死顔 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (12)
  • (16)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集であるが、全て 死生観をテーマとしているように感じる。記録文学者だけあって、死に向かう自分を記録した感じ

  • 死顔(遺作)
    この中で葬儀での最後のお別れに棺の中へ花を置くことを否定的に述べられいるが、是は理解できる。この行為は私自身も以前から違和感を感じていた事だ。

  • P149
    短編5作品

  • 兄の死を描いた作品を含む短編集。
    そして、著者の最期について夫人が綴ったものがある。
    吉村氏は兄の葬儀の際に、自分の死顔は子供たち以外に見せたくないと書いている。
    そして、それは実行された上、亡くなったことさえすぐには知らせないようにと徹底していたという。
    そのように、兄の死を描いた中にも、自分の時を考えているような節が見えていたように思う。

    2015.1.7

  • なんかもう、言葉にならない。

  • 死というものを如何に捉えるか…。
    自分に問うた一冊。

  • 吉村昭の本は随分多く読みましたが、昨年7月の遺作だとのこと。最後に津村節子が書いていますが、自らの死を予感していたとしか思えないような死の翳がそこかしこに出てくる少し暗い本でした。次兄の死を迎えた老人とその直ぐ上の兄を主人公にした短編は吉村が自らの人生を振り返り、次兄の家族がその近親者だけで死を悲しむ姿勢を重んじようとする時間の流れと寂しさを痛感させるものでした。介護状態の夫を殺した老女の保護士を務めるこれまた老人の心境にも同じ寂しさを感じました。明治時代のロシア船遭難、不幸な母子の自殺、いずれも悲惨でした。

  • 大好きな作家だが、意外と生死にまつわる作品を読んでなかったので、ある意味新鮮だった。作者の生死感はなんとなく分かるが、実感がわかない。生死をさまよったことがないからであろう。
    年をとるにつれ、共感していくのかもしれない。

  • ぎりぎりまで切り詰めた簡潔で淡々とした文章で、死を見つめた静かな短編集。

  • 筆者の死生観をテーマにした短編集。

    “生”と“死”
    まるで両極端にあるものであるが、“死”というものは日常の中に当たり前に存在するのだということを感じさせられる一冊。

    病床で自身の先を冷静に見つめ、最後まで自分の意思で逝ったように思われる筆者が、美しく思えた。
    シンプルな語り口であるからこそ、読者次第で如何様にも読める本だと思いました。

    初めて、吉村昭氏の本を読んだけれど、導入がこの本で良かったと思っています。

全22件中 1 - 10件を表示

死顔 (新潮文庫)のその他の作品

死顔 単行本 死顔 吉村昭
死顔 Kindle版 死顔 吉村昭

吉村昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

死顔 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする