軍艦長門の生涯 (上巻) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.24
  • (10)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101110073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 開戦まではほんとにほのぼのエピソード満載。トンカツ用に飼ってた子豚が海に落ちたのを助けたら情が移ってもう食べられないとか。

  • 戦艦長門。

    世界最大最強の戦艦として生まれ、長く連合艦隊の旗艦をつとめた「日本の誇り」。12隻あった戦艦のうち、たった1艦だけ生き残り、さいごは原爆の標的艦として太平洋に沈む。

    大正9年・広島生まれの阿川弘之が、奇しくも自分と「同年同郷」の長門の生涯を描く。

  • 4101110077  433p 1982・11・25 ?

  •  今も尚、静かに海の底に沈んでいる戦艦長門。
     彼の激動の人生(艦生?)を描いた小説。
     上中下あるが、どれも淡々と進む描写がリアリティある雰囲気。出てくる人が多すぎて途中でわけがわからなくなるけれど、確かに其処に生きていた人が居るわけで。それは凄いなと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

軍艦長門の生涯 (上巻) (新潮文庫)のその他の作品

阿川弘之の作品

軍艦長門の生涯 (上巻) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする