パニック・裸の王様 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (52)
  • (91)
  • (142)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 866
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101128016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文章力がまずすごい。星新一のようなショートショートだろうと思って、読み始めたのが悪かった。内容が濃いし、1つの文章に含まれる情報量が多くて、なかなかページが進まない。しかもわたしが苦手とする趣向の小説だった。

    「パニック」は最初だけにしっかり読んだ。それが良くなかった。特にそのネガティヴさ、動物の死を残酷に恐ろしく描写し、猜疑心溢れる主人公含める登場人物、人の醜さや汚れた部分しか描かれていない。終わってみるとネズミ問題はあまり印象に残っていない。よくここまで人を醜く書けるなと、読んでいてモヤモヤした。それほど病的な何かを感じた作品。著者は何かの問題でも抱えていたのだろうか。もしくはこれが昭和ならではの暗さなのか。。

    「巨人と玩具」はあまり印象がない。最初は奇妙な少女が出てきて、少しだけ挽回を期待して読んだけど、途中の他社との競争と展開や、売り上げの浮き沈みとその細かい説明が単調で長くて飛ばし読み。最後、京子はなぜトイレでうなだれていたのだろう?自殺したかった主人公と、狂ってしまった合田。淡々と進んでいくので、終始物語の内容を理解するだけで、盛り上がりにかけた。

    「裸の王様」最後のオチがイヤラシイ。四作のなかでは読みやすくてまともだったのに、自意識過剰な終わり方で評価がぐんと下がった。憎悪とか、ハメてやり返すとか、いい気味とか、、話のクライマックスと思われるラストに、こんな程度の低い思考や言動で終わるのは、あまりにも低俗すぎて落胆した。そこは高みの見物で良かったのでは?

    「流亡記」一番良かった。ある小さな村の外壁の話から、どんどん広がり、万里の長城へ飛躍し、そのスケールの大きさや知識、想像力が著者の器量を表している。もちろん悲劇的で容赦無し、常に人が死に殺され希望が無いストーリーだが、それこそ実際にあっただろう歴史を元に、想像され生き生きと描かれていて、著者の文章力の高さに感嘆。憎悪や人間の醜い部分もぜんぶひっくるめ、淡々と事実だけを綴ったのが良かった。

  • 大学の課題で読んだがあまり覚えていない。ネズミが増えるんだっけ?

  • ねずみの話が強烈

著者プロフィール

開高 健(かいこう たけし、かいこう けん)
1930年12月30日 - 1989年12月9日
大阪府、天王寺区生まれの小説家。大阪市立大学法文学部法学科在学中、同人誌活動を始める。洋書輸入商、壽屋(現・サントリー)宣伝部を経て、作家活動を開始。
1958年、『裸の王様』で芥川賞、1968年『輝ける闇』で毎日出版文化賞、1979年『玉、砕ける』で川端康成文学賞、1981年菊池寛賞、1987年『耳の物語』で日本文学大賞をそれぞれ受賞。ほか、主な著書に『日本三文オペラ』『夏の闇』『私の釣魚大全』『人とこの世界』などがある。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)のその他の作品

開高健の作品

ツイートする