海と毒薬 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (577)
  • (912)
  • (1385)
  • (102)
  • (13)
本棚登録 : 6801
レビュー : 792
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争末期に実際にあったという、米軍捕虜の生体解剖事件の小説化。倫理観とか罪と罰とか考えさせられる。

    生きた人間に対してあれこれ実験して死なせるというのはあきらかに殺人行為で非人道的に映るけど、現代だって出生前診断だとか再生医療だとか生命倫理が問われる問題はたくさんある気がする。学者の競争や課題を克服しようとする態度はいつの世も変わらない。解説とか読むと、神がどうとか日本人の宗教観がどうとか書いてあるけど「それだけじゃないんじゃない?」と思ってしまう。他の国でもあり得るんじゃないかな。

    勝呂はまともで戸田はひどい奴みたいな描かれ方だけど、戸田の麻痺した感覚は自分の中にもあると思う。強い刺激、繰り返される刺激に対してはある程度感覚を麻痺させないと神経がもたない。

    医学部長の座をめぐる教授たちの争いなどはドラマで観た『白い巨塔』を連想した(原作は読んでいない)。

    医者が患者に対してかなり強い態度をとっていて今とギャップを感じた。看護婦への態度も今とは全然違うと思う。昔と今を比較するのも面白い。

  • 戦後、アメリカ人捕虜を人体実験に使うという、残虐な実話をもとにした小説。高校生の時に読んで全然ぴんと来なかったのだけど、大人になってから読むと全く違う作品。何と言うか、飲みこまれてしまいそうな、鼓動を打っているようなそんな強さがある。
    人間になれたか、なれなかったか。その境界線を引く一瞬がこの小説の中にはあった。たくさんの命を救うという大義のためなら、一つの命など全く持って惜しくない。戦争によって毎日増える犠牲者の中で、だんだんと道徳心をなくしていき、そうやって人は人じゃなくなっていく。もともと心を持たなかった者、心を失った者、心を失うことが出来なかった者。この人体実験を通して、医者たちがあるいは看護婦たちが自分たちと向き合い、そして命とは、人間とは何かを浮き彫りにする。
    手術の描写があまりにも生々しくて読むのがきつかった。けれど後半、人体実験が終わった後、医者としてありながらあまりにも非情な人たちの描写はもっともっときつかった。
    人間としての心を手放すことが出来なかった男はあまりにも恐ろしい悪事に関わってしまった後、美しいものを心に浮かべることが出来なくなってしまった。やっぱり何かを、失ってしまった。

  • 元旦に読むには重過ぎたかもですが、このページの薄さを感じさせない厚みのある内容。最初から最後まで海独特のほの暗い鬱々とした雰囲気が付き纏います。
    戦時中の医療現場が生々しく描かれてるのでダメな人はダメかも。

    生体解剖に手を出さなかった、というより出せなかった勝呂。
    みんな倫理に反することだって知ってるのに、実験のための生体解剖に手を出す。方向性は違えど理由があるからなんですよね。
    一人確固たる理由がないのに流れに逆らえなかった勝呂だけど、抗おうと思えば抗えたはず。できなかったのは彼が医者だったからじゃないかな。
    戦争物の作品では罪なき人間の命が失われていくけど、今回の捕虜は完全に物扱いですよね。
    でも時代のせいにはできないと思いました。
    親父や浅井や上田や戸田、そして勝呂。彼らの罪に差はないと思います。

  • 新年から読む本ではなかったかな...
    薄い本だけどずっしりくる。

  • 読んでみたかった本だったのですが、
    とにかく恐くて深く考えることもできず読み飛ばしてしまいました。

    登場人物がこのようなあやまちを犯してしまったのは、仕方がなかったのでしょうか。時代や境遇や精神状態が原因だったのでしょうか。誰しもこのような状況に置かれたら、避けることはできない運命だったのでしょうか。

    私にはわからないです…

  • 太平洋戦争末期に実際に行われた、アメリカ人捕虜の生体解剖を題材にした話。

    罪の意識、倫理とは。

  • こういう道徳観?って、どんどん失なわれていってるのかな?
    命に対する思いは時代が変わっても変わらないよね。

  • いい加減遠藤周作も読んでおこう…と思って。
    想像していたよりもすらすら読めて、でも読み終えてしばらくしてからも、ふとした時に内容が頭をよぎり、その事について何度も考えてしまう。一年後ぐらいにもう一度読み返そうかな。

  • 人体実験を通し突きつけられる、人間の良心への問い

    著名な作品ですが、その有名に違わぬ素晴らしい作品です。
    大戦中の人体実験を元に書かれたものですが、その視点は歴史的考証を越え、人間の本質へと問いを投げかけています。
    追い込められる登場人物達の心に寄せ、読み応え抜群でした。必見です!

  • 知りたいと思うことは怖いことです。知りたくないと願うことはもっと怖いことだと思います。
    戦争と科学。深くまじりあっている二つの、そのかけらのような部分を書いている作品です。

    • ほけきょううぐさん
      しりたくないとおもうことはもっととはしらなかったです。
      しりたくないとおもうことはもっととはしらなかったです。
      2012/11/13
  • 戦時中、米軍捕虜の生体解剖事件を題材にした物語。

    残虐極まる行為に参加した医者、看護婦達は被虐趣味の異常者などではなかったように思える。彼らを生体解剖に駆り立て、参加させたのは他でもない虚無感、打ちのめされ、あらゆることに希望も関心さえも持てなくなった空虚さであった。

    本編のラストシーン、解剖に立ち会った勝呂は罪の意識を同僚に語り、いつか受けるであろう罰に怯える。彼が怯える罰とは?それは刑罰や非難などではなく、後悔の念、良心の呵責であり、すでに彼は心理的には罰を受けているように思える。むしろ心理的には裁きを、罰を必要としていたのではないか。

  • 若き医師の「アレ」をやること、やったことへの心の葛藤は間違いなく存在し、小さくないものだった。にもかかわらず、齢を重ね、遠く離れた土地でのおそらくは短くない生活を経てなお、「これからもおなじような境遇におかれたら僕はやはり、アレをやってしまうかもしれない」と呟く彼。そこに、フツーの人間の姿、それを変えられない現実を見る。

    佐伯彰一氏の解説によれば、「留学」「沈黙」と合わせ3部作と呼べるそうなので、未読の「留学」を読みたい。

  • 人は心の底からなにもかもがどうでもよくなったときに禁忌のボーダーラインを越えるんだと思った。夜と霧で自己を放棄した人の描写とかぶるところがあった。
    解説読んで作者が言いたかったことがやっとわかった。"神"が不在の日本人か…。考えたことのない視点だったので目からうろこでした。途中気持ち悪くなったりしたけど読んでよかった。

  • 恥の意識はあっても、罪の意識を感じ得ない日本人(というより、人間)の心理を、「米人捕虜生体実験」という、実際に戦中の日本で起こった出来事をモチーフにして描かれた作品。
    物語は、実験に参加した者のうち、命令された立場である、勝呂、戸田、上田の3人の視点から描かれる。特に、戸田の独白は物語の本質をついており、非常に興味深かった。
    140pと短く、考えさせられる作品なので、中学生~高校生の課題図書にちょうどいい作品だと思う。

  • 遠藤周作のテーマ「日本人とは」を考えさせられる。日本人の宗教観に興味ある人にはいいね。

    日本人は神の教えを持たない。それがこの国の中だったら普通である。

    神が預けてくれる倫理観・人生観というものを日本人はどうやって獲得しているのか。日本人は神に頼らず自律していけるスゴイ民族だということを考えさせられる。

    けどまぁそれゆえの弊害もあるんだろうけど。それにしてもすごいよね。インターナショナルな目で見れば。

    ・・・

    作中で人体解剖に携わった人たちが、なぜその行為を倫理に反することとして止められなかったのか。
    教授が軍部とのパイプを獲得できるという利害のために実施しようとしたこの人体実験。戦時中で生命の価値に対する考え方が麻痺していたにせよ、助手として参加してしまった勝呂はその誘いを断る決定打を欠いていた。
    クリスチャンだったら神の教えに即して、断じて拒否したかもしれない。
    しかし、神の教えを持たない勝呂は結局流されてしまったのだ。

    この物語の教訓として、日本人は神の教えを自分達は持っていないことを自覚すべきだと思った。
    人生で選択の必要に迫られた時、その決定打になる神の教えを持っていないということを。
    つまり、日本人は自分の行動に重い責任が付きまとうことになるのだ。だってその行動は全部自分で決めたことになるから。

    神がいないから拠所が無い。自分で決めなきゃいけない。とても大変。

    とはいえ、現実にそんなハイレベルなことが日本人全員ができてるわけもなく。自分の意志でもなく、神でも無く、、、、他人に流されるままに行動してしまう人が多いよね。

    作中の勝呂もそうかな。結局断る決定打が無いせいで流されてるし。
    橋本部長の奥さんヒルダさんは露骨な対比だよね。彼女は神の教えに下って流されない。苦しむ患者を解放するためとはいえ、患者を殺すことは神教えに反するから完全否定。

    人間って生きていれば選択がある。その拠所があるか無いかってとても大きい。人間そういう選択にかかる熟考は機会費用のロスと認識するから避けたがるものだ。
    神はそのロスをなくす画期的なよりどころだよね。
    その点、日本人は・・・

    こういう民族性を自覚いていくことが大事なぁと思いました。

  • 永久に寄せては返す昏い昏い海のような、僕たちの無形の罪のかたち

  • 初めて遠藤に触れた作品がこれというわけではないけれど
    彼の(人格はさておき)作品にときどき漂う遁世感の根本が
    少し理解できたような気がした。海と毒薬→悲しみの歌と続けて読むと良い。

    作品を読んだ後に表紙を閉じて、改めてこのタイトルを思い知ると
    あまりの深さに唇を噛みしめたくなりますよ。


    そういや気胸て言葉も勝呂さん関係でしったな。

  • 解剖についてだった。
    しかも生体解剖。
    医学界には特殊な雰囲気があり、別の世界がある。
    そこでは命を救う傍ら、命を奪う過程もある。
    普通の神経を持つ人間では、大学病院はとても無理だ。
    子どもを産めなくなった女性の生涯が、とても悲しいものだった。
    遠藤周作らしい作品だった。

  • 以前にレビューを書いた『悲しみの歌』こそ『海と毒薬』の続編に当たる作品であるいわれている。私は双方の本を並べ見て『悲しみの歌』を先に読むことにした。『海と毒薬』を読了して、この決断が私の為に良かったことを体感した。

    私にとって『海と毒薬』は『悲しみの歌』の本があってこそ成り立つ存在意義であった。何故ならば、『悲しみの歌』の勝呂医師の内面に、私自身が強く心惹かれいるからだ。事件当時の勝呂医師の心情及び環境を読み解くことを通して深める勝呂医師の後生に対する想いは、この上なく悦ばしい。

    『海の毒薬』の勝呂医師を知ってから『悲しみの歌』での勝呂医師を読み解く順序で得られる衝撃も、果てしなく凄まじいものであるように推測出来る。が、私がその順序で読み解いたとしたら、『悲しみの歌』での勝呂医師を、今よりもっと同情や憐れみの感情を投げかけながら読んでしまっていただろうと思う。

    『海の毒薬』を通して、私自身が気づかなかった『悲しみの歌』への想いを考えるキッカケに出来たことが、どんなにも大切なことであり、とても嬉しく思っている。
    『悲しみの歌』は全体的にとても暗いイメージの強いストーリー展開ではあった。が、暗いだけでは収めることのできない人情の深みが沢山秘められていたことを再実感した。特に『悲しみの歌』にて触れていた偏見に満ちた正義感を振りかざすことの罪深さについて、より一層考えを深めるきっかけになっている。


    ところで、両作品において、勝呂医師の心情の違いと、著者との類似性の強い登場人物(小説家及び引っ越してきた者)の心情の違いを、読み比べる面白さもまた、興味深かった。

  • 人体実験をする人っていったいどういう神経しているんだ?自分だったら絶対ありえない!って言える人はどのくらいいるのでしょう。もしその時代、その病院、その立場、その友達、その上司…全てがそろっていたらとひょっとすると、です。戦争は異常が普通になりやすくなるようで、恐ろしいです。

    主人公の医師の迷い、違和感が丁寧に描かれている。屈折した同僚も良い。薄気味悪いが、読みやすかった。

  • 戦時中に実際にあった九州の大学病院で起きた捕虜人体実験事件を題材にした小説です。

    「死」とは何か。「罪」とは「罰」とは。
    人体実験に立ち会って苦しむひとりの助手。
    その一方で、求めても求めても良心の呵責や後悔を感じることのできないもうひとりの助手。
    そのふたりを通して普段考えない、あるいは考えることを避けている問題をたくさん考えさせられました。

    戦時中。誰がいつ死んでもおかしくない。
    いちいち患者の死を悲しんでいたらつとまらない。
    いずれ死ぬと分かっている患者なのだから、あるいは戦争している憎むべきアメリカ人捕虜なのだから、今後の医学の発展のために殺してもかまわない。

    人を殺すことはだめだからだめなのだ。
    私は普段はそう考えている。
    でも、今の医学があるのは人体実験で得られた結果によるところもある。アメリカ人捕虜を使って行われた実験は、特に戦時中など大量にけが人が出た時により多くの命を生かすための医療技術に不可欠だったのだ。
    昔から宗教儀礼としていけにえを神にささげたり、人肉を食べる文化にであった時、私たちは何と言ってそれを否定できるのだろう。牛や豚を食べているのに人を食べてはいけないのはなぜなのかと問われたら、何と答えればいいのだろう。
    死ぬほど苦しんでいる人の命を延ばすことは正しいのか。拷問にかけられる運命にある人を生かしていくことは正しいのか。脳死をどうとらえればいいのだろうか。

    「死」「罪」「罰」。
    避けがちだけれど、永遠に付き合っていかなければいけないテーマだと思う。
    これらを直視させてくれたこの本は、すごく価値があったと思う。
    解説にも書かれているけど、本当はこの人体実験にたずさわった数人のその後を作品として読んでみたかったです。(続編は書かれないまま、10年ほど前に遠藤周作は亡くなられてます)

  • 【出してください。この部屋から。】
    悲しみの歌を先に読んでいたので、勝呂が主人公かと思っていたが、いくつかの登場人物の視点でえがかれていたのは知らなかった。
    じめじめする厭らしさに加え、なんとも言えない気持ちを感じた。
    捕虜の実験の前の田部夫人の手術。看護婦上田の動機。戸田の独白。燃えるF市と海の音。勝呂の葛藤。
    きっと、これは悔しさだ。
    どうしようもできないもどかしさ。
    どうしようともしないあきらめ。自分ならどうしたか?
    銀色の皿に骨が落ちるカランとした音を、迫り来るような波の音を、手術台の足下を流れる水の音を、読めばあなたも感じとる。

  • 医師 勝呂(すぐろ)の心の葛藤と、「海」に飲まれていく残酷な世の中。冒頭の1章で日常にありふれた、「海」の存在をチラつかせる。
    遠藤周作の小説はあっという間に読めてしまう。

  • 第一章 海と毒薬
    第二章 裁かれる人々
    第三章 夜のあけるまで

    解説 佐伯彰一

  • 文章的には読みづらくなかなかページが進まなかった。しかし、内容はリアリティを帯びており、残虐な医療行為にもかかわらず、集団の空気により背徳感もなくそのような行為が行われていたことに非常に恐怖を抱いた。この話はフィクションだが、このようなことが実際あったと思うと恐ろしく、歴史の闇を知れたという意味では有意義だった

  • 2019/02/19

  • 読みながら、人間とは弱いものだなぁと思って辛かった。
    彼らはたしかに人ならざることをしているのであるが、その実望んでいるのは「ごく当たり前の幸せ」のはずなのだ。<本当なら>こうなるはずだと思っていることがそういかないばかりに、ずるずると低い方へ低い方へと流れていく。

    「神様が見ているとは思わないのですか」というヒルダさんの言葉が痛切である。たとえ、世の中の流れがおかしな方向へ向かっているとしても、周りがろくでもない人間ばかりでも、自分の良心に頼ること、せめて一言でも「No」と言うことは、彼らにはできたはずなのだ。
    それさえ言わなかったのはなぜなのか?

    物語はあくまで淡々と進むが、「その行為」へと導いて行った彼らの心理は非常に納得できて、それだけに悲しかった。特に上田看護婦の描写には、非常に共感するものがあり、遠藤周作は女性の心にもとても寄り添っているなと感じた。

    解剖される捕虜の描かれ方も、ごくごく普通の人間らしさにあふれており胸が痛むが、病院の貧しい患者たちの描かれ方にこそ、遠藤周作の本音が描かれているような気がする。汚く卑しく頭の弱い彼らの姿にこそ、遠藤周作は救いを求めているように思う。

    あの病院の患者たち(社会的弱者たち)も、あれからみんなみんな死ぬのだろう。なぜなのか? みんなが死んでいく時代だからだろうか。違うだろう。彼らは貧しいから、あるいは身寄りがないから、どうでもいいと人に思われているから、死んでしまうのだろう。
    同じ理由で、敵国の捕虜だから、生体解剖をしたっていい、というはずがない。捕虜だからどうせ殺されるというのは、なんの正当な理由にもならない。
    彼らは私たちが、いや、この本を読んでいるまさに「私」が、助けないから死んでしまうのだと、そう思った。この本の登場人物は、当時の時代の犠牲者であり作者であり、そして読者であると私は思った。

  • 読み終わってから、すぐもう一度冒頭を読み直した。勝呂の今の診察は「実験の物体でも取り扱っているような」とある。事件から何年過ぎたのか知らないが、施療患者を診ていた頃とは明らかに違っていて、勝呂なりに苦しみ人が変わったようになってしまったことが分かる。
    一方戸田は良心の呵責か、社会の罰に対しての恐れか、どちらを思うのか自分を試していた。国民性みたいなものが関与して、根本的にそれが分かるのは多くの日本人にとって難しいかもしれない。
    戦争中や後は殺人を経験した人が大勢いて、何食わぬ顔で暮らしているしそうやって暮らしていくしかないという、なんとも言えない虚しさを強く感じる。

  • ブンガク
    かかった時間110分くらい

    何度目かの再読。星4つなのは、まだ自分が読み切れていないと思うから。

    さて、今回浮かんだ疑問と感想を述べる。
    疑問。曲がりなりにも多少のまともさを持っていたと思われる勝呂医師は、いつの間に、冒頭のような人間に変容したのか?もしくは、していないのか。少なくとも小説の結末では、勝呂は、巻き込まれた諦念よりはずっと自責やいろいろなものへの憤り(表出はしないが)が強かったように思うが。
    また、戸田は本当に良心のない人間なのだろうか。私は、どちらかといえばこの人物に同調してこの作品を読むことが多いが、「自分には良心がない」とあまりにも強調する姿は、逆に良心の存在を肯定した時に自分が耐えられないことを恐れたからではないか?というようにも見える。
    さらに、上田看護師。この人をあまり意識して読んだことがなかったが、なかなかのクソ人間だ。というか、女性であることの醜さのようなものが強調されているような気がするが、これはアダムとイブのイブ的なことか?

    さて、あとがきでは、この作品が、「日本人とはいかなる人間か?」という作者の問いに基づいて書かれたものだとある。
    しかし、この前読んだ「悪と全体主義」と関連させて読めば、なんというかもう少し普遍的な形で「(悪、じゃないかな?)罪」を考えられるような気がする。また、何度か作中で繰り返される「考えない」ことについては、ちょっと「動物農場」的なものも感じる。

    あー、あと、冒頭の一本道と、手術室につながる一本道とか、体格とか、勝呂の権威主義(崇拝傾向)とか、そのあたりも気になる。

    また読もうっと。

全792件中 31 - 60件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

海と毒薬 (新潮文庫)のその他の作品

遠藤周作の作品

ツイートする