方舟さくら丸 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.69
  • (78)
  • (78)
  • (154)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 891
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121222

作品紹介・あらすじ

地下採石場跡の巨大な洞窟に、核シェルターの設備を造り上げた。「生きのびるための切符」を手に入れた三人の男女ととの奇妙な共同生活が始まった。だが、洞窟に侵入者が現れた時、の計画は崩れ始める。その上、便器に片足を吸い込まれ、身動きがとれなくなってしまったは-。核時代の方舟に乗ることができる者は、誰と誰なのか?現代文学の金字塔。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やがてくる核戦争から生き延びることを求め、採石場跡の洞窟に世界を築くことを試みる男の喜劇的な創世記。
    彼はともに生き残る仲間を募りますが、"方舟"に仲間を引き入れた途端、次から次へと苦難が襲いかかります。

    はじめは主人公と意気投合したけれど、権力に魅せられ変貌していく昆虫屋。
    生き延びるための乗船券を盗み、方舟に乗り込んだ招かれざる客・サクラと女。
    そして、"女子中学生狩り"に夢中になる老人たちの組織、ほうき隊と支配者たる権力の精通者・副官。

    核戦争のみならず、生きるための競争に誰もが参加せざるをえない時代において、生きることそのものがどうしようなく権力的であることを求められているようです。

    安部公房が権力の問題と真正面から向き合った、彼の代表作の一つといってもいい作品でした。

  • 寝る前に読むメンツが決まってきた。カフカの寓話集と百聞先生、それに安倍公房である。
    『他人の顔』『箱男』『密会』……何回読んだか覚えてないくらいだ。そしてこの『方舟さくら丸』は「新潮長書き下ろし特別文学作品」ちうやたら長いシリーズの、今から考えると豪華な製本で発売されたときから何度も読んでいる。
    この独特の、乾いているのに湿った文体、噛み合ってるんだかないんだかギリギリな会話など、このくらい緻密な小説を書く人はもうほぼ絶滅かも。

  • 初安部公房。小心者がびくびくしながら虚勢を張り続けるという構図がなんとも不安。核シェルターでの共同生活の話なのに、現実世界のままならなさをいたく感じさせるので、現実から身を離すための読書には不向きだったか。

    登場人物がみな何かしら不愉快ななか、最後に女がマドンナ的に主人公をリードするところに少しほっとしてしまい、でもそれと同時に体よく丸め込まれてしまった気もしてモヤモヤ。

  • 核戦争の危機から逃れるための方舟。
    その船長、“もぐら”はデパート屋上のガラクタ市場で、“ユープケッチャ”という、自分の糞を食べる閉鎖生態系を持つ虫を見つける。それは採石場跡の地下でひっそり、誰の干渉も受けずに暮らす“もぐら”彼自身のような存在だった。彼はユープケッチャを方舟の乗船審査基準として、生き残るための乗船券を渡す人物を探す。

    デパートの屋上で出会ったサクラの男女二人組に、方舟の鍵を持ち逃げされ、“もぐら”はユープケッチャを売っていた昆虫屋と一緒に方舟へと向かう。たどり着くと二人はすでに侵入しており、船長もぐらは、サクラとその連れの女、そして昆虫屋とともに方舟の中で過ごすことになる。

    そんな中、侵入者の存在が発覚し、方舟の計画は崩れ始める。もぐらの父、猪突(いのとつ)や、ビジネスの相棒、千石などが現れて、ストーリーは展開し、その上もぐらは、足を滑らせ地下にある便器に片足を吸い込まれて嵌ってしまう。

    核シェルターというテーマにしては展開もそれほど大きくなく、時間にしても数日経たない間の物語。
    核戦争の危機から逃れるということを建前にしながら、この小説のテーマは、社会からの隔離というものではないか。「生きのびるための切符」を渡す相手を探しながら、なかなか適切な人物を見けられない主人公。結局は地下でひとり誰の干渉も受けない暮らしに満足していたのかも知れない。世界と繋がりたいのだけれど、それがうまくできない男。登場人物たちは感情を言葉にしてあまり表に出さず、かわりに、身体的な接触、名前の呼び方や細かな仕草でそれぞれの感情が読み取れる文体。特に、主人公と昆虫屋の、女の尻叩きの儀式では、もぐらの女に対する欲望心と、昆虫屋への猜疑心が渦巻いている。

    改めて、安部公房の文章は緻密すぎる。
    冒頭からさまざまな伏線が引かれており、ほぼ完全に世界観を作ってから文章にしたのであろうことがよく分かる。天才。

    ≪豚≫という言葉にコンプレックスを感じている主人公はあまりにも卑屈に考えすぎていて、それがそのまま文章化されているので、慣れなかったらとても面倒くさいと思う。
    でもそんな主人の苦悩やもがきがまわりまわって滑稽なものとなってしまう。

    オチもいつもの安部公房作品と同じで、めちゃくちゃ考えさせられる。
    それは脱出だったのか?それとも閉じ込められただけなのか?

    ブラックユーモア、皮肉、苦悩、妄想。

    悲惨な滑稽さ。

    脱出の夢。

    待っているのは透明な景色。

    • のぞみさん
      お久しぶりです
      yuzlogさん相変わらず私の興味をそそる本を読んでますね(*^o^*)いつも参考にさせてもらっています。ありがとう
      お久しぶりです
      yuzlogさん相変わらず私の興味をそそる本を読んでますね(*^o^*)いつも参考にさせてもらっています。ありがとう
      2013/07/25
    • yuzlogさん
      >のぞみさん
      参考にして頂いてるなんて、恐縮です。
      でも身近に趣味の合う人がなかなかいないので、そう言ってもらえてとても嬉しいです^^
      のぞ...
      >のぞみさん
      参考にして頂いてるなんて、恐縮です。
      でも身近に趣味の合う人がなかなかいないので、そう言ってもらえてとても嬉しいです^^
      のぞみさんも読まれた本があれば、ぜひ感想聞かせてください。
      2013/07/27
  • 地下採石場跡の巨大な洞窟に、核シェルターの設備を造り上げた〈ぼく〉。「生きのびるための切符」を手に入れた三人の男女と〈ぼく〉との奇妙な共同生活が始まった。だが、洞窟に侵入者が現れた時、〈ぼく〉の計画は崩れ始める。その上、便器に片足を吸い込まれ、身動きがとれなくなってしまった〈ぼく〉は―。核時代の方舟に乗ることができる者は、誰と誰なのか?現代文学の金字塔。
    「BOOK」データベースより

    裏表紙のあらすじから面白すぎた。その期待を裏切らない中身だった。

  • 「生きのびること」を、現代に規範の中で緻密に仮定づけている。

    終わりがやってきて、それから、生きのびるためには選ばれし者を決定する必要がある。
    どのような尺度でそれらを選別するのか。

    主人公は猜疑的で臆病な通称≪モグラ≫。生きのびるための方舟の船長であり、最終的に『脱出』することができる唯一の人物。
    方舟には自衛隊上がりの”香具師”と自負する≪昆虫屋≫、その斡旋をする≪サクラ≫と≪女≫。

    物語は方舟の出航を向かえぬうちに終焉を迎える。船長モグラの、方舟から、そして巨大便器からの脱出によって。


    世の中の選ばれし者-選ばれざる者の縮図が、皮肉にそして精巧に描かれている。
    オリンピック阻止同盟、サバイバル・ゲーム。
    ゴミだめの様なオリンピック会場と、中学校の運動場。

    安部公房の他作品『死に急ぐ鯨たち』にも、同じような思想が描かれているのだろうか?
    空がみたい、と呟く女でさえ、永遠の方舟、閉ざされた世界の中で生き続けることを選択する。
    果たしてそれが、生きのびるための、手段なのであろうか。

  • 日常からいつの間にやら異空間に飛ばされます。

  • 安部公房で一番好き。この作者は、閉塞的な環境の人間模様を書かせたらピカイチですね。

    話変わるけど、ノーベル賞は安部公房に取ってほしかったなあ。あと数年生きていれば……。

  • 安部公房で初めて読んだのが『砂の女』で、これが話が進まないのでとても読むのがしんどく、重い雰囲気に(そんな情景を作り出した氏が凄いからなんだけど)耐えながら読み終えたのだが、2作目に手を出した本作が全く違う雰囲気なのに驚かされるばかり。何より読みやすく、ブラックユーモアだらけなのに、こんな作家だったんだ、とびっくり。まず目次から不思議な匂いがぷんぷん。その章を読んだらなるほどと納得するが、目次だけ見ても全く何のことかわからないという奇才っぷり。
    起承転結に当てはめるとどこが転なのだろう、と読んでる途中で考えたのだが、ちょうど半分を過ぎた頃から転がいくつもあって、二転三転話がどんどん進んでいく。

    私はいつもあとがきを本文を読む前か序盤の途中で読むことが多いが、本作に関してはあとがきでこれから起こる意外な展開が一部わかってしまうので、読み終えてからあとがきを読むことをおすすめする。

  • 皮肉の充満。グロテスクなユーモア。
    語り手は便器に足を取られたまま、生贄のように死んでいくのかと思った。が、そうではなかった。「豚」は助かった。しかしそれが正しい選択だったのかはわからない。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安部公房(あべ こうぼう)
1924年3月7日 - 1993年1月22日
東京府北豊島郡滝野川町生まれ、満洲で少年期を過ごした。
1948年『終りし道の標べに』(「粘土塀」)により単行本デビュー。1951年「壁 - S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞を受賞。その後は劇作も手がけた。1958年「幽霊はここにいる」で岸田演劇賞、1963年『砂の女』で読売文学賞、1967年『友達』で谷崎潤一郎賞、1975年「緑色のストッキング」で読売文学賞をそれぞれ受賞。他、受賞作多数。国内外に大きな影響を及ぼしており、ノーベル文学賞の候補者としても名前が挙がっていた。
主な代表作として『壁』『砂の女』『他人の顔』『箱男』など。

方舟さくら丸 (新潮文庫)のその他の作品

方舟さくら丸 単行本 方舟さくら丸 安部公房

安部公房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ドストエフスキー
宮部 みゆき
ドストエフスキー
安部 公房
安部 公房
安部 公房
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

方舟さくら丸 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする