悲の器 (新潮文庫 (た-13-1))

著者 :
  • 新潮社
3.45
  • (5)
  • (4)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 104
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (633ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101124018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 誰からも愛されないとか、愛されていることに気がつかないのは実に気の毒だなと思ったけど、この本はそんなこと言いたいのではないだろうな、きっと。高校時代の担任の勧めで読んだけど、読み終えるのになかなかしんどかった。

  • この主人公のようなインテリが日本の官僚の中にもいるような気がしました。ゆるぎない自信は諸刃の剣だと思います。被害者といえる二人の女性をもっと描いてほしかった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1931年生まれ。1971年に39歳で早逝。短期間に膨大な名作を遺した天才的小説家。中国文学者。『悲の器』で第1回文藝賞受賞。著書に『憂鬱なる党派』『邪宗門』『日本の悪霊』『わが解体』ほか多数。

「2017年 『我が心は石にあらず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋和巳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

悲の器 (新潮文庫 (た-13-1))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×