悲しみの歌 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.97
  • (112)
  • (97)
  • (108)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 769
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重くて深みが凄く、後々まで考えてしまいそうな小説だった。
    春に読んだ「海と毒薬」の続編で、事件の30年後が描かれている。

    正義って何だろう?と改めて考えた。
    善と悪ってすっぱり二つに割り切れるものではなく、両方つながっていて、当然グレーゾーンというものもあって、人は立たされた立場やその時の世情によって、簡単にその善と悪を行き来するような生き物なのだと思う。
    「海と毒薬」は戦時中の物語で、この小説は戦後の物語。米兵捕虜の生体解剖事件の戦犯となった勝呂医師は刑期を終えて新宿で開業医をしているが、彼にはその過去から来る陰鬱な影が常につきまとっている。
    戦時中の倫理観の狂いから起きた事件が、戦後の彼を苦しめ続ける。
    深い事情や彼の心理を知らない者たちは、その事件の表面だけを見て彼を糾弾する。若い新聞記者である折戸も。
    折戸の正義感は、きっとその時代の倫理観からすると正しい見方なのだろうけど、善と悪はすっぱり二つに割り切れると信じている青さが、人生経験の少なさと若さを象徴しているのだと思う。
    人の奥深い心理を無視しすぎている直球な言葉は、色んな人を傷つけてしまう刃になりかねない。

    私もどちらかというと直球なタイプで、もう少し若い時は今よりも善と悪の感覚が違っていたように思う。それこそ折戸のように、グレーゾーンなんて認めない、悪いものは悪い、というような感じで。
    でも人間ってそんな簡単には分けられないし、何かに流されて悪い方に行ってしまうこともある。
    そのこと自体は悪だとしても、過ぎ去ったあとその事柄をどんな風に受け止めて生きていくか。
    人の悪さを糾弾するのは簡単だけど、そもそも人が人を裁くなんて出来ないのではないか?って。

    遠藤周作さんはキリスト教を主題にした作品を多数残されているそうで、この小説にもその要素は垣間見える。
    人を裁くことは神にしか出来ない(神が存在するとして)。
    この小説のある意味主役とも言えるフランス人のガストンは、無償の愛を他人に注げる嘘みたいにお人好しな人間で、彼の存在はイエス・キリストのメタファーになっていることが分かる。
    人のために喜んだり泣いたりすることがガストンにとっての幸せで、針のむしろ状態の勝呂医師の側に常に彼がいたことは、勝呂医師にとって大きな救いになったように思う。

    そして、人の死をコントロールするという罪悪についても描かれている。
    法律上安楽死は許されないのに、妊娠中絶は許されているという事実を、改めて考えさせられる。
    両方とも、その本人が望むのだとしたら?どうして妊娠中絶は良くて安楽死は駄目なのか?
    そしてそれに手をかけた医師は、再び深く苦悩することになる。

    とても悲しい物語だった。
    まさに悲しみの歌が、物語中にずっと流れているような。

    倫理的には悪者である勝呂医師と、その対比として登場するたくさんの人物たち。読者にとってどちらがより悪いか、憎々しく映るか。
    人の噂や単純すぎる倫理観で人を見てしまうことは現実にも山ほどある。だからこそそういうものだけに惑わされないで、自分の目で見て感じる力を身につけたい。そんなことを思った。

  • 「正義とは何か?」
    この問いにぶち当たる度に、私はこの本を読んでいる。

    先日、居眠り運転をして交通事故を起こしてしまった。
    その時に正義感に満ちた警察官は「事故を起こした悪人」である私に対して威圧的で、とても苦しかった。そして、この本が無性に読み返したくなった。最近読んだ中で最高に面白い、改めて大好きな本。

    同じ遠藤周作の著書『海と毒薬』の続編で、戦時中外国人捕虜の人体実験に関わった勝呂医師のその後の話だ。この小説の中で「正義」という単語が8回でてくる(数えた)。正義という名のもとで悪を糾弾する若手の新聞記者が、勝呂医師を追いつめていく。白か黒か。正義を信じて疑わない人は、自分がそちら側の立場に立つ姿を想像できないのだろう。

    世の中には、グレーがたくさん存在する。一見、悪に見えたとしても、その人の事情があることもある。
    そのことに気づけただけでも、かつて血気盛んにこの本を読んでいた頃より私は随分と大人になったと思う。

    助産師になったからか、昔読んだときとはまた違った味わいがあった。人工妊娠中絶の描写が多く出てくるからだ。

    夕暮れ、新宿の裏通りにある医院にそっとやってくる女性たちに、勝呂医師は「それが彼女たちの生活をさし当り救うただ一つの方法だとして、その女たちの体から生れてくる命を、数えきれぬほど殺して」きた。そのことに対する自責の念にも苛まれながら。

    私の職場でも、毎日のように行われる子宮内搔爬術。流産の場合もあるが、希望も多い。理由があるにしろ、私たちがしていることは、いのちを殺めることには違いない。

    今当たり前に行っていることも、時代が変われば人殺しと呼ばれることもあるのかもしれない。でも、その行為で確かに救われる人もいるのも事実だ。あくまでも、白でも黒でもなく、グレーの行為。そういうもの、で割り切ってはいけないのだなあと思う。

    先日、うちで家で飼っているメス猫の避妊の話をしていた時に、「手術自体は1万円で、もしお腹を開けてみて妊娠していたら、さらに1万円かかる」という話をしていたら、職場の先輩助産師さんに「お金の問題じゃないでしょ!妊娠していたら、育てなきゃ!」と怖い顔で言われた。そこで初めて、自分が猫のいのちを軽く扱っていたことに気づいた。ヒトならばだめで、猫ならばいいのか。それは人間のエゴだ。

    時代の悪戯だとしても、過去に罪を犯したものは、一生糾弾されなければいけないのか。そもそも、誰が誰を裁いてよいものか。相模原の事件を思い出す。文中で記者が言う「腐った果実は捨てた方がいい」ということばは、背筋がぞくりとした。

    前は感じなかったが、最近自分が短歌を始めたことで、遠藤周作氏の描写の豊かさにも改めて感心した。

    「手の切れるような一万円札」
    「待合室から奇妙な笛のような音が聞えたからだった。奇妙な笛。いや、そうではなかった。それは二人の会話を聞いたガストンが泣いている声だった…」

    何気ない言葉だが、その情景がスッと想像できる描写。最近、若い人の口語体の文章を読むことが多かったが、文豪の迫力と表現力を改めて感じた。遠藤周作作品をもっと読みたい。
    −−−−−−−−−−−−−−
    「絶対的な正義なんてこの社会にないということさ。戦争と戦後とのおかげで、ぼくたちは、どんな正しい考えも、限界を越えると悪になることを、たっぷり知らされたじゃないか。君があの記事を書く。それは君にとって正しいかもしれない。しかし、君はそのためにあの医者がこの新宿の人々からどんな眼で今後、見られるか考えたかい」(358)

  • 『海と毒薬』の勝呂医師が登場する、ということで読んだ。彼が主人公の続編というよりは、群像劇の中のもっとも重要な一人というような立ち位置である。
    事前に読んだ人たちからの感想を聞いていたので、かなり身構えつつ読んだのだが、本当に悲しい結末だった。しかし、その救いのなさのために、私は遠藤周作に感謝した。

    なんて人は悲しくどうしようもないのだろう。なぜ善人が傷つけられ、痛めつけられ、苦しみ悲しむのに、しょうもない人間がのうのうと生きてえらい顔をしているのだろう。
    この作品に出てくる勝呂医師やガストンに比べて、若手記者や大学教授、そして学生たちは本当に愚かでしょうもない。彼らは深く考えず自分のために人を踏みつけにする。そして、踏みつけにしても知らん顔ができる。それどころか、彼らは自分が人を踏みつけたことを正当化さえできるだろう。
    それに比べて、勝呂医師は苦しむ人を助けてあげながら過去の罪に問われる。ガストンは人を助けるために懸命に働いて、人に馬鹿にされる。
    どうしてこの世界では、こんなにひどいことが許されるのだろう。どうして神様は、こんなに優しい善人たちを助けてくださらないのだろう?

    勝呂医師は誰にも許されずに死んでしまう。彼の名誉は、おそらく死後も回復することはない。彼は社会的に悪人のままなのだ、彼の名誉を取り戻してくれる人はいないのだ……。
    しかし、一方で彼は絶対的な許しを与えられる。それがガストン≒キリストの存在である。
    ガストンは彼の人間としての尊厳を守ってくれる。先生はいい人、優しい人だと言って、それを理解してくれているのだ。それは全く社会的な許しではない。また、彼の生命をも救ってくれない。
    しかし、勝呂医師の人としての尊厳を守ってくれる。ガストンは無力であるが、その許しは神の赦しにも等しい。それが読者にはわかる。私にはわかる。それが悲しくてたまらない。

    その赦しがあまりに優しく、そして無力であるゆえに、私はそれを信じることができた。とても悲しいけれど。社会に受け入れられない人間でも、神様には赦してもらえる。泣くしかない。

  • 号泣した。

  • 暗い小説です。

    太平洋戦争末期に九州医大で行われた捕虜の生体解剖実験を元にした『海と毒薬』の実質的な続編である本作。
    その前作も暗い小説でしたが、その「暗さ」のイメージが異なるように感じます。
    例えるならば、『海と毒薬』は夕闇のような限りなく闇に近い暗さ、『悲しみの歌』はどんよりとした曇り空でその上霧雨の降るような薄暗さ、という感じでしょうか。
    その「暗さ」の違いは、それぞれの作品で遠藤周作が書きたかったもののオマージュとなっています。
    『海と毒薬』では戦争末期の絶望的な状況の中で起きた非人道的な実験への倫理的な問いかけ、そして『悲しみの歌』では勝呂の抱える罪の意識と悲しみ。
    この違いが、私が両者の「暗さ」の違いとして感じた正体であるように思います。

    …とかなんとか書いてるうちにだんだん何言ってるか自分でもよく分からなくなってきました。
    とにかく暗いですが面白い小説だったことは間違いありません。乱文終わり。

  • この世は「悲しみ」でできている。本書を読み終えてまず思った感想は、こうだ。本書は複数の文学賞を受賞し、映画化もされた著名な『海と毒薬』の続篇にあたり、同作に登場した勝呂医師がふたたび登場する。『海と毒薬』の内容をもう1度おさらいしておくと、第2次世界大戦の末期、九州帝國大學において、捕虜になった米兵が、生きたまま解剖された史実をもとにした小説で、戦時中とはいえもちろんそんな行為は立派な犯罪である。ひるがえって本作の勝呂も、刑期を終えたことが物語中に描かれており、生体解剖がちゃんと断罪されたことがわかる。しかし、ほんとうに勝呂医師だけが悪かったのだろうか。あるいは、ほんとうに断罪されるべきであったのだろうか。むろん、行為じたいが褒められるべきではなく、むしろ責められるべき性質をもつことはわかる。しかし、いちいちネタバレをするほどのことでもないので詳述は避けるが、勝呂医師の「最期」をみるに、この断罪によってはたして救われた人はいるだろうか。言いようのない「悲しみ」を増幅させただけではないか。勝呂医師は現在は新宿で開業医をしていて、やがて新聞記者に過去のことを嗅ぎつけられ、断罪される。しかしその新聞記者もまた、真実を追求するいっぽうで、互いに惹かれあってたはずの恋人からは別れを切り出されてしまう。正義とはなにか。これもまた、悲しみの一種なのではないか。べつの記者である野口のセリフの端端には、こういった無力感のようなものも垣間見える。そして、勝呂医師のまわりに集まる患者や、その見舞客たち。それぞれがさまざまな事情を抱えていて、とても幸福そうには見えない。生きることの本質は、悲しみではないであろうか。末期癌の患者は、やがて勝呂医師に「安楽死」させられる。しかし、それこそがほんとうの救いなのではないか。生きるとは。死ぬとは。幸福とは。悲しみとは。この行為ひとつとってみても、世の中がそう単純には割り切れないことだらけであると知る。著者はキリスト教の熱心な信者であることで有名で、本作の作中にも聖書の一節が引用されている。しかし、著者はそのキリスト教の救済に対してさえも、なにか本質的な疑問を感じているように思える。救済とはいったいなんなのか。あまりにも重すぎるテーマばかりで考え込んでしまうが、それだけに読む価値はじゅうぶんすぎるほどある。

  • 登場人物が、あちこちで関係を持つのがフィクションならではだが、勝呂医師には共感できる。勝呂を糾弾する記者折戸に対する同僚野口の言葉。「絶対的な正義なんてこの社会にないということさ。戦争と戦後のおかげで、ぼくたちは、どんな正しい考えも、限界を超えると悪になることを、たっぷり知らされたじゃないか。君があの記事を書く。それは君にとって正しいかもしれない。しかし、君はそのためにあの医者がこの新宿の人々からどんな眼で今後、見られるか考えたかい」折戸や常に世間体を気にする矢野教授のような人は、悲しいかな、この社会には多い。2015.5.6

  • 一つの時間に起こった出来事について、登場人物それぞれのシーンに時折切り替えながら物語が展開していくのですが、切り替えリズムが斬新で、独特の世界観が感じられました。登場人物一人一人の心情の動きの描写について、綺麗事だけでない苦しみや醜さの塊の部分も描かれている点が、尚心惹かれました。また、絶対の“正義”を人に安易に振りかざすことで生まれる一つの悲劇をも、この作品の中で目にしたように思います。

  • 海と毒薬の後日端らしい。売ろうかと思ったが思いとどまり、読み出して止まらなくなった良作。落ち着いたときに、もういちど読み返してみたいものだと思う。

  • すごーくおもしろかった!海と毒薬の後日譚だけど読んでなくても楽しめると思う、暗いけど。感動したなー。

  • 悲しかった。
    苦しい時代を生きてきた人、病気で苦しんでいる人、そういった人たちの悲しみを、私達みたいな若造には理解しきれないことが悲しかった。
    若造は色んなことに対して勝手な思い込みを持つことが多くて、さらに妙な自信があることが多い。自分も、まさにその若造なんだろうなぁと思った。

    勝呂さんのおもいとか、癌のお爺ちゃんの気持ちとか、わかったつもりでいるけど、22歳の自分には伝わりきってないのかな、やっぱり。
    50何歳かのときに遠藤周作が書いたらしいから、同じくらいの歳になったらまた読みたい。

    ----------------------------
    p.330
    ガストンは哀しそうな微笑を浮かべてうなずいた。彼はさっきから前に歩いている勝呂の背中がひどく孤独なのに気づいていた。顔はどんなに笑っていても、人間の無防備な背中はその人の心をそのまま現すものなのだ。

  • 「海と毒薬」での主人公だった医大生勝呂。その余生をヒッピーふうの外人、民主主義の正義感に燃える新聞記者、余命幾ばくもない末期癌の老人、利己的な保守にはしる大学教授など、それぞれが信じる倫理観を題材に、罪や生きることなどをキリスト教をテーマに書いた作品。
    自分が信じる正義感のためなら他人の心をないがしろにしてもいいのか。
    他人のために尽くすことに意味はあるのか。
    人を救うための医者が堕胎という命を葬る行為の是非を問うなど、「罪」を根本的に問うような作品になっています。

  • 海と毒薬の続編。正義と悪を簡単に割り切れない、その裏にある「悲しみ」がテーマの作品。しかし報われません

  • 『海と毒薬』の続編。勝呂医師の悲しみがぐっと胸に迫ってきた。救いようのない話であるのに、読後、なにがしかの希望が残る気がしました。

  • こちらは一週間ほど前に読み終えました。一つの時間に起こった出来事について、登場人物それぞれのシーンに時折切り替えながら物語が展開していくのですが、切り替えリズムが斬新で、独特の世界観が感じられました。登場人物一人一人の心情の動きの描写について、綺麗事だけでない苦しみや醜さの塊の部分も描かれている点が、尚心惹かれました。また、絶対の“正義”を人に安易に振りかざすことで生まれる一つの悲劇をも、この作品の中で目にしたように思います。

  • 「海と毒薬」の続編で、後悔の念に苦しみ続けた勝呂医師の話。あまりにも内容が重圧過ぎて、溢れんばかりの悲しみが物語から伝わってきた。読み応えのある本。

  • 自然に涙がこぼれた。
    戦時中に人体実験を行なった戦犯として民主主義の名の下に迫害され続け、医者として堕胎や安楽死、生きる苦しみと罪を背負った医者の半生と、純粋で慈悲深い外国人を中心とした心に残るけど悲しい物語。
    人が人の罪を裁く事の危うさや、時代の違い、主要人物たちの苦しみ悲しみ、純粋さ。深く重く考えさせられる内容や舞台が、戦後や昭和を知らない自分でもつかめた。
    とはいえ後書きで述べられているようにこれは若者よりは年輩の方のほうが深く理解できるのだと思う。
    そして『海と毒薬』なるものが前編(?)として存在していたとはorz
    さっそく買って来ます!

  • 「人が人を救うこと」「人が人を裁くこと」・・・
    生きるって本当に難しい。
    あとがきにもあったが、人生の表と裏を多少なりとも知った中年以降のための文学。

  • あー…orzとため息が読了後にもれた。
    「告白」の後に読むんじゃなかった(笑)

    生きているだけで、どうしてこんなに人は苦しいんだろう。神様は人に何を背負わせたいのか、どうしたいのか。
    それでも人はどうして神に祈りをささげるのだろうか。

    もうひとつ、「正義」という魔物の恐ろしさ。
    その中にいると見えなくなるものがあり、見えなかったものを見せられても認識すらできない恐怖。
    物事を多方面から見られるように心がけておきたいと思った。

  • 海と毒薬の続編のようでもある。

  • 『海と毒薬』の主人公である勝呂医師が再び登場する。彼の苦しみ、深い諦めに涙が止まらなかった。正義とは一体何なのだろう。人を追い詰め、不幸にするのは、決して正義とは言えない。それは最早悪である。正義は普遍的な概念ではなく、その都度形を変える雲のようなものであるべきだと思う。正義のために人間が存在するのではなく、人間のために正義が存在するのである。

  • 心の奥深くに、涙がポトンと落ちて、決して消えない。そんな作品。
    マスコミの振りかざす残酷で自分勝手な正義に嫌気がさすようになる。
    テレビで好き勝手に無責任な非難を並べるマスコミに、「お前はこの人の悲しみがわかるか。」と問いたくなる。
    あなたはこの人のこと、何も知らないくせに。
    そう、呟きながら読んでしまう一冊。
    涙が止まりません。出会えてよかった一冊。

  • これを中国で読めて本当に幸せだと思えた。

  • 太平洋戦争中に人体実験の助手をしていた町医者、正義感あふれる記者、夜の街を彷徨う少女、お人好しのガストン…哀愁ただよう世界観をみせながら、過去・現在・未来を想う作品。
    お人好しガストンと登場人物の雰囲気の違いも味があって素敵だし、戦後から経済復興を成し遂げていく過程の東京の描き方もどこかもの悲しく好き。

  • 米兵捕虜の生体解剖事件で戦犯となった過去を持つ中年の開業医と、正義の旗印をかかげて彼を追い詰める若い新聞記者。表と裏のまったく違うエセ文化人や、無気力なぐうたら学生。そして、愛することしか知らない無類のお人好しガストン・・・・・・(中略)人間の弱さと悲しみを見つめ、荒涼とした現代に優しく生きるとは何かを問う。(裏表紙から引用)

    これはよかったーーーー!!
    「海と毒薬」の続編のよう。
    「海と毒薬」は良かったんですが、遠藤周作のキリスト教系の作品はどうも苦手で・・それ以来あまり読んでませんでしたがこの紹介文を読んだときに、これは!と思い手に取りました。
    ただし「海と毒薬」が書かれてから20年程経っているようです。
    案の定、同作品に登場した勝呂先生が出てきました。しょっぱなから彼に感情移入。

    若い新聞記者は「戦犯が罪の意識を全く持たずのうのうと生きていて、それを自分が裁くのだ」というような、己の正義を信じて止みません。
    「海と毒薬」を読んでいたので、勝呂先生の苦しみ、悲しみを思うと胸が痛くなりました。
    勝呂先生の悲しみ、苦しみはいつか報われるんだろうか・・・いや、報われて欲しい・・・と思っていたのですが結局報われないまま迎える最後。勝呂先生の人生が悲しすぎます。
    自分の思う正義で人を裁くなんて、正義の押し付けにしかならないんですね。

    矢野という大学教授が登場しますが、彼に生じた問題も最終的には丸く治まります。が、これでいいのかな。なんだかな、という感じです。根本的には何も変わっていないというか。

    勝呂先生の言葉
    「人間なんて不倖せになるために、この世に生れてきたもんだ」
    が印象に残りました。


    「海と毒薬」を読んでから是非読んで欲しい一冊。とにかくおすすめ。

  • 世の中の一番暗い一面が切り取られています。
    その一面を見て嘆くガストン(キリスト)の姿に言い知れぬ
    感動とどうしようもない悲しみが襲ってきて読みながら泣いて
    しまいました。

    この作品は「海と毒薬」という本の続編なのですが、作品の
    前提には歴史的事実「F市の大学病院での米兵への人体実験」
    があります。この大学が私の出身校でもあるため余計に感情移入
    してしまったのかもしれません。

    人が人を裁くという行為の限界を痛切に感じることができる一冊
    です。何が正義で何が悪なのか本当にわからなくなりますが、ただ
    一つの純粋な善として描かれるガストンの存在が救い(まさに救い)
    となります。

    現代に現れたキリストを描いているガストンを見ていると
    あの有名な詩の一部を思い出しました。

    ミンナニデクノボートヨバレ
    ホメラレモセズ クニモサレズ
    ソウイウモノニ ワタシハナリタイ

    私もソウイウモノニなりたいです。

  • 明るいとはいえない状況の中で生きる人々の姿が、悲哀をもって迫ってくる。特に勝呂先生。
    暗い色調で、救いは感じがたいかもしれないが、虚しさはない。

    最後の若い記者の顛末は、ざまあみろ、という感じ。
    勝呂先生は善良な人間だったのだと思う。老人を死に導くシーンに、彼の人間性が溢れて感動した。

    2009.6.3 2回目読了

  • ”海と毒薬”の続編とも言える作品。戦犯となった開業医”勝呂”のどうしようもない悲しみ、苦しさ。数々の作品にも登場するガストンのとどまる事にないお人好しそして愛。
    遠藤周作の作品は、いつ読んでもわたしの心を大きく揺さぶる。

  • 高校時代『海と毒薬』を読みましたが、その続編ということで迷わず購入。最後は悲しくてたまりませんでした。

  • 遠藤周作、初期の代表作のひとつ。
    この小説は読んでいて楽しい小説ではない。陰湿な色彩で埋められ、沈鬱な気分を強いられる。

    若い頃には全く理解できなかったことが、結婚し、父親になり、年齢を重ねることで、「あぁ、これはね、うん。これは如何ともし難いね」と妙な説得力をもって悟るというか・・・、ガンジーじゃないけど、無抵抗に受け入れられるようになるものだ。
    主人公・勝呂を見ていると、何かしら声を掛けたくなる自分がいる。本作を読んで、人生の悲哀を疑似体験してみるのも宜しいかと・・・。
    なお、本作を読む際は同著作「海と毒薬」「沈黙」と合わせて読まれることをお勧めする。

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

悲しみの歌 (新潮文庫)のその他の作品

悲しみの歌 Kindle版 悲しみの歌 遠藤周作
悲しみの歌の詳細を見る 単行本 悲しみの歌 遠藤周作

遠藤周作の作品

ツイートする