退屈な迷宮―「北朝鮮」とは何だったのか (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.38
  • (1)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101107134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 関川節が小気味いい。少し前まで、日本人は韓国より北朝鮮のほうを希望の国と見ていたという。

  • 11/12

  • 新興宗教国家だった、と。北朝鮮崩壊の歴史的瞬間を見たいけど、そのときは日本も無傷ではいられないんだろうなあ。

  • 北朝鮮が嫌いな人、もしくは嫌いになりたい人。これを読んでみては?

全4件中 1 - 4件を表示

退屈な迷宮―「北朝鮮」とは何だったのか (新潮文庫)のその他の作品

関川夏央の作品

ツイートする