友達・棒になった男 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (38)
  • (87)
  • (134)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 908
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「友達」「棒になった男」「榎本武揚」の三作の戯曲が収録されています。

    表題作である「友達」は、『水中都市・デンドロカカリヤ』の「闖入者」が原型であり、「棒になった男」は『R62号の発明・鉛の卵』の「棒」が原型のようです。
    いずれも以前に読んでいるので、比較しながら読みました。
    戯曲のために登場人物の数などを一部変えてありますが、大筋は同じです。
    やっぱり、「友達」は理不尽で好きです。
    いや、嫌いなんだけど、好きです。

    「榎本武揚」はそんなに面白くなかった・・・というのが私の印象です。実際に劇で見たら全然違うと思います。
    読み手の問題ですが、登場人物が多すぎて、途中から混乱してしまいましたw

  • 安部公房の戯曲集。
    劇団を主宰していたにも関わらず、彼の戯曲を読んだのは初めて。
    戯曲でも公房ワールドは変わっていなかった。
    「友達」は読んでてイライラしてしまうくらい、家族が怖かった。
    孤独というものに疑問を抱いてしまう、そんな作品。
    「棒になった男」は各幕のつながりが全く分からなくて、少し戸惑った。
    それぞれの幕も不思議な感じ。
    公房の世界観を味わうならこれがピッタリ。
    最後の「榎本武揚」は公房にしては珍しく歴史もの。
    逆に新鮮だった。
    歴史ものなんだけど、公房らしさが出ててるところは流石。
    唸らされた。

  • 安部公房は初めてなのだけど…、
    戯曲は基本嫌いなのだけど…、
    しみじみ面白かった…。
    久々の充実感。
    最近読んでいた本って軽かったんだなーと。

    すごい演劇的なストーリーだと思う。
    当たり前だけど。
    その全体の理不尽さがすごい演劇っぽい。

    表題の『友達』は、
    ちょっと私が不得意なタイプの理不尽物語でした。
    私にはちょっと辛い。
    そして怖い。

    でもこの世界観。
    他の安部公房を読んでみたい。
    全作品素晴らしいのですが、
    私は『棒になった男』が一番好きです。

    収録作品
    ・友達
    ・棒になった男
    ・榎本武揚

  • 安部公房の本はNO IMAGEが多すぎる。
    いい表紙ばっかりなのに。

  • 他の作品とは違って、台本をテキスト化したものなのでちょっと特殊な文体です。この事によって、普通は不可能である、人物が同時に別行動をするという表現が可能なので、短文でありながらも人物の表情や仕草を捉える事が出来る。ちょっと不思議な感じです。
    <友達>ある一人暮らしの男の部屋に、見知らぬ9人の家族が上がり込んでくる。出ていけと迫る男に堂々と、自分達がどれだけ大切な存在か、貴方が必要としているかと説き、訳も分からぬまま住み着かれる。大衆とは世間とは、ただの他人の集まりでしかないという恐怖を描いた作品。
    <鞄>ある新婚の女性が、悩みを友人に打ち明けるが.........それはとてつもなく大きな悩みでもあり、そうでもない気もする悩みでもあり・・・・・・実際にこんな鞄があったら、やっぱり気になりながらも開けれないだろうなぁ。この話のモナリザの詩が凄く好き。
    <時の崖><棒になった男>は他の短編にも掲載されていますが、『棒になった男(棒)』はやはり好きですね。人間ってやっぱりそういうものなのかな〜と、ふわふわと頭の中で浮かびます。

  • 戯曲3編集。相変わらず不思議な世界が繰り広げられている。「友達」に登場する謎の一家にはイライラしか感じられなかったが、もうそれは惹き込まれてしまった後の話。人間が理想として求める孤独とは何か?人間が美しいとする隣人愛とは何か?果たして、人間は1人では本当に生きていけないのか?社会の中での人間生活における「個」と「集団」という概念を、まったく斬新な視点から強く訴えかける作品。「棒になった男」は高校の現代文の授業で読んで意味不明だったので再チャレンジしてみたが、やっぱり難しい。でも戯曲化された文章だったので少し読みやすかった。これは是非、舞台を観てみたい!ありえない現実。非常識な常識。もっともっと著書を読んでいきたい。

  • 友達のリアリズムにゾッとする。

  • 未読

  • 安部公房の戯曲が収められた本。やはり演劇を観てみたいと思わせる。

  • 現実にはありえないような話ばかりだけど、それぞれに含まれたメッセージは非常に現実的なもの、という感じがしました。
    自分がもっと成長したときに、また読みたい。

全62件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

安部公房(あべ こうぼう)
1924年3月7日 - 1993年1月22日
東京府北豊島郡滝野川町生まれ、満洲で少年期を過ごした。
1948年『終りし道の標べに』(「粘土塀」)により単行本デビュー。1951年「壁 - S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞を受賞。その後は劇作も手がけた。1958年「幽霊はここにいる」で岸田演劇賞、1963年『砂の女』で読売文学賞、1967年『友達』で谷崎潤一郎賞、1975年「緑色のストッキング」で読売文学賞をそれぞれ受賞。他、受賞作多数。国内外に大きな影響を及ぼしており、ノーベル文学賞の候補者としても名前が挙がっていた。
主な代表作として『壁』『砂の女』『他人の顔』『箱男』など。

安部公房の作品

ツイートする