海と毒薬 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (576)
  • (910)
  • (1385)
  • (102)
  • (13)
本棚登録 : 6776
レビュー : 792
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか怖かった。寝る前に読んだらうなされた…

  •  戦時下の狂乱の世界の一部を切り取った作品。そしてその後、追った罪と罰の重さ。ただし、その罪と罰をどう感じればよいのか。
     命の価値は変わらないはずであるが、実際にあった戦時下の人体実験を元に作られた作品。実験に参加した人間は狂人だったのか、狂人でなければ、誰が罪を負わせ、どう罰を受ければいいのか。
     今なおその倫理を説明できる人はきっとおらず、また日本人だからこその不気味さを感じる作品。罪と罰はどこにあるのか、誰がもたらすのか。神のいない日本人が包括している救われない問題作。

  • なぜ、断れなかったのか。著者はすべての読者に問いかけている。

    小説は何気ない日常から始まる。ふつうのまちでの、何気ない一日。我々読者が住んでいる世界と何ら変わらない。しかしこの日常は紙一重で地獄のような戦争体験とつながっている。まちの住人は戦争体験者で、人を殺した経験があるという。そして勝呂医師の過去。地獄絵図と日常は対比されながら、一方でつながり合っている。病院での登場人物もいたってふつうの感覚の持ち主である。僕は戸田の少年期の回想に共感してしまった部分もあった。(程度差はあれ、共感した人は多いのではないか)この残酷な事件を、我々読者の感覚から切り離さず、「同じ立場だったら」と考えさせる展開になっている。そして断れなかった理由を、著者は「運命」、人間の意思を超えて人間を飲み込もうとするどす黒い流れ、と呼んでいる。
    ひとつは、戦時中の異常さは抜きにはできないということだ。まわりでは無数の人間が何の意味もなく死んでいく。このようななかで、多くの人の間で無気力さ、虚脱感、自分の人生を大事にできない感覚、が共有されていたのではないか。これが流れをつくっていたのではないか。しかし「戦争」という日常の対立概念をもちだして彼らの心理を説明することは著者の本意ではない。戦争下ではなくとも、このような悪い流れが存在することも、ある。

  • 戦中に発生した米軍捕虜に対する生体解剖を題材にした問題作。ある事件を題材に深層心理を深く考察する作品としては『金閣寺』が有名だが、本作品の特徴は遠藤周作が得意とする日本人ならではの特性と心理描写であろう。ある者は栄達から、ある者は色情から、ある者は無策から、運命の日のオペに立ち会う。

    遠藤周作は、人道的や倫理観からの勧善懲悪の二元論ではなく、日本人の持つ複雑な心理を熟知し、人間が本質的に具える残虐性が戦争というトリガーによって引き起こされ、背徳を抱きつつも生体解剖に至るまでを重層的に描き出す。冒頭の日常感が、その異常性を際立たせる。

    『沈黙』同様、全体に漂う陰鬱な雰囲気はあるが、読み応えのある名作だ。

  • 少々ネタバレです。



    私にとって二冊目の遠藤周作。
    第二次世界大戦中の九州大医学部で起きた、米兵捕虜を生きたまま解剖する、というおぞましい事件を題材にした小説。
    作者が、神なき日本人の罪の意識や、民族性を描き出そうとした問題作。

    上記の解剖シーンと比較される目的で、他二件の臨床シーンが出てくる。ひとつの焦点は、敬虔なキリスト教信者(教授の外国人妻)が「神が怖くないのか」と正しくあろうとする姿とその行動に嫌悪・嫉妬する看護師の心の動き、もうひとつの焦点は、故意ではなく手術の失敗によりある患者を死に至らしめてしまったその際の医師群の動揺と行動。

    結局日本人の罪の意識がどうだったかというと、これは個人毎の人生の経緯、価値観、感受性によって異なるようで、日本人だからこう、とは言えないように思った。何か特定の宗教を熱心に信心していたからといって、必ずしや道徳に反かずにきれいに生きられるとは限らない。戦争中なら尚更だ。(むしろ宗教がきっかけとなり始まった戦争の多いこと…。)
    このテーマを、戦争中という正常でない時代の出来事に落とし込んだのは、少し残酷な気がする。

    しかし、生体解剖中の傍観者たちの描写には、日本人特有の同調圧力のようなものがうまく表れているように思った。

    そしてその手術が終わった後、そっと手術室に戻った二人の医師を描いた場面が秀逸。胸を締め付けられた。

    すごく良い小説だった。やはり名作と名高いものには理由がある。生涯に渡り手元において何度も読み返したい。

  • 戦時中の病院の様子、生活の様子がみてとれて興味深かった。何度も読み直したい。

    正常と異常の境、それはわかりやすい形で手にとれるものではなく、知らぬ間に近所に潜んでいるものなのかもしれない。

  • 良いは良い。が、せめて15年ほど前に読んでおくべきだった。

  • この作品は以前、私が高校生だった頃
    何か読書感想文を書かねばならない、という時に
    短そうだからという安易な理由で元は購入したものである。
    その時の記憶では、
    なんとなく遠藤周作って暗い雰囲気の本を書くんだなー
    くらいの認識しかもちあわせていなかった。

    今こうして読んでみると、
    確かに全体として短調のトーンで描かれている。
    だが単に暗いイメージを持たせるような書き方ではなく、
    何というか、一つ一つのフレーズが心の奥底に鐘のように響き渡る
    印象を得た。
    読者としてはその鐘の響きを更に自分の中で反芻しながら読んでいった結果、気づいたら終わっていた、という感覚であった。

  • 私の進路に、最も影響したかもしれない本。
    とにかく考えさせられる。日本人とは何なのか。こんなに薄い本なのに、訴えてくる内容は重くて、難しい。

  • 確か実際にあった事件が題材になっていたと記憶する。
    これが本当にあったと思うと,非人道的であり,嫌悪感を抱く。直接的な原因ではなくても,戦争によって人間の道徳心が崩壊されたのであれば,あまりにも酷い話である。

全792件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

海と毒薬 (新潮文庫)のその他の作品

遠藤周作の作品

ツイートする