第四間氷期 (新潮文庫)

著者 : 安部公房
  • 新潮社 (1970年11月27日発売)
3.73
  • (111)
  • (142)
  • (198)
  • (15)
  • (3)
  • 本棚登録 :1230
  • レビュー :133
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121055

作品紹介

現在にとって未来とは何か?文明の行きつく先にあらわれる未来は天国か地獄か?万能の電子頭脳に平凡な中年男の未来を予言させようとしたことに端を発して事態は急転直下、つぎつぎと意外な方向へ展開してゆき、やがて機械は人類の苛酷な未来を語りだすのであった…。薔薇色の未来を盲信して現在に安住しているものを痛烈に告発し、衝撃へと投げやる異色のSF長編。

第四間氷期 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今の日本に当てはめると、水棲人類は移民問題につながるのかな、などと考えながら。

  • 胎児ブローカー

  • 生物学や科学やなんだかんだの専門的知識は持ち合わせてないけれど、それでも書かれている内容は理解できるしスリルと隣り合わせのストーリーには引き込まれる一方。

    唯一理解できないのは、これが約60年も前に書かれた小説だという一点のみ。代表作しか読んだことなかったけれど、安部公房って凄すぎじゃない?

  • 『その断絶に耐えることが、未来の立場に立つことです…』

  • 【未現実】
    小説です。

    いま創造するとおそらく別の未来になるでしょう。

  • 安部公房は特殊な場面設定(このためしばしばSFと分類される)を行い、その中で人間という存在の不確かさを表現し続けてきた。
    この作品でも、予言機械を開発した研究所所長と、その人格を入力され、さらに将来の姿を知った仮想人格(予言機械)の対決というふしぎな形でそれが示されていく(”他人の顔”は整形された人間の人格が変わる話しだし、名刺に人格をとられるといった寓意短篇もある)。
    安部公房は私が高校時代に読み漁った小説家であり、20代までに何度か読み返し、その都度楽しんだ記憶がある。しかし、今回読み返してあまり大きな感動を得なかったのは、ストーリーを記憶していた為だろう。なぜなら、安部公房の作品はエモーショナルな楽しみや、文体云々で評価される作品ではなく、その寓意性の中で遊ぶ作品であり、その結果ストーリーが読めてしまうと楽しみが半減してしまう。

  • 昔むかしに読んだのに、今なお印象が強い本。
    これをきっかけに安部公房を読みたいと思った。
    SF感、物語の構成、非常に面白く、引き込まれる。

  • SFで始まり、ミステリを経由してホラーへ、最後はまたSFへもどる、といった感じだ。予言機械はAIの未来を見ているようだ。

  • 1959年の本かぁ、すごいなぁ。現代に読むと、ちょっと無理のある科学はファンタジーとして、世界観の古さはそれはそれで味があって、面白かった。

  • 幼年期の終わりを彷彿とさせるようなストーリーだと思った。技術や現実の妥当性などに突っ込むのは野暮だが、どこ前の可能性を予見し、許容するかという点については地球に生命が生き残っている分、幼年期の終わりよりも現代社会に対して示唆に富んだ作品になっていると思う。

全133件中 1 - 10件を表示

安部公房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
ドストエフスキー
三島 由紀夫
安部 公房
フランツ・カフカ
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

第四間氷期 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする