イエスの生涯 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.75
  • (129)
  • (132)
  • (217)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1309
レビュー : 141
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イエスの哀しみに満ちた生涯。なぜ彼は無力であり続けなれならなかったのか。奇跡ありきで語られない事実としてのイエスの生涯。

  • 盲信ではなく、信仰の眼をもったとき、かくも人間は大きくなれるのか。しかし、それはどれほど難しいのか。師の死が必要なほどに。

    練り上げられた文体から、宗教性、崇高性、誠実さを幾度も感じた。当時の政治的背景も興味深い。

    弟子たちがキリストの死後、なぜ立ち上がれたのかについての考察は、深く首肯できた。復活についての疑問は拭えぬままだったが。

  • 聖書にあるイエスの記述に関して遠藤氏の見解が述べられている。正直、ある程度聖書やキリスト教に精通してないと、面白く読めないのではという印象。私はそこまでキリスト教のことに詳しくないので、大学の教科書を読んでいるような感じだった。

  • ローマ帝国に対しユダヤ民族のために立ち上がる指導者でもなく、何一つとして奇蹟も起こさない、ただ虐げられているものの傍にいて誰からも見捨てられている彼らを愛する、ただそれだけという救世主イエス。民衆はおろかその弟子たちからも最後まで本当のところを理解されることのなかった孤独な宗教家を、聖書の世界から生身の我々の感覚に近い人間の姿として浮彫にした。保身からイエスを売ったような弟子たちが、イエスの死後なにゆえ強固な信仰をもってイエスの教えを布教するようになったのか、多くの預言者が誕生したなかあれほどまでに嘲笑と侮蔑のうちに処刑されたイエスだけがなにゆえ後の世で神格されたのか、最終章での著者の考察に納得。

  • キリスト教や信仰をテーマとする多くの作品残した作家・遠藤周作氏による「イエス伝」です。聖書研究などに対する自身の見解を織り込みながら、イエスの生涯を描いていくその筆致はあたかも「遠藤周作の福音書」と呼べなくもないかと思います。いわゆる小説とは趣を異にしています。

    もっとも感動的なのは、P.285~「エマオの旅人」について述べた箇所でした。著者がいろいろなところで述べている「同伴者イエス」。"弟子たちにはイエスが死んでも、自分たちのそばにいるという生き生きとした感情が、いつの間にかうまれたにちがいない。それは抽象的な観念ではなく、文字通り具体的な感情だった。イエスは死んでいない。自分たちになお語りかけているという気持は事実だったのだ"

    イスカリオテのユダに向けられたまなざしも特徴的です。著者はこのユダという人物に、他の弟子たちに対するものとは全く次元が異なる、圧倒的な共感を受けておられたのだと思います。ヨハネ伝「ベタニアで香油をそそがれる」という有名な挿話は、無償の愛のあり方を問うものですが、著者はここから"もっと深い意味"を読み取る。人間のもつ弱さ、ずるさ、卑しさ、それを誰よりも鋭敏に感じ取り、また師の真意をただ一人汲み取っていた弟子として、ユダを捉えなおしています。

    タイトルや装丁からして、どうも読み手が限定されるであろう一冊ですが、著者はあとがきにて"日本人である私がふれたイエス像が基督教に無縁だった読者にも少なくとも実感をもって理解して頂けるものであったならば"と語っている通り、多くの方に開かれている本でもあります。特に前述のユダについて描かれた箇所は、聖書の持つある種「人間っぽい」一面を見事に炙り出していると感じます。

  • 小説家の遠藤周作が『沈黙』に続いて投げかけた話題作です。聖書学を学びながらこの伝記を書き上げましたが、小説家の想像力が随所に生かされています。遠藤周作はヨーロッパでは神学者とも評されています。

  • 「つらい現実があるのに、どうして神の愛など信じれよう。
    なぜ、神は沈黙をつらぬくのか?」
    「なぜ、生前のイエスを理解せず、彼に背をむけた弟子たちがイエスの死後、信仰に目覚めたか?」

    この二つの問いをテーマにイエスの生涯を、遠藤周作が小説家の立場で描く。

    遠藤周作のキリスト教の解釈には賛否両論あるみたいだが、私はこの解釈が好きだ。「許し」や「愛」を説いた、決して攻撃的な教えではないと解釈している。

    「沈黙」が理解できない方は本書を読むといいかもしれない。
    また、本書の謎解きが「沈黙」であるとも思う。

    ミステリーとしても面白い。

  • ■『イエスの生涯』 遠藤周作著 新潮文庫

    【後編2‐3 イエス路程】
     日本随一のカトリック作家である遠藤周作のイエスの生涯。福音書に描かれるイエスの言動、特に奇跡と愛を「事実と真実」に分け、イエスの生涯を読み解いていく。水を葡萄酒に変えたり、湖面を歩いたり、病をいやしたりする奇跡物語を「事実ではないが真実」とし、それを目にした者の心に上る信仰がそうさせた、そのように見せたというのは、正しいのかは分からないけども、納得出来てしまう部分でもある。
     あくまでも小説家が描くイエス像であるので、荒井献などの聖書学者や神学者たちからは、鼻もちならない部分があるのかもしれない。その辺は学者にはかなわないだろうが、イエスを愛する遠藤の思いが描かせたイエス像は、我々も一読に値する。
     ややこしい書かれ方はされておらず、素直にすっきりと読める。

    <イエス伝関連資料>
    ルドルフ・ブルトマン 『イエス』
    田川建三 『イエスという男』
    八木誠一 『イエス』 清水書院・人と思想シリーズ
    遠藤周作 『イエスの生涯』
    フランソワ・モーリヤック 『イエスの生涯』 など

  • 何故キリスト教が今日に至るまで二千年もの間廃ることなく発展してきたのか?それは愛の宗教だからではないか?しかも、それは他社への高次元の愛である。「汝の敵をも愛せよ」とその当時弟子たちでさえ受け入れがたかった、常識として考えられなかった教えをとき、そして十字架上で自分を十字架に追いやった人々を神の前に取りなすその姿から、理解できるような気がした。そして、それはイエスの復活の後、人間的に弱虫だった十二人の弟子たちを殉教をも惜しまない信仰者へと生まれ変わらせていった原動力となったのではないか。

  • 遠藤周作のなかにあるイエス像と、わたしのなかにあるイエス像はなんでこんなにも近いのだろう、といつもおもう。無力でぼろきれのようで弟子にも失望されて、当然ユダヤ民族の反ローマ主導者ではなく、弱い人のそばにいて苦しむ人のとなりで祈っていて、でも無力で失望される。しかしその命をもって全てを救済しようとするあまりにも深く溢れ出る人間への愛。現代人はキリスト教なんて、宗教なんて、と馬鹿にするけれど、究極的な意味での人間の救済はやっぱりお金にも権力にも他人の愛にも求めることはできないのかもしれない、そんな時代に示唆するものはとても多い気がするのだけれど。新約聖書の福音書のイエスの復活まで、つまりほんとうにイエスの生涯をこと細かに書いていて、わたしはなにかそれを追うにつれ心がみたされていく、そんな感覚。ユダに対する記述がほんとうに視点の転換だったけれどもすっと腑に落ちて感動した。定期的にキリスト教に触れる意味を今一度問い直した一冊。

全141件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

イエスの生涯 (新潮文庫)のその他の作品

イエスの生涯 Kindle版 イエスの生涯 遠藤周作
イエスの生涯 単行本 イエスの生涯 遠藤周作

遠藤周作の作品

ツイートする