源氏物語 1 (新潮文庫 え 2-16)

著者 :
制作 : 円地 文子 
  • 新潮社
3.44
  • (6)
  • (12)
  • (19)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 112
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101127163

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 円地文子 訳 「 源氏物語 」昭和63年刷 1/5 桐壺〜花散里

    源氏物語は 時代をそのまま保存した 時代小説だと感じた。その時代の美(女性的美、風流な言葉や自然、仏性や生命の永遠性など)を 保存している

    1巻は 葵上と六条御息所の車争い、帚木の女性論、源氏と藤壺の密事、六条御息所と斎宮が伊勢へ など


    女性
    *葵の上は 葵で夕霧を生む→死
    *空蝉は 帚木で登場→夕顔で伊予へ
    *六条御息所は 夕顔で登場→賢木で伊勢へ
    *藤壺は 若紫で登場→紅葉賀で冷泉帝を生む→賢木で出家
    *紫の上は 若紫で登場→葵で結婚

    歌の意味
    *帚木(ははきぎ)=近づくと見えなくなる
    *空蝉=蝉が殻を脱ぐように
    *夕顔=夕霧に花が開くように顔を見せる

    年立
    *桐壺〜更衣の病死→更衣母の死→源氏 葵上と結婚
    *帚木〜品定め
    *空蝉〜夕顔の死→伊予へ
    *若紫〜源氏 病気し北山へ→藤壺と
    *末摘花〜末摘花と
    *紅葉賀〜藤壺が冷泉院を生む
    *花宴〜右大臣家で花の宴
    *葵〜葵上と六条御息所の車争い→葵上が夕霧を生み死ぬ→紫上と
    賢木〜六条御息所と斎宮が伊勢へ→桐壺院の死→藤壺 出家→朧月夜と
    花散里〜源氏が花散里へ


    各帖のタイトルの入った歌がキーポイント
    帚木「そこにあるかと近づくと見えなくなる帚木のように あなたの心をつかむことができない〜」
    空蝉「蝉が殻を脱ぐように着物だけ残していった〜」
    夕顔「白露の光を添えた夕顔の花にもまがう姿〜」

  • 高校時代に読んで、そこから何度も読み返している作品。現代の言葉であるのに、当時の文を読んでいるかのような、美しい文章。また、ゆっくり読みたいです。

  • 2018年4月12日紹介されました!

  • 今までいくつか源氏物語を読んだが、今回は円地文子現代語訳のものを。
    今まで読んだ谷崎潤一郎、角川ソフィアの玉上琢弥訳、講談社学術文庫の今泉忠義訳、これらとどのような違いがあるか楽しみだ。

  • 30年ぶり!に読む円地源氏。
    こんなに形容詞が多かったか、こんなにセンテンスが長かったかと改めてびっくり。
    30年前にはまったく分からなかったけど、ここは訳者の超意訳部分だなと見当がつく部分があって、自分も大人になったんだなと思います。
    しかし固有名詞のない物語って、大変。「女君は」とか「上は」とか「宮は」とか書かれているのが誰のことか、常に意識してなきゃなりません。
    ああ、しんど。

  • 一度きちんと源氏物語を読みたくて、あまたある中から円地文子さんの現代語訳に挑戦。それでも、やっぱりむずかしい・・・。1000年以上がたってもなお愛され続ける物語。原文で読みたい・・・なんて野望はすぐに打ち砕かれます。

  • 全巻読みたい

  • 出版社/著者からの内容紹介
    国語学者の中でも、特に言語感覚が鋭敏だった訳者による『源氏物語』第二巻。十七歳になった光源氏は、「心あてにそれかとぞ見る白露の光添へたる夕顔の花」の女主人の、その名の象徴するような死に遇い、そこはかとなき人の世の無常を感じ、心労のあまり熱病にかかったが、その加持のために北山に出向き、「手に摘みていつしかも見む紫の根に通ひける野辺の若草」の少女に最愛の女藤壺の面影を見た源氏は、本邸に迎え取って養育する。

    著者紹介
    1900年愛知県生まれ。1923年國學院大学文学部卒業。國學院大学名誉教授。文学博士。主著『国語発達史大要』『国語史概説』『現代語の性格』『日葡辞書の研究』『徒然草-附現代語訳』『源氏物語-本文編-』(共編)外多数。1976年没。

    円地文子訳『源氏物語』(レビュー前)

  • さらさらした品のある語り口で読みやすいです。おもしろい。

  • 好きとか嫌いとか 恋とか愛とか・・
    時代を超えて語り継ぐ(きっと永遠に)
    なんて人間って愚かで愛しい生き物なのでしょうか!

    1000年位前に書かれた小説なのに、恋愛についてのあれやこれやはあんまり変わらないというか・・時空を超えた錯覚を覚えます。
    でも確実に失われつつあるなー、風情とかもののあはれとか。

    選書:川島

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平安時代の作家、歌人。一条天皇の中宮、彰子に仕えながら、1007~1008年頃に『源氏物語』を完成されたとされる。他の作品として『紫式部日記』『紫式部集』などが残っている。

「2018年 『源氏物語 姫君、若紫の語るお話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紫式部の作品

源氏物語 1 (新潮文庫 え 2-16)を本棚に登録しているひと

ツイートする