遅れてきた青年 (新潮文庫)

著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1968年11月27日発売)
3.32
  • (5)
  • (14)
  • (48)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126050

遅れてきた青年 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 躊躇いを振り切っての再読。初期大江に付き物の挫折感が汚辱まみれに涌出、非常に痛みを伴う小説。自慰にふけり排泄された塵芥から立ち上る臭気に耐え、グロテスクなエゴイズムと向き合うには相当の覚悟がいる。少しでも共感したらアウト、共に苦しみを味わうしかない。大江はこの小説で戦いを挑み、そして糾弾されたであろう。付け入る隙だらけだ。生身のまま無防備にさらけ出す危うさ、そういう大江を私は愛する。終戦の当時の著者の心情が投影されており大江を知るには外せない一冊だが、自選の全集からも外されているし、文庫も絶版なのが残念。

  • 10年ぶりくらいに再読。以降の長い作家生活の中での作品を思うと、これは初期の総括と言える作品かもしれない。政治的と対比させた大江健三郎の性的な、負け犬的なモチーフが些か中二病的な趣きを讃えながら、漲っている。

  • 再読。作中にも一瞬顔を出すジュリアン・ソレルを下敷きに、そしてまた『芽むしり仔撃ち』の面影をも揺曳させつつ、逆説的に語られる「わたし」の自叙伝。「すでにわたしはいかなる人間の情熱をかきたてるヒーローでもなく、いかなる世代の証人でもない。わたしは、あなたとおなじだ。」―こうして閉じられるエンディングはまことに寂寥感に満ちている。大江自身にとって、それは同時に60年安保の敗北と終焉でもあったのだから。この作品は、ここでもレビューがそれほど多くはない。もはや、熱い共感を呼ぶことはないのだろうか。

  • 人間が自分の運命的な出自に対して、どこまで抗えるかの挑戦を描いた作品。

    戦後期という混乱の時代だからこそ成しえた生き様は、只々鮮烈。

  • 青年の純粋さが突き抜け過ぎていて狂気でした。
    みんな狂気。

    こういう本を定期的に読まないと、気が済みません。

    13.03.16

  • (1971.02.04読了)(1971.01.07購入)
    内容紹介
    地方の山村に生れ育ち、陛下の勇敢な兵士として死ぬはずの戦争に、遅れてしまった青年。戦後世代共通の体験を描いた半自伝的小説。

  • 04012

    02/12

    戦争の終結と少年の性の目覚めが同時に起きる序章から、エロスとロゴスの対立というテーマが暗示され、後に政治的人間として生きるか、性的人間として生きるかの葛藤につながっていく。

  • カルトっすわー

  • エリートはNOを言わない

  • 文学小説の面白さって共感と、更なる発見だとおもうんだけど、この本にはそれが詰まってた。
    普通の大人はもう忘れてしまっているような、幼少期に感じた懐かしい記憶を忘れずに持ちつづけているという事も、作家にとって大切な要素だと思うけれど、そんな懐かしい記憶を呼び起こし、共感、更なる発見もさせてもらえて充実、満足。
    内容的に時代はまるで過去のものになってしまってはいるけれど、無理なく現代に、自分自身に置き換えて読む事が出来た。

全16件中 1 - 10件を表示

遅れてきた青年 (新潮文庫)のその他の作品

遅れてきた青年(新潮文庫) Kindle版 遅れてきた青年(新潮文庫) 大江健三郎

大江健三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
安部 公房
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

遅れてきた青年 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする