黒の様式 (新潮文庫 ま 1-27)

著者 : 松本清張
  • 新潮社 (1973年9月25日発売)
3.36
  • (3)
  • (9)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 111人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109275

黒の様式 (新潮文庫 ま 1-27)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「歯止め」「犯罪広告」「微笑の儀式」の3編を収録。時代設定は当然古いが、主題は現代でも十分おもしろい。2017.12.21

  • 安定したおもしろさ。3つの短編ミステリー小説。
    しっかりとしたストーリー設定と細かな部分のリアルさが、それぞれのミステリーを素晴らしいものに見せてくれる。

  • 短編3つ。1本目が死んだ姉と、やや薄気味悪い姉の旦那の話で、純文学なのかと思ったら、途中でいろんなパーツがパキーンとはまるミステリ。はまるまでの気持ち悪さのせいで、途中まではなかなか読み進められず。

    あと2本はどんでん返しで、最初からミステリと解るので読みやすい。阿夫里村の話は、怪文書と供述調書とで本筋が語られる、かなりクラシックな手法だが、今読んでも全く古臭さを感じない。

    もう一つは、最初から落ちがわかっている状態だが、事件性がないところに事件を作っていく。

    1本目の薄気味悪さには嫌悪感を催す人も少なく無いだろうが、松本清張の安定した面白さが詰まった1冊だ。

  • 狭義のミステリーではない。
    そこはかとない恐ろしさを感じさせる短編集。
    笑気ガスは今はもう殆ど使われてないから時代を感じさせる。

  • 2012 01

  • アイテムが古びることはあっても、疑惑とか嫉妬とか憎悪とかの「情念」は古びないものですねえ。

全7件中 1 - 7件を表示

黒の様式 (新潮文庫 ま 1-27)のその他の作品

黒の様式 Kindle版 黒の様式 松本清張

松本清張の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黒の様式 (新潮文庫 ま 1-27)はこんな本です

ツイートする