イエスの生涯 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.75
  • (129)
  • (132)
  • (217)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1309
レビュー : 141
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123165

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一人の人間としてのイエス・キリスト像。
    奇跡を起こす救世主ではなく、
    無力でありながら、それでも神の愛を説こうとしたイエス。

    主観的な解釈や希望的な想像は多分に含まれているとはいえ、
    著者・遠藤周作の語るイエスの姿は、キリスト教に馴染みのない日本人である私にも、無理なく受け入れることができる。
    合理的かつ現実的な解釈だと感じた。

    著者が提示してくれる謎。
    人として生き、人として死んでいったイエスが何故、神になったのか。
    イエスの言葉に感化されながらも、その全てを理解し得なかった弟子たち。
    ありふれた人間、弱く脆い人間であった彼らが、
    イエスの死後、イエスを神格化し、どんな苦難にも耐えうる宣教師になることが、何故できたのか。
    聖書に『復活』と表わされるその真意とは。
    その答えを本書が答えてくれているとは、思えなかったが、とても興味深い謎であるということを気づかせてくれた。

    解説で、遠藤周作がエッセーの中で、キリスト教信仰を母から着せられた洋服であると語ったと紹介されている。
    信仰が服のようなもの、という喩え。
    愛する人から渡され、当たり前のように着ている服。
    成長するとサイズが合わなくなってしまった服。
    服の趣味が変わることだってあるだろう。
    同じ服、あるいは似た服を着続ける人もいるだろう。
    なるほど、この喩えはおもしろい。

    「西欧キリスト教」というだぶだぶの洋服を、長い年月かかって和服に仕立て上げたこの遠藤氏の作品は、キリスト教の日本文化への文化内開花の上で、まさに大きな足跡を残したものといわねばならないであろう。
    ・・・・・・・264頁「解説」より

    私もその和服がとても良くできていて、素晴らしいものだと思った。

  • イエスは他人から憎まれても他人を愛した、そんなイエスが何故十字架の上で殺されなければならなかったのか、いまだに良く分からない。不条理はこの世でよくあるということの典型だと思う。キリスト教の愛、無力、復活という考え方は初めてよく理解できた。重荷を負うているすべての人を休ませてあげる、敵を愛し恵むこと、苦しみを分かち合う、神の愛、イエスの再来等”沈黙”で書かれていたキリスト教的考えもよく分かった。日々の生活でも参考にしていきたい。

  • 自らもクリスチャンである遠藤周作氏が信仰の対象である神の子「イエス」の軌跡と歴史考察を踏まえイエスの実像に迫りその心情を捉える。

    日本人にとって宗教そのもの自体が解り難い。信仰が思想や信念に根差したものである以上、幼少期から血肉に刻み込まれないと肌感覚では掴めない。そうした点も踏まえ遠藤周作氏は日本人に向けたキリスト教観、「和装のイエス」を啓蒙するために小説という手法を用いているように思う。「イエスの生涯」を遠藤周作氏の言葉を借りて言うならば「愛に生きた人」である。即効性を求める日本人に対して「ただ寄り添うてくれる人」の存在と意義を著者は伝えようとしている、そこには自身の信仰への迷いも伴いながら。

    遠藤周作氏は、彼のこうしたカトリックの視点がノーベル文学賞候補から外れるきっかけになったらしいが、何か主張とテーマを持って書き続けるというのは作家としては正しく素晴らしい姿だと個人的に思う。

  • 西欧文化の理解のためと、「沈黙」を読んでキリスト教に興味がでたため読んでみた。
    史実と創造が合わさって事実はわからないことが多いが、丁寧に分析や推定をされていたため、キリスト教を理解する上でベースとなる知識を得ることができたと思う。2000年前の1人の出来事がこれほど世界中に影響を与えていることは他には無いだろう。

  • 文字通りイエス・キリストの生涯について聖書から導かれる客観的推論と作者独自の解釈を加えた読物。神は何故沈黙するのか、という大テーマについてイエスが歩んだ人生から彼独自の示唆を与えている。

  • 劇団四季の『ジーザス・クライスト=スーパースター』を観て、とても感動したものの話の内容がよく分からなかったのでこの本を手に取りました。
    なぜ、群衆はあんなに信じていたイエスに石を投げるまでに豹変したのか?
    この本にはとても解りやすい見解が書いてありました。
    私はクリスチャンではないし、これからもきっとなることはないでしょう。
    でもイエスという人は凄い人だって心から思いました。
    病気を治す奇跡や復活の伝説よりも、すべての人に手を差し伸べ、娼婦の悲しい瞳を理解する彼の姿に感動しました。

  • カトリックの学校に通っていたのに知らないことが多くあって勉強になった。
    ユダヤ教のこと、弟子たちのこと、イエスのこと。
    キリスト教がこれほど世界で信仰されている理由が少しわかった気がする。

  • 「基督教に無縁」の読者に向けて「東洋の一小説家」が語った、「イエスの人間的生涯」。病を癒し、死人を生き返らせ、自らも復活した、と語られるイエス・キリストの物語は、現代人には俄かに信じられるものではありませんが、本書はこれらの奇跡や不思議に対して一歩引いた視線を保ち(「現実には無力で奇跡など行えなかった」と言い切る)、手の届き体温を感じられる「人間」として、イエスの生涯を辿っていきます。
    キリスト教を全く知らない人、信じない人でも、本書を読めば、イエスという人がどのような人でどのように生き、死んだかを知り、いかに得難い人であったかを知るでしょう。弱い者、苦しむ者に寄り添って共に苦しみ、決して見棄てず、自らを裏切った者すら許し、愛を注ぐ。キリスト教のいう愛ということを、初めて理解できた気がします。
    ユダについての解釈は個人的にはあまり腑に落ちず、それに引き続く後半も、さまざまな疑問が浮かびましたが、今後の課題に。
    あまり読み易い本ではありませんが、興味のある方には是非一読をお勧めします。

  • 遠藤周作のイエス像は自分が教会で教わった、ともに歩む人というイメージと重なっていた。
    今や先代の教皇からどんどんカトリックは正しい姿に進んでいて、それは遠藤周作のキリスト教的な方向だと思う。

  • キリスト教徒でもないし、聖書はネットで調べた程度の知識のみ。
    キリスト教に興味を持ったのも、「聖☆おにいさん」きっかけ。
    なんだか敬虔なキリスト教徒に怒られそうだな…(笑)

    あくまでも遠藤周作のイエス、聖書解釈という事を頭に置きながら読み進めた。

    奇蹟物語が省かれて書かれているせいか、
    この本に書かれているイエスは、とても身近で親しみを感じる。
    キリストとなる前の、人間イエスの生涯。
    イエス自身の思いと、弟子達や民衆のイエスへの思いの違いに心が痛む。

    当時の政治背景、民衆心理、個々の立場を踏まえた上での
    遠藤さんの聖書の読み方、解き方が面白い。
    聖書って単純にそのまま読む物ではないんだ、と。
    聖書の行間、言葉に含みがあるからこそ、解釈が難しいし人それぞれ。

    何回も読み返したい。

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

イエスの生涯 (新潮文庫)のその他の作品

イエスの生涯 Kindle版 イエスの生涯 遠藤周作
イエスの生涯 単行本 イエスの生涯 遠藤周作

遠藤周作の作品

ツイートする