風のかたみ (新潮文庫 ふ 4-10)

著者 : 福永武彦
  • 新潮社 (1979年9月発売)
3.39
  • (1)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101115108

風のかたみ (新潮文庫 ふ 4-10)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 福永武彦が「今昔物語」を材に取るとこうなるのか。登場人物がお上品になるのはこの作家ならでは。破天荒な人物が破天荒になりきれていないようで残念。らしいといえば、らしい。

  • 今まで読んだ福永武彦とは全然違う。でもやっぱり福永武彦だった。わたしが敬愛する唯一無二の小説家、福永武彦だ。
    まあ知識人だよね、って思った。こんなにも溢れ出る泉のような、本当の理解に裏打ちされた日本古典の教養を備えているのに西洋詩やってたんだよね。頭がいいひとはずるくてこわい。
    なにもかもが無常だった。むくわれないし、むくわれる気もない。人間は孤独である。ここだけは共通していたけれども。ストーリーが面白くてぐいぐい読めた。わたしがもっと見ただけで短歌の掛詞の意味とかを深く理解できる人間ならば、とちょっと後悔。

  • 平安ロマンとでも言うのか。
    大学の夏休みに、祖父の家へ一人泊まりに行った時に読んでいたことを思い出す。今は祖父も亡くなり、家もとりこわしたのでなくなったのだが、昔あった頃の記憶とともに思い出す小説である。

全3件中 1 - 3件を表示

風のかたみ (新潮文庫 ふ 4-10)のその他の作品

福永武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
宮部 みゆき
安部 公房
安部 公房
福永 武彦
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

風のかたみ (新潮文庫 ふ 4-10)はこんな本です

ツイートする