海と毒薬 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (576)
  • (910)
  • (1385)
  • (102)
  • (13)
本棚登録 : 6776
レビュー : 792
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争末期に実際にあったという、米軍捕虜の生体解剖事件の小説化。倫理観とか罪と罰とか考えさせられる。

    生きた人間に対してあれこれ実験して死なせるというのはあきらかに殺人行為で非人道的に映るけど、現代だって出生前診断だとか再生医療だとか生命倫理が問われる問題はたくさんある気がする。学者の競争や課題を克服しようとする態度はいつの世も変わらない。解説とか読むと、神がどうとか日本人の宗教観がどうとか書いてあるけど「それだけじゃないんじゃない?」と思ってしまう。他の国でもあり得るんじゃないかな。

    勝呂はまともで戸田はひどい奴みたいな描かれ方だけど、戸田の麻痺した感覚は自分の中にもあると思う。強い刺激、繰り返される刺激に対してはある程度感覚を麻痺させないと神経がもたない。

    医学部長の座をめぐる教授たちの争いなどはドラマで観た『白い巨塔』を連想した(原作は読んでいない)。

    医者が患者に対してかなり強い態度をとっていて今とギャップを感じた。看護婦への態度も今とは全然違うと思う。昔と今を比較するのも面白い。

  • 戦後、アメリカ人捕虜を人体実験に使うという、残虐な実話をもとにした小説。高校生の時に読んで全然ぴんと来なかったのだけど、大人になってから読むと全く違う作品。何と言うか、飲みこまれてしまいそうな、鼓動を打っているようなそんな強さがある。
    人間になれたか、なれなかったか。その境界線を引く一瞬がこの小説の中にはあった。たくさんの命を救うという大義のためなら、一つの命など全く持って惜しくない。戦争によって毎日増える犠牲者の中で、だんだんと道徳心をなくしていき、そうやって人は人じゃなくなっていく。もともと心を持たなかった者、心を失った者、心を失うことが出来なかった者。この人体実験を通して、医者たちがあるいは看護婦たちが自分たちと向き合い、そして命とは、人間とは何かを浮き彫りにする。
    手術の描写があまりにも生々しくて読むのがきつかった。けれど後半、人体実験が終わった後、医者としてありながらあまりにも非情な人たちの描写はもっともっときつかった。
    人間としての心を手放すことが出来なかった男はあまりにも恐ろしい悪事に関わってしまった後、美しいものを心に浮かべることが出来なくなってしまった。やっぱり何かを、失ってしまった。

  • 元旦に読むには重過ぎたかもですが、このページの薄さを感じさせない厚みのある内容。最初から最後まで海独特のほの暗い鬱々とした雰囲気が付き纏います。
    戦時中の医療現場が生々しく描かれてるのでダメな人はダメかも。

    生体解剖に手を出さなかった、というより出せなかった勝呂。
    みんな倫理に反することだって知ってるのに、実験のための生体解剖に手を出す。方向性は違えど理由があるからなんですよね。
    一人確固たる理由がないのに流れに逆らえなかった勝呂だけど、抗おうと思えば抗えたはず。できなかったのは彼が医者だったからじゃないかな。
    戦争物の作品では罪なき人間の命が失われていくけど、今回の捕虜は完全に物扱いですよね。
    でも時代のせいにはできないと思いました。
    親父や浅井や上田や戸田、そして勝呂。彼らの罪に差はないと思います。

  • 新年から読む本ではなかったかな...
    薄い本だけどずっしりくる。

  • 読んでみたかった本だったのですが、
    とにかく恐くて深く考えることもできず読み飛ばしてしまいました。

    登場人物がこのようなあやまちを犯してしまったのは、仕方がなかったのでしょうか。時代や境遇や精神状態が原因だったのでしょうか。誰しもこのような状況に置かれたら、避けることはできない運命だったのでしょうか。

    私にはわからないです…

  • 太平洋戦争末期に実際に行われた、アメリカ人捕虜の生体解剖を題材にした話。

    罪の意識、倫理とは。

  • こういう道徳観?って、どんどん失なわれていってるのかな?
    命に対する思いは時代が変わっても変わらないよね。

  • いい加減遠藤周作も読んでおこう…と思って。
    想像していたよりもすらすら読めて、でも読み終えてしばらくしてからも、ふとした時に内容が頭をよぎり、その事について何度も考えてしまう。一年後ぐらいにもう一度読み返そうかな。

  • 人体実験を通し突きつけられる、人間の良心への問い

    著名な作品ですが、その有名に違わぬ素晴らしい作品です。
    大戦中の人体実験を元に書かれたものですが、その視点は歴史的考証を越え、人間の本質へと問いを投げかけています。
    追い込められる登場人物達の心に寄せ、読み応え抜群でした。必見です!

  • 知りたいと思うことは怖いことです。知りたくないと願うことはもっと怖いことだと思います。
    戦争と科学。深くまじりあっている二つの、そのかけらのような部分を書いている作品です。

    • ほけきょううぐさん
      しりたくないとおもうことはもっととはしらなかったです。
      しりたくないとおもうことはもっととはしらなかったです。
      2012/11/13
全792件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

海と毒薬 (新潮文庫)のその他の作品

遠藤周作の作品

ツイートする