょこちょこ読み進めてました。
    読んですごくよかった。長いけどおすすめ。特に若い人へ。

    日米開戦と同時に、12万人の日系人が強制収容所へ入れられたのは事実。
    この小説に出てくる主人公やそれを取り巻く人々はフィクションだけども、
    著者の相当に膨大な取材、調査による事実を織り交ぜた歴史小説です。

    日系二世の主人公は、アメリカ人として生きるべきなのか、日本人として生きるべきなのか、痛烈な問いを突きつけられます。
    米国籍を持つ主人公は、収容所に入れられながらも語学兵としてアメリカ人の立場で戦い、最後は東京裁判で言語調整官として法廷に臨み、常に日本とアメリカの狭間でもがき苦しみます。
    ただこの小説はこれだけではない。
    第二次世界大戦の全てが網羅されており、
    戦争中に日本が犯した罪。
    パールハーバーの真実。
    太平洋戦争のあまりにも壮絶すぎる実態。
    捕虜に対する、国際的な常識と当時の日本の常識の違い。(実際ハーグ条約で非人道的な扱いは禁じられていた)
    東京裁判でのかなり詳細な成り行き。
    天皇制について、戦勝国が下した決断。
    戦犯たちが負った運命。
    何が日本を戦争に駆り立てたのか。
    何も知らなかった自分を恥ずかしく思うけど、教科書だけでは知り得ない事実の数々。
    難しく読みにくい部分もあるけど、
    元号が変わって皇室のニュースも多い今、知っておかなければいけないことの多さに打ちのめされました。

    戦争は、誰にとっても良い結果をもたらさない。
    強い国、弱い国、シナリオ作り、世論のコントロール…すべて国民の手の届かないような場所で、戦争への道が切り開かれていく。
    弱い立場の国民は、本当に、国のやること、周りの国からの思惑、見極めなければいけないなと思った。

  • 4巻は、主人公の期待にそぐわない東京裁判の粗雑・偏向・歪曲された審理と、想い人椰子の白血病による死亡、そして、なぜか主人公のピストル自殺で終わる。
     主人公のモデルは二世の伊丹明とハリー福原のミックス。ライバルのチャーリー田宮のモデルはいないようだが、彼女の戦争小説らしく嫌味で出世嗜好の男はよくでてくる。チャーリー田宮がもっとイヤな男として書かれ、さらに、悲劇で終わればもっとスッキリしたんだけどね

  • 東京裁判の過程とケーンの苦悩が重なりあって読みごたえあり。
    現在の日米関係はなんだかんだ言っても親密だが、それに至るまでの犠牲は計り知れない。

  • 2017/10/18

  • 日系2世のアメリカ人が太平洋戦争中及び戦後に直面した差別、そして二つの祖国に挟まれ翻弄されつつもその中で生きる道を模索する姿を実在の人物をモデルにした主人公を中心に描いている。後半は極東軍事裁判の争点や広島原爆の悲劇を丁寧に小説の中で伝える著者特有の史実小説。戦争に関する書籍を読む度に如何に自分が近代史に無知か、表現を変えれば義務教育において学ぶ機会が与えられなかったかという問題を深く考える。文庫で全4冊。84年には大河ドラマになったそうだ。再放送する価値ある。

  • 前巻から続く東京裁判も個人弁論に入り、判決へと向かっていく。
    そして賢治の心は、更に重苦しく重大な展開を見せるモニター、翻訳の仕事と、私生活における葛藤とストレスで次第にすり減っていく。

    二つの祖国を持つという特殊性から、どちらからも疑われ、疎まれ、それでも忠誠を貫こうともがき苦しむ賢治の姿には、もはや悲壮感しか感じない。
    この話自体はフィクションではあるが、天羽賢治のモデルのように、似た苦しみに苛まれて命を絶つことになってしまった人のことを忘れてはならないだろう。

    また、あまり知らなかったアメリカにおける太平洋戦争中の日系人への差別行為、東京裁判について知ることができたのは大きい。
    もちろん、この本だけで理解したつもりになってはいけない分野。
    太平洋戦争についての話題は、右翼だ左翼だとレッテル貼りの応酬になっている印象なので敬遠してきたのだが、日本人として少しぐらいは知っておくべきだと感じた。

  • 仕方ないとはいえ、東京裁判の引用のくだりは冗長だと思う。
    また、山崎豊子の作品に共通することだが、あまりにも主人公が生真面目すぎ不器用で、少し現実離れしているかなとも思う。
    まあ主人公の中に葛藤があるから作品が面白くなるので、凡人のようにその場の雰囲気に流されるままならば作品にはならないのだろう。

  • 沈まぬ太陽や、不毛地帯等とダブる、正義感の塊のような主人公。山崎豊子作品にありがちではあるが、題材としては日系二世を取り扱い、考えさせられる。そういった人間ドラマはおまけなもののようで、こういった問題と向き合いなさいというメッセージであろうか。4月にハワイに行くので、このタイミングで読めてよかった。

  •  東京裁判後半。

     秘密の暴露に匹敵する東郷爆弾大炸裂に、一見凛としながら、全く的外れな東条の在り様を描き、東京裁判の幕は下りる。

     そんな中、賢治の余りにも喧しい「武士道」連呼に、言い知れぬ気持ち悪さと違和感。連呼せざるを得ないからこそ、二世を露わにしたものとも、トチ狂ってきた証左とも見えるが、心の支えが遠く離れ、かつ永遠の別れという結末に至ったことから来ているのだろう。
     ということで、孤独を癒す術なくラストは大河版と同じに。

     さて本作。
     日系米国人という境界線を生きる人物からの目線は、日米双方を相対化・俯瞰化したかに見える。
     しかし、やはり目に付くのは一面性、単層性だ。つまり「兵」から見た上層、アジア諸国から見た日本という観点が皆無なのだ。
     確かに、忠という、日本「兵」の代表足りうるキャラクターを造形した。にもかかわらず、彼もまた賢治の引力に吸い込まれ、賢治へのカウンターになり切れず、もちろん東条ら戦争指導者層へのカウンターにもならなかった。
     こういう点が本作が物語としての単層構造を突き破れなかった弱さに繋がっている。これは俯瞰的な、あるいは突き放して物語を構築できなかった著者の思い入れによるものだろう。
     確かに、自分の好きな物語を紡げた著者は満足だろう。
    が、その○○に付き合うのはかなりの苦痛を感じずにはいられなかった。

  • 太平洋戦争開戦後の日系人収容所問題からフィリピン戦線までのくだりは、各登場人物の動きが活き活きして面白いが、中盤以降、東京裁判の描写の割合が増えてくるとと、小説としての面白さはやや失速した感があった。主人公の、勝者による裁判への疑問に発する戦犯への心情的な肩入れや、同時進行した家庭内不和にも、そこに共感できるか否かで評価が分かれるかもしれない。戦争を体験した著者が、日系人強制収容所、原爆、東京裁判といったテーマに抱いた思いが色濃く反映した作品で、ストーリーを追うというよりは、それら歴史的事実がに興味がある人への橋渡し的な役割を果たし得る小説のように感じた。

  • 悲しい結末
    しかし素晴らしい作品です

  • アメリカと日本という二つの祖国の間で揺れ動く日系人の物語。実話を元にして、作者の丹念な取材の成果がその筆致により十分に現れている重厚な作品。色んな考え、選択をする日系人が描かれており、同じ収容されている日系人の間にも考え方の対立がある。生き方や選択にきっと正解なんてなかっただろうし、当事者ではない人間があれこれいうべきものでもない。ただ、これは山崎作品全般に言えることだけれども、真実とフィクションを渾然一体に著すのはどうか。僕は、法律家なので、終盤の東京裁判の場面で、例えば横田喜三郎をモデルにしたと思われる横井という法学者なんかが描かれているのには違和感があり、興ざめした。きっともう山崎作品は読まないだろう。

  • 日系アメリカ人二世の苦悩が描かれている。
    多くは語れないが、愕然とさせられる作品だった。

  • 寝るのを忘れて読んだ作品。
    天羽賢治の一生があまりに不憫だ。

    山崎豊子の作品を貫くテーマの一つが「主人公が世界の不条理に挑む」
    というやつで、結局のところ主人公が端から見ている限りでは勝利したとは思われない。

    だが「人は戦い続ける限り負けではない」という坂口安吾の例を引くように、天羽もまた負けてはいないと信じたい。

    悪妻と精神的重圧と戦いながら生きる天羽の姿は忘れられない。

  • 2013/1/23

  • なんという結末!なんという救いのなさ!

    モデルとなった人物がいたようだが、
    脚色しているとはいえ、なんとも切ない・・・

  • もし、中国と戦争したら、中華街の人達は、大変なことになります。

  • 父なる国日本と母なる国アメリカ。
    二つの祖国の架け橋となるべく、愚直なまでに誠実な天羽賢治。
    信念を貫いた東京裁判が、神聖な裁きの衣から、勝者の裁きの鎧を見せた後、賢治の心は墜ちていった…。
    ヒロイン梛子の最期の問いかけが重い。
    ライバルのチャーリー、弟の忠と勇の対比で賢治の苦悩が良く分かります。
    東京裁判については城山三郎著「落日燃ゆ」もお薦めです。

全29件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

山崎 豊子(やまざき とよこ)
1924年1月2日 - 2013年9月29日
大阪府生まれの小説家。本名、杉本豊子(すぎもと とよこ)。 旧制女専を卒業後、毎日新聞社入社、学芸部で井上靖の薫陶を受けた。入社後に小説も書き、『暖簾』を刊行し作家デビュー。映画・ドラマ化され、大人気に。そして『花のれん』で第39回直木賞受賞し、新聞社を退職し専業作家となる。代表作に『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』など。多くの作品が映画化・ドラマ化されており、2019年5月にも『白い巨塔』が岡田准一主演で連続TVドラマ化が決まった。

二つの祖国(四) (新潮文庫)のその他の作品

山崎豊子の作品

二つの祖国(四) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする