珊瑚 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.64
  • (5)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101122243

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015.4.2(木)¥150+税。(-2割引き)
    2015.8.12(水)。

  • 明治期にサンゴ漁で賑わった長崎県五島列島。しかし、毎年のように嵐がやって来て、明治39年には死者734名の犠牲者を出す甚大な台風災害を出した記録を持つ。その時代背景を基に、三人の若い漁師と一人の少女を中心にして、海に生き、死んだ者たちを描いた海洋小説。
    晴雨計やエンジンが西洋から入ってくる前夜で、勘と経験で判断して腕力のみで海を漕ぎ渡る小舟は大嵐の前にはなすすべなく翻弄される。自然災害に対する人間の無力さと残された者たちの生きていく逞しさを、緻密な取材を通して佳い物語に仕上げている。小難しい堂々巡りするような心理描写とかはなく、ストレートな昭和の小説で読みやすい。

  • 山岳小説家として名高い新田次郎氏の小説はこれまで山岳小説しか読んだことはなかったのですが、海を題材にされた小説とのことでこちらもまた興味深く感じました。
    恥かしながらこれまで日本地図を見ても意識したことのなかった長崎県の五島列島にて、明治時代に発見されてから昭和にかけて盛んに行われていたという珊瑚漁のお話です。
    大変な犠牲者数を出す遭難を何度も繰り返す中でもあきらめず美しく大変高価なモモイロサンゴを追い求めた主人公たち。
    なぜそれほどまでに追い求めるのか、それは高い値が付くからということではなく珊瑚の奥深い魅力につい惹かれてしまうというお話が、なぜ山に登るのかという質問に対しそこに山があるからと答えたという名言に似ていると解説に書かれています。
    解説は新田次郎氏ご自身が実際の現地での取材記でした。当時のことを知る人はこの小説が書かれた当時でももうかなり少なくなっていました。それでも根気強く真摯に取り組まれた結果、この素晴らしい小説になっていることをあらためて感じこちらもまたとても興味深く、本編と同じように一気に読んでしまいました。

  • 長崎などを舞台とした作品です。

  • 7/20/08図書館

  • 台風や遭難、天候の記述は圧巻。
    貧しく、一攫千金を追い求めるサンゴ船の漁師の命がけの生き様には、震えるくらい迫力がある。

  • 新田次郎の小説ですね。
    みじょか(美しい少女という意味)のはまと珊瑚漁師の三人の若者の物語です。
    舞台は長崎県五島列島、その南には珊瑚の群生する男女諸島がある。
    珊瑚は高価な宝石扱いだったんですね。
    加工されて簪(かんざし)にもなっていた。

  • 面白い。
    サンゴ漁について、初めて知った。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

新田 次郎(にった じろう)
1912年6月6日 - 1980年2月15日
長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)生まれの日本の小説家、気象学者。本名は藤原 寛人(ふじわら ひろと)。電機学校(現:東京電機大学)卒業。次男に研究者・作家の藤原正彦。
終戦後で生活が困窮しているところ、作家である妻の兩角(もろすみ)ていの刊行した『流れる星は生きている』がベストセラーになったことから作家を志し、執筆活動を兼業する。
1956年『強力伝』で第34回直木三十五賞受賞。1966年に専業作家。1974年に吉川英治文学賞、1979年に紫綬褒章。
気象職員としても富士山気象レーダー建設という大きな業績で名を残しており、退職時には気象庁から繰り返し強い慰留を受けた逸話が残る。

珊瑚 (新潮文庫)のその他の作品

珊瑚 Kindle版 珊瑚 新田次郎
珊瑚 単行本 珊瑚 新田次郎

新田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする