酒呑みの自己弁護 (新潮文庫 や 7-7)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101111070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この頃本屋でよく見かけるので図書館で借りてみました。
    そのうち買おう。漫画も面白いし。

    酒を水で割って飲むほど落ちぶれちゃあいねえや、は最高です。良いお酒は是非ストレートで飲んでチェイサーをつけよう、と心に刻みました。でも昨今はハイボール(しかもトリスハイボールもそこかしこに見られる)がはやっているので今ならば山口氏もうんうん、とうなづかれている事でしょうにね。

  • ── 山口 瞳《酒呑みの自己弁護 197903‥ 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4101111073
     深井 周二 殿(19801205 謹呈)

  • 学生時代,なぜだか古本屋で購入した一冊。しかも山口瞳はこれ一冊しか持っていない。今の自分からすると,この本に惹かれるのは運命だったのか(大げさ)。内容はタイトルから推して知るべし。男の思い出の酒語り。

  • 人名索引あり

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1926年東京生まれ。小説家、随筆家。『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。おもな著作に31年間連載したコラムをまとめた「男性自身」シリーズ、『血族』『居酒屋兆治』など。1995年没。

酒呑みの自己弁護 (新潮文庫 や 7-7)のその他の作品

山口瞳の作品

ツイートする