人間そっくり (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (136)
  • (181)
  • (334)
  • (23)
  • (2)
本棚登録 : 1646
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 火星人を題材にしたラジオドラマの脚本家の元に現れた凡庸な容姿の1人の男。自分は「人間そっくり」な火星人だと主張して憚らない。

    狂人の戯れ言と思いつつも、どこか凶暴性を秘めた男に怯み、追い返せない脚本家…適当に相槌を打てば追い込まれ、論破しようとすれば堂々巡り…

    不気味なオチ。夢野久作や芥川も使っていたパターンの変形というか、読者に委ねちゃうのでどうにもスッキリしない…

  • 自分を火星人だといいはる男に見込まれてしまったラジオドラマの作家の話。その自称火星人男が自分は火星人であるということを証明するために、延々とわけのわからない屁理屈で主人公を説得し続けているだけの、まるで場面転換のない心理劇のような話でした。一種の『ドグラマグラ』的狂気というか、そのうちに、語ってるその男が狂っているってことがわからなくなってきてしまい、自分は狂っていないということを他人に証明できなくなってゆく恐怖というか、他人の妄想に洗脳されちゃうんですよね。なんかすごい恐いなあと思いました。

  • 本書は解説によれば「日本SFシリーズ」の1冊として刊行されたらしい。また裏表紙にも「異色のSF長編」とある。しかし、これがはたしてSFかといえば、私の解釈からすれば答えは否である。今日的な観点からすれば(刊行は1967年)むしろ、純文学の範疇に位置づけられるべきだろう。主題は、自己と、そしてまたその周縁の他者をも含んだアイデンティティへの懐疑ということになるだろうか。それを4人の登場人物(主には2人だが)の対話の中で描いていくのであり、その意味では小説でありながらも、きわめて演劇的な指向性を持った作品だ。

  • 安部公房流詭弁術が光った作品。

    この火星人さん、ずいぶん賢くて弁が立つ。作家先生にもプライドがあって、議論するが言い負かされてしまう。いや、それならまだしも、最後には言いくるめられて、自分が地球人なのか、火星人なのか、ただの狂人なのか、分からなくなってしまう。
    火星人氏の方も、本当は何者なのか、よく分からない。やっぱり「ホンモノ」なのか...?

  • 火星人を題材にしたラジオ番組を担当している放送作家。
    彼のもとに現れたのは「自分が火星人だ」という男。
    男と話すうちに、作家は自分が何者かわからなくなっていく。

    「火星人が地球人そっくり」なら、「地球人も火星人そっくり」ということになる。では、自分が「火星人そっくりの地球人」なのか「地球人そっくりの火星人」なのか、誰に証明できるのだろう。

    男は「自分が火星人だと思い込んでいる地球人」だと思っていた。しかし「自分が地球人だと思い込んでいる火星人」だという可能性を否定できない。

    主人公が男に振り回されて、だんだんわからなくなっていく過程が面白いし怖い。1冊がほとんど男の「弁舌」で占められているのに休みなく一気に読めてしまった。ただ、読み直したいとは思わないかも。

  • 安部公房(1924-1993)のSF小説、1967年の作。

    「私は地球人である」と主張する人間がいたとして、その者が本当に正気の地球人であると、〈地球病〉を患った火星人でないと、断定できる根拠はあるのか。「Aは正気の地球人であるか or Aは〈地球病〉を患った火星人であるか」「Aは正気の火星人であるか or Aは〈火星病〉を患った地球人であるか」「Aは地球人なのか or Aは地球人そっくりの火星人なのか or Aは地球人そっくりの火星人と思い込んでいる地球人なのか or ・・・」「Aは正気であるか or Aは狂人であるか」「Aは真であるか or Aは偽であるか」・・・etc.

    「A=X or A≠X ?」 ⇒ 「A=A or A≠A ?」

    「A=X」という同一性の言明が、ひいては「A=A」という自己同一性の言明が、実は論理必然的に決定不可能であるということ。全く非自明でしかない自己同一性をあたかも自明の公理であるかの如く偽装して構築されているこの世界は、実は論理的な不確定性を免れ得ないということ。そんな世界に於いて、「それが何者かである」という言明は、虚偽意識でしか在り得ないということ。

    読後、それまで自明だった世界の輪郭線がぼやけて、底が抜け方向を失い宙ぶらりんになった感覚に、あの嘔吐の感覚に、襲われる。

    人間も世界も、あらゆる規定をすり抜けずにはいない、不定態である。

  • 本作は、言ってしまえば読者を煙に巻く勢いで登場人物がひたすらしゃべりまくるだけで終わってしまうのだが、それが見事。こちらは彼らの会話を少し離れて眺めているつもりだったのが、最後には自分の存在に疑問をいだくようになってしまった。私は誰?人間?それとも……?今ある認識は本当に正しいのだろうか。誰を、何を信じればいいのか。当たり前だったはずのものがぐらぐらと揺れていく最後の展開に、背筋の凍る思いさえした。

  • 学生時代好んで読んでおりました。
    安部公房の作品というだけで敬遠していた人にも、難解ではなく読みやすい作品だと思います。
    ・失うものが「ある日突然『名前』」とちょっとリアリティにかける「壁」という作品などに比べるとコチラの方が設定に難がない。
    ・「箱男」という作品のように人物が交錯して「誰が誰なのかわからない」ということもない。登場人物の役割が明確である。

    分量も少ないので読みやすいのでは。
    安部公房の作品で1つ紹介しろと言われたらこの作品です。

  • ナショナリズムやアイデンティティの危うさが描き出されている。
    後半への畳み掛けや、物語が核心に狭っていくスリルはたまらないものがある。
    直接的には非日常を描きつつも、それは必ず日常の延長線にあるということを常に意識してたのではないかと思う。
    だからこそ突飛な設定であっても、時代を経ようと、その本質が饐えるようなことはないのではないか。

    星新一とか映画のインセプションが好きな人にもとてもおすすめ。読みやすい部類だろう。

  • 〈そっくり〉とは、非常によく似ているさまであり〈同じ〉とは異なる。

    本作では、ラジオ番組の脚本家が自称・火星人の男に翻弄される。次第に人間と火星人との境界は曖昧模糊となり、その終わり方はなんだか気の毒に思えた。

    ちなみに火星の平均気温は、−43度と非常に低い。また、火星の昼間の空は赤色に近く、夕焼けは青いのだとか。〈同じ〉惑星でもこちらは〈そっくり〉ではないのだ。

    そういえば、子どもの頃「自分以外は人間ではなく、みんな宇宙人なのでは?」と不安になったことがある。なんだったんだろう、あの感覚。

全172件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安部公房(あべ こうぼう)
1924年3月7日 - 1993年1月22日
東京府北豊島郡滝野川町生まれ、満洲で少年期を過ごした。
1948年『終りし道の標べに』(「粘土塀」)により単行本デビュー。1951年「壁 - S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞を受賞。その後は劇作も手がけた。1958年「幽霊はここにいる」で岸田演劇賞、1963年『砂の女』で読売文学賞、1967年『友達』で谷崎潤一郎賞、1975年「緑色のストッキング」で読売文学賞をそれぞれ受賞。他、受賞作多数。国内外に大きな影響を及ぼしており、ノーベル文学賞の候補者としても名前が挙がっていた。
主な代表作として『壁』『砂の女』『他人の顔』『箱男』など。

人間そっくり (新潮文庫)のその他の作品

安部公房の作品

人間そっくり (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする