洪水はわが魂に及び (上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (11)
  • (16)
  • (29)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 167
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1973年の作品。勇魚とジン2人だけの核シェルターでの閉塞した生活は、自由航海団の行動に巻き込まれて行く。もちろん、その背景には前年1972年の連合赤軍による浅間山荘事件が色濃く影を落としていた。凋密な大江の文体は、その世界に入り込みにくいが、自由航海団の運動体としてのエネルギーは、ねじ曲がりながらも次第に勢いを増していくようだ。下巻ではジンの存在が救いになるのだろうか。

  • 感想は下巻でー。

  • 100204(m 100509)

  • ジャンルの垣根を越えた作品。人間の神秘的なものがわかる

  • 03.7.8

  • ジンかわええなー。

    もうこの人の作品については、言葉がありません。毎回思うけど、本当に無い。すごすぎる。そしてタイトルが格好良すぎる。

    09.06.18

  • 74年4刷本 挫折上巻のみ

  • [05][08.01.31]タイトルがうつくしい。出典があるのかな。

  • 世界観が凄い!

  • 大江健三郎直感買

全14件中 1 - 10件を表示

洪水はわが魂に及び (上) (新潮文庫)のその他の作品

大江健三郎の作品

洪水はわが魂に及び (上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする