源氏物語 5 (新潮文庫 え 2-20)

著者 :
制作 : 円地 文子 
  • 新潮社
3.64
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101127200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全6巻
    内容(「BOOK」データベースより)
    「竹河」から「宿木」にいたる6篇を収める。いよいよ宇治十帖に入ったわけである。薫は自分の愛を斥けて淋しく死んだ八宮の姉姫君に対する慕情にさいなまれる。その思い出ゆえに妹姫君に思いをかけもした。そんな彼の前に一人の女性が現われた。浮舟である。

    出版社/著者からの内容紹介
    国語学者の中でも、特に言語感覚が鋭敏だった訳者による『源氏物語』第二巻。十七歳になった光源氏は、「心あてにそれかとぞ見る白露の光添へたる夕顔の花」の女主人の、その名の象徴するような死に遇い、そこはかとなき人の世の無常を感じ、心労のあまり熱病にかかったが、その加持のために北山に出向き、「手に摘みていつしかも見む紫の根に通ひける野辺の若草」の少女に最愛の女藤壺の面影を見た源氏は、本邸に迎え取って養育する。

    著者紹介
    1900年愛知県生まれ。1923年國學院大学文学部卒業。國學院大学名誉教授。文学博士。主著『国語発達史大要』『国語史概説』『現代語の性格』『日葡辞書の研究』『徒然草-附現代語訳』『源氏物語-本文編-』(共編)外多数。1976年没。

    円地文子訳『源氏物語』(レビュー前)

  • 全6巻まとめ買い。まだ読んでません。

  • 光源氏が亡くなったあとのお話。最初の3帖は周りの人々のその後。そしていよいよ宇治十帖。薫はやっぱダメですねぇ。夕霧とかなり似た感じ?

全3件中 1 - 3件を表示

源氏物語 5 (新潮文庫 え 2-20)のその他の作品

紫式部の作品

ツイートする