赤い氷河期 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (506ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エイズを取り扱っている。
    エイズの発生が、1980年始め。
    その時フロリダでエイズのニュースに接したが、
    何か驚異に感じたことがあった。
    サルから ニンゲンにうつった病気で 薬がない
    ということだったと思う。

    なぜ突然そのエイズが生まれたのか?
    よくわかっているようで、わかっていない。

    この物語の背景は、2005年 
    エイズ患者が1億5千万人もいるという設定の話で、
    ソ連が、隔離病院を作っていることによって、
    その対策についての評価をする。

    人権問題を無視しているというが、
    隔離病棟は、現在のハンセン氏病に関連してくる。
    そして、インフルエンザにエイズウイルスを
    のせるという方法である。

    福光 山上 そしてハンゲマン 
    わずかな登場人物で、
    エイズを描こうとしている松本清張の意気込みが
    よく見えておもしろい。

全1件中 1 - 1件を表示

赤い氷河期 (新潮文庫)のその他の作品

赤い氷河期 Kindle版 赤い氷河期 松本清張

松本清張の作品

ツイートする