王妃マリーアントワネット(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.73
  • (137)
  • (193)
  • (268)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 1515
感想 : 119
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123219

作品紹介・あらすじ

美しいブロンドの髪とあどけない瞳を持つ14歳の少女が、オーストリアからフランス皇太子妃として迎えられた。少女はやがて、ヴェルサイユに咲いた華麗な花と呼ばれ、フランス最後の王妃として断頭台に消える運命にある…。フランス革命を背景に、悲劇の王妃の数奇な生涯を、貧しい少女マルグリット、サド侯爵、フェルセン、ミラボーなど多彩な人物を配して綴る、壮大な歴史ロマン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わかってはいるけれど…の一冊。

    悲劇の王妃マリーアントワネット。

    彼女の運命は嫌というほどわかってはいるけれど、やっぱりたまに会いたくなるし、悲劇を再確認したくなる。

    数々の、これからを予感させるような出来事は偶然とはいえ、彼女の心をざわつかせ、それを忘れるために繰り広げられる贅沢な時間。

    寂しさを紛らわすための時間。

    彼女の揺れる心情が手にとるように伝わってきた。

    首飾り詐欺事件を機に確実に暗雲が立ち込めてきた。

    もう少し周りを見渡せれば…もう少し早ければ…いくつものたらればが胸を打ちながら下巻へ。

  • フランス革命を扱った作品は数多くあるが、その中でも本書が優れているのは、「バスチーユ襲撃」や「国王と王妃の処刑」といった、目立つような部分でないところだ。まだ「上」しか読んでいないが、マルグリッドという最下層の少女を登場させてマリーアントワネットと対照的な位置の人間として描き、やがて二人が(間接的にだが)関係することとなる。革命の主体は「庶民」だが、その庶民を一つの動きとして捉えるだけでなく、何人もの庶民を具体的に描き、実際彼ら一人一人が何を考え、どう行動していたのか、そこにも焦点が当たっていた。

  • 輿入れから、ダイヤの首飾りの醜聞までの上巻。
    権力者がくだらない揚げ足取りでバッシングされるのは、昔も今も変わらないんだな。
    マルグリットが好んで悪党に堕ちていくのが、やりきれない。

  • 冒頭からとても読みやすい。たくさんの書籍などを参考にしているのだろうけど、そんなことにも気づかされないくらい物語の進行が滑らかで、堅苦しくなく、娯楽としてスラスラ読める。

  • 実は遠藤周作氏の作品を読むのはこれが初めて。
    割と読みやすい普通の文章なんだなという印象。
    「むつかしい」を多用。
    同じような描写を割と繰り返している。
    7割くらいのところで唐突にポリニャック夫人登場。
    上巻は首飾り事件まで。

  • 多少の膨らませは有るにしても、小説家がこんな歴史書もどきを書く意味って何なのだろう?

  • 中学生の時にベルばらにハマって以来、この時代のフランス史が好きになりました。
    ベルばらはかなりフィクション要素が強かったから、こっちの方が史実に忠実かなと思って買ってみました。

    ベルばらとか映画とか観てフランス革命までの大体の流れは知ってたから、割と読みやすかったです。
    気になったのはフェルセン伯(ベルばらだとフェルゼン伯)の性格が違うなというところです。こっちの方が史実だとしたらちょっとショックです。
    マリー・アントワネットに関しては、ベルばらの時と同じ印象でした。王妃としては幼稚だけど、生まれながらの誇り高さはすごいです。

    フィクションって分かってるけど、私はベルばらのストーリーの方が好きです。アンドレファンなので(笑)
    すぐにでも下巻読みたい!とはならないです。

  • どうしても「ベルバラ」のイメージで読んでしまっていたが、話が進むに従って、ぐいぐいこの世界に引き込まれた。読みやすい。早く下巻が読みたい!!祝!100冊目。目標達成!!

  • ただの歴史小説って感じじゃなくて、フィクションを読んでいるような感覚。
    架空の人物との対比があったりと自由な味付けのおかげか、逆にリアリティがあったりして。
    おもしろい。読み出したら止まらない。

    しっかし、初めて読んだ遠藤周作がこれっていうのも珍しいよね。
    と、我ながら。

  • ベルばら展後、実家に昔からあるこの本を手に

全119件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。1923年東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。フランス留学を経て、1955年『白い人』で第33回芥川賞受賞。1958年『海と毒薬』で新潮社文学賞・毎日出版文化賞受賞。1966年『沈黙』で谷崎潤一郎賞、1980年『侍』で野間文芸賞、1994年『深い河』で毎日芸術賞を受賞。1995年文化勲章を受章。1996年、73歳で永眠。

「2023年 『自分をどう愛するか<生活編>幸せの求め方 ~新装版~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×