聖少女 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (110)
  • (91)
  • (140)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 1030
レビュー : 132
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101113098

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっと早く読んでおかなければならなかった。

  • 後半から滅法面白くなる。
    メタフィクション。

  • まさかまだ棚にあげていなかったとは。うっかりさんでした。圧倒されます。少女の過剰な自意識がつくりだす美意識に。

  • 文系女子のバイブル。

  • 不思議な世界観がずっと続いていた。
    なんだかよくわからない展開だったが、なんとなく惹きこまれていた。

  • 中学・高校の時に読んでいたらきっと
    少女ジャンルの虜になっていただろうなという作品。
    高校で桜庭一樹の虜になったように。
    今の私には少し遅かったし、少し早かった。

    わたしはこの小説のなかで、不可能な愛である近親相姦を、
    選ばれた愛に聖化することをこころみました。

  • 読み終わりました。
    醜悪でどぎついのだけど、「聖」であり「清」であり・・・。

    泣いてしまいそうです。
    あたたかく湿った闇、とぐろを巻いた蛇のような双子の魂・・・
    素晴らしかったです。

    倉橋作品のモチベーションは、母殺しが根底にあると思う。
    苦しく、重い。
    一生逃れらない闇。
    人生そのもの。

    全体的にはエロティックで美しい文が印象に残りました。

  • 倉橋由美子に初めてふれる。桜庭一樹が影響を受けたのがよくわかる。

  • きっと10代のころに読んでいたら、熱狂していたんだろうなぁ。
    あとは、少女時代を愛情をもって穏やかな目で懐古できるようになったころ、ずっと後にも、静かに熱狂できるんだろうなぁ。
    映画やジャズ、本の趣味がオシャレすぎる。

    163ページ辺りの愛についてのひとつの仮説

    かけはなれた存在を接合させるためには、反自然的な力エネルギーが必要で、つまりそれはごく人間的なもの、ことばです。この他者同士の間をゆきかうことばこそ、愛である。愛とは想像力のひとつの形。
    っていうのが気に入った。

  • 近親相姦という重いテーマ。
    読んでみると、テーマ性を求めたものではないことが分かります。
    「近親相姦は許されるべきか」とか「近親相姦とはなにか」とか、そういう哲学や倫理を追求するものではないと感じます。
    どうも、タブー性を材料としたような節も見られます。

    近親相姦というと、その禁忌におぼれたり、許されない愛に登場人物たちが揺れ動く「捕らわれた形の愛」の形をしていますが、本作では登場人物の心理にとらわれず、もっと観念的な愛の形として描かれています。

    今読んでも新しく感じます。
    このテーマに挑んだ作家は数あれど、このようなアプローチをした作家は見たことがありません。
    しかし、あまりにも理知的すぎるために、好き嫌いがわかれそうです。

    構成もとても興味深い。
    Kの語りの中に、未紀の手記が内包されるのですが、最初の手記の謎がそのまま小説という虚構の意味を問うものになっています。

    未紀の手記のような文体が好きなので、食い入るように読みました。未紀は魔性の魅力を放っています。
    Kの方はインテリで、法や秩序にとらわれず、むしろ食い荒らそうとする考え方をもっているようで、文体もいかにもなものでした。
    知性を携えた人間の厄介さがよくわかります。

全132件中 41 - 50件を表示

聖少女 (新潮文庫)のその他の作品

聖少女 単行本 聖少女 倉橋由美子

倉橋由美子の作品

ツイートする