芽むしり仔撃ち (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.68
  • (72)
  • (105)
  • (151)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1038
感想 : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ノーベル文学賞作家、大江健三郎さんの初長編。

    難解。

    太平洋戦争末期、感化院の少年たちが疎開した先の閉ざされた山村で疫病が流行る。村民が避難をして、少年たちは束の間の自由を得て…という物語。

    感化院とは、少年犯罪者を感化(考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること)する施設。
    今の少年院みたいなものか?
    少年院の少年たちが疎開する、という状況がそもそも想像することが難しい上に、疎開先の村の村民が疫病から逃れるため少年たちを宿舎に閉じ込めたまま避難してしまう、という設定もなぁ…
    戦時ということもあるのだが、昔の人っていい加減だなぁと。

    人権なんてない。

    この本も伊坂幸太郎さんが選書した一冊。
    伊坂さんは、大江さんの小説に出会い「小説を読むとこんなにヤバい気持ちになるものなのか、と教えてもらった」と言う。

    ヤバい気持ちに浸りたい人におすすめ。

    • naonaonao16gさん
      たけさん、こんにちは!

      伊坂さん、大江健三郎さんに影響受けてるって仰ってますもんね~
      わたしも以前それで「飼育」読んでみましたが、きちんと...
      たけさん、こんにちは!

      伊坂さん、大江健三郎さんに影響受けてるって仰ってますもんね~
      わたしも以前それで「飼育」読んでみましたが、きちんとは理解できず…

      好きな作家さんの好きな作家さんなら!と思ってはみるものの、分からなかった時に複雑な気持ちになります…

      時々メンタルがヤバくなるんで、その時読んでみます(笑)
      ありがとうございます!
      2020/12/26
    • たけさん
      naonaonao16gさん、こんにちは!

      正直、よくわからない作品でした。
      理不尽なんだけど、かと言って主人公に感情移入もできず。心がど...
      naonaonao16gさん、こんにちは!

      正直、よくわからない作品でした。
      理不尽なんだけど、かと言って主人公に感情移入もできず。心がどっちつかずでした。

      メンタルヤバい時読むとどんな作用が起きるか…少し心配ではあります。気をつけてくださいね。
      2020/12/26
  • 戦争末期に集団疎開先の村で、発生した疫病を恐れて逃げ出した村人たちによって、村内に閉じ込められてしまった感化院の少年たちの一週間ほどの出来事を描いた、著者の長編第一作です。太平洋戦争末期の日本が舞台に選ばれた作品ですが、雰囲気としてはディストピア的な不吉さをもつSF小説に近いものを感じ、絶望的な状況に閉じ込められた子供たちの物語としては、『蝿の王』や後年の漫画『漂流教室』なども連想させられます。

    隔離された環境での少年たちの結束や対立をはじめとして、主人公である"僕"の幼い弟の振る舞い、疫病で死んだ母とともに残された紅一点である少女と"僕"の関係、朝鮮人集落の少年との交流、脱走兵の存在、村人たちの帰還など、盛り込まれた数々のエピソードと人物描写で、長編としては長くはないこともあって無理なく読み通すことができました。少年たちが共同体を形成する期間については、予期したより短く終わりました。

    表題の意味については「仔撃ち」は序盤、「芽むしり」は最終盤で明示されます。終り方については好みが分かれそうですが、個人的には好感を持っています。

  • ノーベル文学賞作家、大江健三郎氏の処女長編作。 ということを知らずに読みました。題名が秀逸すぎる。
    最初から最後まで「不条理」な世界です。外国文学でいえば蝿の王+かっこうの巣の上で+ペストといった印象。日本文学では、比べたくない。印象深すぎて。
    時代は世界大戦末期、主人公は感化院の少年たち。山中の村に集団疎開をするも、疫病の流行とともに村人たちに置き去りにされた挙句、強制監禁状態に。絶望的な“閉ざされた”状況にあって、疎外された少年たちが築き上げる奇妙な連帯感と、その終焉・・・といった話。
    非行暦のある主人公と、無垢な弟。男娼の少年、朝鮮人部落に生きる少年、親を亡くした唯一の少女、その他大勢の意志弱き少年たち、彼らと世界を共にすることを拒むかのような、予科練の脱走兵・・それぞれが、大人のいない世界で一定の役割を果たしています。
    純文学とかの分類はよくわからないけれど、私的日本人作家の本ベスト5には殿堂入り。

    薫る文体というのはあるもんだよなぁ、と実感しました。五感が言葉に乗せられていきます。
    読み始めてまもなく、ぶわっと見えない世界の風呂敷に覆われて、気付くと外の音が聞こえなくなっている。
    個人的には自然の描き方が豊かでうっとりしました。決して綺麗な風景ばかりではないんだけれど。
    また主人公の感情が赤裸々で、気付くと彼が歯を食いしばるときは歯軋りの音が聞こえ、彼が涙を流せばそれがうつす月明かりが見える・・という風に、「体感」を超えたシンクロ度合いが成立してました。
    なんだこの本。すごいよこの本こわいよこの本。

    最後は安い救いも希望もなく、少年たちは絶望と諦めと屈辱に身を浸すので、ああ・・・と嘆息が漏れそうになるんですが、
    世界の終わりは来ず、主人公の全力の疾走を持って幕が切れます。
    涙が乾く間もないその疾走、足の指先で土を蹴った時に奥歯に感じたであろう力、腿の緊張に、なんでか戦後の日本を感じました。舞台は戦時中だし、主人公たちにとっては戦争なんて遠い言葉なんだけれど。

    この話はフィクションであって、戦時中にこんなことが実際に起こりました、戦争ってこわいよね、といった類のものではない。
    ただ、実際に存在したであろう空気、言葉、眼差しを、作者が抽出してこねくりまわすことにより、「そのときの現実」を知らない私たちにその残り香が伝わる。その残り香と似たものを、「いま」の隙間隙間に感じるようになる。
    過去を世界の中に溶け込ませる、それも完璧な世界に・・・という、力のあるフィクション作品の一つだと思います。私は、読了後手を叩きたくなった。

    ちなみに、
    「nip the buds shoot the kids」という題名で翻訳されているそうで、アメリカでは課題図書にする高校もあるんだそう。
    英語でこの感覚は伝わるのか、興味あります。映画化したら面白いんじゃないかしらん。今のこの日本だからこそ。

  • 大江は途中めちゃ面白いくせに、結末がいつも気に食わず腹立たしい。

  • 平野謙の解説が秀逸。こういう考えのおとな=平野謙が村にはいたということ。

  • 少し読みにくい表現もあったが、登場人物の心理や人間の悪意、悲劇の描写など、圧倒的な密度に心を奪われっぱなしだった。ただ余りに救いが無く、読んで悲しい気持ちしか残らなかったので星4。

  • 大江健三郎作品は短編以外では初でした。大江健三郎さんの文章を読んで自信を無くし小説を書くのを諦めた人も多いと言う話を聞きました。
    少し回りくどく慣れるのに時間がかかったのですが、慣れてしまうと、こんな事まで文章で表現出来てしまうんだと驚きます。
    自然の描写、人間の心の動き、複数の人間の間に流れる空気の変化など。
    動物の死骸の描写や、戦時中の貧しい人達の見窄らしさ、惨めさが内面も含めて、とても細やかに描写されており、何だか堪らなくなりました。
    始終陰鬱な雰囲気に包まれた話ですがそれだけでは終わらないよい意味での裏切りもかい見えて読後感は予想よりは悪くなかったです。
    第二次世界大戦終結直前の山村が舞台との事ですが、どことなく架空の世界のような雰囲気が漂っていることに関してはあとがきを読んで腑に落ちました。

  • 太平洋戦争末期の感化院の集団疎開のお話。もちろんこれは小説で、本当にこんな世界があったとは思いたくはないが、情景描写が生々しく、ノンフィクションとしてさせ感じられた。孤立は自由を与えてくれるが、不安や恐怖がその大半を占めていると感じた。ただ、孤立の不安や恐怖を乗り越えてとった行動によって、新しい世界が広がるように思えた。

  • 集団疎開である村落にきた感化院の少年達の話。
    戦後の貧しい暮らし、自然を擬態化した文章が生々しく、リアルに景色を捉えた作品となっている。

    感化院の少年達が疫病の流行る村の中に閉じ込められた時の怒り、自活していく壮絶な生死の境目を語った、力強い筆力が魅力的だ。美的感覚的に言えば美しいとは言えない内容だと思うが、生きる為に奔走する主人公の前向きな主張が現れている作品となっている。

    ある意味世の中の風情を描いているような感じもした。昨今の小説では主人公ありきで進んで歩く物語が多い。しかしこの物語では世の中とは残酷な人間達が多く存在し、理不尽な犠牲が多く存在する事を生々しく書いたことに意味がある。残酷な事に流されてしまうのか、理不尽なことに屈する事なく正義を内に秘め、貫き通した主人公は物語の中では誰にも助けられやしない。

    しかし、そこに未来への糸口が隠されていると教えられたようであった。

    文章が下の内容が多く、読み進めるのが少し困難だった為に評価は3

  • 想像の世界を実に現実的に感じるのは、自然描写といい、心象表現といい、卓越した筆力にあるようだ。20代での作品というのも驚かされる。「擬する」を銃を突きつけるという意味でさらっと使う人はあまりいないんじゃないか。2020.8.13

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大江健三郎(おおえけんざぶろう)
1935年1月、愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)に生まれる。東京大学フランス文学科在学中の1957年に「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を受賞する。さらに在学中の58年、当時最年少の23歳で「飼育」にて芥川賞、64年『個人的な体験』で新潮文学賞、67年『万延元年のフットボール』で谷崎賞、73年『洪水はわが魂におよび』で野間文芸賞、83年『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛賞、84年「河馬に噛まれる」で川端賞、90年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞。94年には、「詩的な力によって想像的な世界を創りだした。そこでは人生と神話が渾然一体となり、現代の人間の窮状を描いて読者の心をかき乱すような情景が形作られている」という理由でノーベル文学賞を受賞した。

「2019年 『大江健三郎全小説 第13巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大江健三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部公房
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
村上 春樹
三島由紀夫
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

芽むしり仔撃ち (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×