聖少女 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (110)
  • (92)
  • (140)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 1031
レビュー : 132
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101113098

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「悪徳の限りを尽くす」という表現がある。
    しかし、悪徳が尽きてしまった後のこころには何が残るのか。

    過去に人生の負の側面といえるものを謳歌した「ぼく」は、記憶を失った未紀の存在に吸い寄せられていく。「ぼく」は、過去に「ぼく」と同じ蜜を味わった未紀の残したノートの真相に近づこうとするが……というのがあらすじ。

    この小説では美しい比喩を用いて、美学を持って悪事をする人間が丁寧に描かれている。
    今でいうところの「厨二病」タイプの人物が数多く登場するが、簡単に型に入れることができるようなものでもなく、「昭和の厨二病すげぇな」と思ってしまった。
    とりわけ未紀が魅力的で、彼女の言動の裏を読みながら小説を読み進めるとより楽しめるだろう。

  • 異色作、タブーを扱っています。
    そのタブーは一番強烈な「近親相姦」
    だけれども病んでいる雰囲気のみで
    その該当行為に関してはぼかされているので
    きつくは感じず、あまり嫌悪感は感じませんでした。

    ただし問題はKの視点
    こいつは食えない奴です。
    この視点だけは吐き気を催しそうになりました。
    消えてしまえばいいのにと何度思ったことやら!!

    だけれども、純粋な少女が壊れていく
    その描写は見事としか言いようがありません。
    彼女はまさにタイトルのとおりなのかもしれません。

  • 少女であるが故の
    狂気を孕んだ純粋さ。
    その危うさは大人になっていくほどに失われていく。
    それはある意味では安定かもしれない。
    その絶望は意識的に、無意識的に
    自分を破壊することにも似ている。

  • 「父親」や「姉」との近親相姦を通して「愛」を描いた小説。
    小説の中に虚実入り混じる日記が含まれる多重の構造となっており、戸惑った。
    私は愛とは欲望であり、有無ではなく濃淡であると思っている。形はあってないようなのもだとも。だから受け取り方や表現方法によって、小説の人物のようにこじらせることになるのだろうと。
    ところで、著者はこの小説で「不可能な愛である近親相姦を、選ばれた愛に聖化することをこころみた」そうだけれど、私には聖性を見出すことはできなかった。

  • 今月の猫町課題図書。正直、この独特な修辞には抵抗があり、課題図書でなければ途中で投げ出していたと思う。倉橋由美子は昔に『大人のための残酷童話』ほか数冊を読んだことがあるものの、当時は特にこれと言った印象はなく、こんなに変態文体だという記憶もなかった。

    近親相姦というテーマは素晴しい(ポルノは別にして、オイディプス王、サイダーハウス・ルール、奇子など古今東西に名作が多い)し、文体に目をつむればストーリーもそれなりに楽しめるが、こういう退廃的な青春群像は、昨今ちょっと流行らないかもしれない。

  • 2009/12/15

  • 最初の方は、しっくりこなくて一寸受け付けなかったのですが、
    後半の方の退廃感や小女性には惹かれました。
    何と云うか、村上春樹の小説読んだ時の
    居た堪れない感じを彷彿とさせるのですよね…。
    テーマが近親相姦ですし、かなり人を選ぶと思います。

    少女として禁忌の愛に生き、そして契約の愛に死んでいく…。
    こんな風に生きたくはないですけど、
    あんな風に死ねたら…と少し思ったりはします。
    少女として生きて、少女の状態で死の中へ潜っていく。
    ゴシックロリィタとしては、
    まるで殉教者みたいで素敵に見える部分があります。

  • これに感想をもてる鋭い感受性をわたしは持ってない。
    近親相姦がタブーとされているのは、それが受け入れられたら、社会は必要ではなくなるからなのかなあ。家族という小さな群の中で生きていくのなら、社会という群には入らないことだから?

  • 中学・高校の時に読んでいたらきっと
    少女ジャンルの虜になっていただろうなという作品。
    高校で桜庭一樹の虜になったように。
    今の私には少し遅かったし、少し早かった。

    わたしはこの小説のなかで、不可能な愛である近親相姦を、
    選ばれた愛に聖化することをこころみました。

  • パパとの関係を中心に思うまま散漫に、
    現実と創作の線引きを曖昧に、
    描かれた事故で記憶を失った少女の過去の日記がメイン。
    近親相姦であったのか、単なる妄想なのか…

    なんとなくのオチは読めてしまうのですが、
    とにかく出てくる物・事の美醜の落差激しく、
    その両極に当たるものしかかかれていないような本。

    近親相姦、というタブー。
    どうも自分自身の感覚で当てはめる共感できないので、
    それだけで"つくりもの"として切り分け感がいつもより激しく
    登場する少女とその世界に対してもどこか現実離れした感覚を
    勝手に想像してしまいながら読んでしまいました。
    だからこそ「聖化」されやすいのかも。

聖少女 (新潮文庫)のその他の作品

聖少女 単行本 聖少女 倉橋由美子

倉橋由美子の作品

ツイートする