パニック・裸の王様 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (52)
  • (91)
  • (142)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 864
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101128016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっと気になっていた作者の、有名な小説を読んだ。

    「パニック」「巨人と玩具」「裸の王様」「流亡記」の4編あり、僕はタイトルとなっているパニックと裸の王様が印象に残った。
    流亡記はちょっと描写がグロかった。

    パニックは、役人機構の腐敗をうまく表しているが、それがメインではなく、ネズミの群れがもはや一つの巨大な物体となり、台風のように人を襲い、それが湖へ消滅していく圧巻を描いている。

    裸の王様は、審美眼を持った「大人」たちの目には映らない、というよりむしろいかに我々がなにも見ていないかを表している。
    いや、知らんがな。感想が陳腐だ。これこそ裸の王様の家来になった人の感想だ。

  • 開高健氏の代表作『ベトナム戦記』『輝ける闇』と続けて読んだが、それらとは違う、芥川賞作家としての開高健がここにあった。『パニック』『裸の王様』『流亡記』、いずれも甲乙つけ難い珠玉の作品だが、自然現象と厭らしい人間模様を描いた『パニック』と、始皇帝を題材として人間の残酷さと時代の流々転々を描いた『流亡記』が面白かった。

  • 懐かしくて手に取り、「パニック」だけ読んだ。
    高校時代以来か。
    あの頃には分からなかった役人、というか大人の嫌な世界が、実感を伴って感じられた。が、それ以上に自然の前では無力化な人間の姿を描いた作者に思いを馳せられる作品。
    残りの作品も読もう。

  • 開高健はメジャーであるが誰もが読む作品ではない、少なくとも高校や中学の教科書には載らない。学校が求める(従順さを基礎とした)道徳とは折り合いがつかないし、多くの作品が(教育委員会の基準では)大人向けに書かれているのは間違いない。

    ある種の暑苦しさは否めないが、一気に作品に引きずり込む高橋源一郎や内田樹の言うところのドライブ力から言えば(彼らの絶賛する)村上春樹のそれとはまったく比較にならない。
    私が高校の教師なら、国語の授業でつまんなそうにしているやつに読ませる、そのうち三人に一人は「悪くねぇじゃん」と思うでしょう。開高健が憧れていたであろうヘミングウェイの英語は良いお手本とされるがそれとは少し違う。ヘミングウェイは優等生の課題図書としてアメリカの高校生が読まされるが、開高健はちょっと意地を張ってグデンとしている生徒にそれとなく読むように仕向けることはあっても、ハイ皆さんこれを読んできてくださいということはない。
    ただ、受験まっしぐらの高校3年生が開高健のパンチをどう受け止めるのかちょっと興味はある。
    (私は高校生のときに開高健を読んでいたと思うが、受験まっしぐらでもなければ、国語の授業で詰まらなさそうにしていたこともなかったと思う。教科書の間に文庫本はさんで読んでたけど。)

  • 開高健 なるほどの再会
    再読してみて、筆力に脱帽。
    裸の王様」裸だったのはだれか。2重にも3重にも読み取れる。そして太郎の存在。
    パニック 漫画で見たが、原作の迫力。最後レミングみたい川で全滅にしなければならないか。他の結末を期待したけれども、そこが肩透かし。人類の滅亡を暗示?

  • 文章力がまずすごい。星新一のようなショートショートだろうと思って、読み始めたのが悪かった。内容が濃いし、1つの文章に含まれる情報量が多くて、なかなかページが進まない。しかもわたしが苦手とする趣向の小説だった。

    「パニック」は最初だけにしっかり読んだ。それが良くなかった。特にそのネガティヴさ、動物の死を残酷に恐ろしく描写し、猜疑心溢れる主人公含める登場人物、人の醜さや汚れた部分しか描かれていない。終わってみるとネズミ問題はあまり印象に残っていない。よくここまで人を醜く書けるなと、読んでいてモヤモヤした。それほど病的な何かを感じた作品。著者は何かの問題でも抱えていたのだろうか。もしくはこれが昭和ならではの暗さなのか。。

    「巨人と玩具」はあまり印象がない。最初は奇妙な少女が出てきて、少しだけ挽回を期待して読んだけど、途中の他社との競争と展開や、売り上げの浮き沈みとその細かい説明が単調で長くて飛ばし読み。最後、京子はなぜトイレでうなだれていたのだろう?自殺したかった主人公と、狂ってしまった合田。淡々と進んでいくので、終始物語の内容を理解するだけで、盛り上がりにかけた。

    「裸の王様」最後のオチがイヤラシイ。四作のなかでは読みやすくてまともだったのに、自意識過剰な終わり方で評価がぐんと下がった。憎悪とか、ハメてやり返すとか、いい気味とか、、話のクライマックスと思われるラストに、こんな程度の低い思考や言動で終わるのは、あまりにも低俗すぎて落胆した。そこは高みの見物で良かったのでは?

    「流亡記」一番良かった。ある小さな村の外壁の話から、どんどん広がり、万里の長城へ飛躍し、そのスケールの大きさや知識、想像力が著者の器量を表している。もちろん悲劇的で容赦無し、常に人が死に殺され希望が無いストーリーだが、それこそ実際にあっただろう歴史を元に、想像され生き生きと描かれていて、著者の文章力の高さに感嘆。憎悪や人間の醜い部分もぜんぶひっくるめ、淡々と事実だけを綴ったのが良かった。

  • 開高健 短編集。「裸の王様」「パニック」は 読みやすく、モチーフの本来の意味 と 小説のテーマを リンクさせた構成が 面白い。「なまけもの」「流亡記」は 落ちていく人生 という感じ

    「 裸の王様 」アンデルセン「裸の王様」をモチーフに
    *権力の虚栄と愚劣
    *主人公 太郎の子供らしい感情の回復(鋳型の破壊)
    を描いた短編

    「 パニック 」ネズミの大群によるパニックをモチーフに
    *ネズミの大群が持つ 巨大で 妄信的なエネルギー
    *官僚組織(人間の群れ)が持つ 腐敗体質
    を描いた短編

  • パニック・裸の王様。開高健先生の著書。優れた小説、優れた作品は時が経っても決して色褪せないことが分かる不朽の名作です。社会の不条理や理不尽な権力者に対する反抗心を感じさせる内容で、心が揺さぶられます。

  • はじめての開高健。全4作共通して主人公が優秀なせいか、読んでて安心感があるというかストーリーの乱高下にモニターが振り回されないで済むので、終始落ち着いて食い入るように読めた。裸の王様を読んでスカッとしたし、逃亡記を読んで鬱屈としたけどつまりは、誰もがそうだと頷くようなあるべき理想を愚直に追い求めることは本来当たり前なのに、それがどういうわけか実社会ではとても困難なものになってしまう、その虚しさと不条理さを開高健は描きたかったのかな邪推。

    他のも読んで考えてみよう。

  • 審美眼というのは権威に左右されがちであるが、この作品ではまさにその点を表題と重ね合わせて見事に描いている。そこに至る主人公と少年の関係が時を経て徐々に変化していく様や少年を取り囲む家族関係をうまく描く事での伏線も素晴らしく著者の力量の確かさがすでに表れている。

全94件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

開高 健(かいこう たけし、かいこう けん)
1930年12月30日 - 1989年12月9日
大阪府、天王寺区生まれの小説家。大阪市立大学法文学部法学科在学中、同人誌活動を始める。洋書輸入商、壽屋(現・サントリー)宣伝部を経て、作家活動を開始。
1958年、『裸の王様』で芥川賞、1968年『輝ける闇』で毎日出版文化賞、1979年『玉、砕ける』で川端康成文学賞、1981年菊池寛賞、1987年『耳の物語』で日本文学大賞をそれぞれ受賞。ほか、主な著書に『日本三文オペラ』『夏の闇』『私の釣魚大全』『人とこの世界』などがある。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)のその他の作品

開高健の作品

パニック・裸の王様 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする