栄光の岩壁(下) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.01
  • (32)
  • (53)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 376
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101122106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山の描写がきれいでいいな。
    最後の津沼はもうなんかお約束感があって逆におもしろい。「やっぱきたー!」みたいな。作者は狙って書いてるねこれ。
    結婚の章もなんか少年雑誌の恋愛マンガみたいでおもしろい笑
    もうピンチに次ぐピンチの連続でどのていどピンチなのかわからないピンチのゲシュタルト崩壊が起きていた。広は登れて大五郎は登れない。巡り合わせの奇妙さ。

  • 青春時代が秀逸なだけに後半がやや息切れ。歳を取るとはこういうことなのかもしれない。とにかく実在のアルピニストがすさまじい。19歳で凍傷により足をほぼなくした山少年が、足を血だらけにしながらも岩にとりついて行く姿が壮絶。

  • クライミングの描写がいまいち。表題から想像できるとおり、ハッピーエンドなのは個人的には好きです。登山好きな人にはおもしろいと思います。
    昨日のテレビで登山の本を見て、昔読んだなと思い出して記載。

  • がんばろう!という気にさせてくれる本!読むとヨーロッパの山を観に行きたくなった!山好きならお勧め!

  • 2010/9月読了。
    上巻に引き続き面白かった。あの昭和の時代の激烈な登山家の魂の熱い思いが伝わってくる。徳沢の小屋番の話も面白かった。

  • --君たちは勇気ある退却をしたのだ。登ることよりそのほうがむずかしいことなのだ」--
    凍傷によって両足先の大半を失った竹井岳彦は、不屈の闘志で日本一のクライマーに成長した。
    悪天候のアイガー北壁から逃げ帰ったときに、老登山家から言われた言葉。
    翌年、彼は日本人初のマッターホルン北壁登攀に成功する。

  • ★は4.5。

  • 主人公がハンデを乗り越えて岸壁に挑戦していく後半の物語

  • 登山中に凍傷で両手足の大半を失った主人公が、山への思いをいっそう強め壮絶な執念で岩壁に張り付く。下巻

  • 最後まで思っていたよりは面白く、時間もかからずに読むことができました。
    下巻では途中でなんと恋愛小説に転換。最後、また山の話に戻っていよいよクライマックスと思ったら、久々の悪役復帰。いろんな展開があったけど、娯楽要素を詰め込もうとしたのかな?

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新田次郎
一九一二年、長野県上諏訪生まれ。無線電信講習所(現在の電気通信大学)を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。五六年『強力伝』で直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、七四年『武田信玄』等で吉川英治文学賞を受ける。八〇年、死去。その遺志により新田次郎文学賞が設けられた。

「2022年 『まぼろしの軍師 新田次郎歴史短篇選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部みゆき
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×