海の史劇 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.10
  • (52)
  • (41)
  • (29)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 347
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了は十数年前。日露戦争における日本海海戦をテーマにした戦争記録小説の秀作。
    ロジェストヴェンスキー中将率いるバルチック艦隊が出航するところからはじまり、日露双方の記録をもとに丹念にそしてたんたんと描くのだが、その話の流れのリズムもよく、読む者を話に引き込んでくれます。
    バルチック艦隊派遣の背景とその多難な航海、そして迎え撃つ日本艦隊の状況と苦悩を描き込んだ上で、「その時」である日本海海戦の顛末を克明に記す。また、余韻を伴うその後の様子と後日譚もテンポよく記されていて「日本海海戦」という出来事を描き切ったといえるだろう。まるで、現実を映像に封じ込めて編集し、物語性をもたせたドキュメンタリー映画を観ているかのような圧倒感を持つ描きっぷりでした。
    結果がわかっているので、ある意味、安心して読むことができました。
    自分は面白くて2度読みしてしまった。

  • 本書は、同時代を書いた、司馬遼太郎「坂の上の雲」と対比されるが、同書が、坂の上の雲を仰ぎ見ながらひたすら上り続けた、明治人の意気軒高さと心意気を、書いているのにくらべて、書き出しがバルチック艦隊の出航の模様から始まり、敗軍の将となった、ロゼストヴェンスキー総督の末路にまでおよぶ壮大な史劇となっている。

    私がここで留意したいのは、当時の国民の熱狂とは裏腹に、当時の政府や軍のトップの人たちが、国力の限界を正確に把握していて、積極的に
    米国大統領に仲介を依頼したことである。
    それから40年後の、政府や軍のトップたちが、戦況の劣勢をひたすら隠し本土決戦や一億玉砕を呼号して、いたずらに国土を疲弊させ犠牲者を増やしたことを思い起こしてもらいたい。
    国のトップの劣化は、結局国民を不幸にするものである。

  • 日本海海戦までのロシア・バルティック艦隊の大遠征と圧倒的な日本の勝利、勿論痛快な勝利ではありますが、この時代の紳士的な双方の態度、ロシア兵捕虜への人道的な日本の対応、また敗軍の将ロジェストベンスキー、ステッセル・・・への暖かい日露両国の対応など、しかし寂しい晩年。明治の成長期の輝かしい日本人の希望を描いた司馬遼太郎の「坂の上の雲」とはまた違った、より更に客観的な史実として説得力も感じさせ、なおかつ著者によって素晴らしい心温まる叙事詩になりました。

  • 日本海海戦(日露戦争)を描いた歴史小説。「坂の上の雲」とは歴史の描写方法、スコープが異なるので重複感は全くないし、比較をしながら読むと却って興味深い。
    吉村昭のアプローチは史実を淡々と描写する手法であり、それ故に生々しさがより迫ってくる。また、登場人物への私情もないので、より客観的な人物像を知ることができる。
    日本海海戦がメインではあるが、それに深く関係することとして203高地攻略も登場する。
    「坂の上の雲」と比較すると、
    ・秋山兄弟が殆ど(全く?)登場しない!
    ・ポーツマス条約の小村寿太郎等の交渉状況も含まれている。ただ、これは「ポーツマスの旗」(吉村昭著)を読むと更によい。
    ・捕虜となったロシア兵が日本で厚遇される状況がより具体的に描かれている。
    ・ロジェストビンスキーなどロシア将校の敗戦後のロシアでの処遇に関することも含まれている。

  • ・坂の上の雲の日本海海戦よりも本作の方が描写としてわかりやすい。
    ・バルチック艦隊の航海は大事業であることを認識させられた。
    ・ロ提督が「坂の上・・・」よりもしっかりした人物として描かれれている。
    ・実際の戦闘は悲惨なものだが、この時代は、まだ武士道・騎士道が生きていた。

  • 吉村昭にはずれなしです!

  • 日本海海戦を舞台とした小説では、司馬さんの「坂の上の雲」が有名だが、その視点が日本側からなのに対し、この小説はロシア艦隊側からの視点で展開する。7ヶ月に及ぶ航海、戦争、そして敗戦後の祖国への帰路。よく資料を集め、事実に基づいたストーリーとして価値を感じる。そして、作中にもあるように戦争が日露ともに大きな犠牲と負担を残した虚しさに共感を得る。以降さらに殺傷能力の高まる大きな戦争が続くのである。2019.10.28

  • 日露戦争を舞台にした人間模様。

  • 東郷平八郎の、勝利の後も決しておごらず、敗将に対しても敬意を表す威厳に満ちた態度。また、小村寿太郎の沈着冷静かつ毅然とした講和外交。命を懸け国難に立ち向かった、かつての日本人の姿が眩しすぎる。
    <blockquote>「申すまでもありませんが、勝敗は兵家の常であり、貴官が敗軍の将となられたことは少しも恥ずべきことではありません。貴艦隊が、本国を出発してから18,000浬の海を航海してきたことだけでも、驚嘆に値する大偉業です。その上、二日間にわたる海戦で、貴艦隊の乗組員は、実に勇敢に奮戦しました。私たちは、深い敬意をいだいております」</blockquote>

  • 日本海海戦を描いた吉村昭の記録文学の傑作。

    日本海海戦と言えば司馬遼太郎の傑作小説「坂の上の雲」のクライマックスシーンとして有名である。
    私も手に汗握りながらあのシーンを読んだものである。
    それ以来日本海海戦には関心を抱いていたが、他にも同じテーマを扱った作品で良いものがあると聞いて本書にたどり着いた。

    非常に緻密な調査の上に成り立っている作品と感じた。
    これを読んでしまうと司馬さんの作品は、彼の評価している人物とそうでない人物の書き分けが極端で、小説としては面白くなるのだろうが、現実とは乖離してしまうの
    だろうなと思ってしまう。


    日本海海戦とは日本史だけではなく世界の海戦史においても類例を見ないほどの圧倒的な勝利であった事が理解できた。
    戦力的に不利な日本が損害において水雷艇3隻と引き換えにロシア海軍をほぼ壊滅させるという信じがたいものであったという。


    本書を読んでいるとロシア艦隊は、その長大な航海の途中、自分たちの空想の中で膨れ上がる日本海軍の脅威に終始おびえていたように思われる。
    その為に味方艦艇や他国の商船にみだりに誤射を行ってしまっている。
    いかに強大な戦力を持っていてもそれを充分に発揮できるかは扱う人間によるということが実感された。
    後、戦後日本人と言えば礼儀正しく、国難があっても暴動などが起らない自制のきいた国民性という評価が定着しているが、この本を読んでいると日露戦争の講和内容に
    不満の持った国民が暴動を起こしたりしている描写があり、戦前の日本人の気質と戦後のそれの違いが判り興味深かった。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1927-2006。東京生まれ、作家。純文学短編、記録文学、戦記小説、事件小説、歴史小説など。作品に『破獄』『陸奥爆沈』『天狗争乱』など。吉川英治文学賞、讀賣文学賞、大佛次郎賞、菊池寛賞ほか受賞。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉村昭の作品

海の史劇 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする