パニック・裸の王様 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (52)
  • (91)
  • (142)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 866
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101128016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっと気になっていた作者の、有名な小説を読んだ。

    「パニック」「巨人と玩具」「裸の王様」「流亡記」の4編あり、僕はタイトルとなっているパニックと裸の王様が印象に残った。
    流亡記はちょっと描写がグロかった。

    パニックは、役人機構の腐敗をうまく表しているが、それがメインではなく、ネズミの群れがもはや一つの巨大な物体となり、台風のように人を襲い、それが湖へ消滅していく圧巻を描いている。

    裸の王様は、審美眼を持った「大人」たちの目には映らない、というよりむしろいかに我々がなにも見ていないかを表している。
    いや、知らんがな。感想が陳腐だ。これこそ裸の王様の家来になった人の感想だ。

  • 開高健氏の代表作『ベトナム戦記』『輝ける闇』と続けて読んだが、それらとは違う、芥川賞作家としての開高健がここにあった。『パニック』『裸の王様』『流亡記』、いずれも甲乙つけ難い珠玉の作品だが、自然現象と厭らしい人間模様を描いた『パニック』と、始皇帝を題材として人間の残酷さと時代の流々転々を描いた『流亡記』が面白かった。

  • 懐かしくて手に取り、「パニック」だけ読んだ。
    高校時代以来か。
    あの頃には分からなかった役人、というか大人の嫌な世界が、実感を伴って感じられた。が、それ以上に自然の前では無力化な人間の姿を描いた作者に思いを馳せられる作品。
    残りの作品も読もう。

  • 開高健 なるほどの再会
    再読してみて、筆力に脱帽。
    裸の王様」裸だったのはだれか。2重にも3重にも読み取れる。そして太郎の存在。
    パニック 漫画で見たが、原作の迫力。最後レミングみたい川で全滅にしなければならないか。他の結末を期待したけれども、そこが肩透かし。人類の滅亡を暗示?

  • 第38回芥川賞で、大江健三郎の「死者の奢り」と争って受賞した「裸の王様」を含む4つの作品が掲載されている。

    「パニック」…街に大繁殖したネズミ駆除を行う役所
    「裸の王様」…子供の絵画コンクールを巡る関係者の駆け引き

    など、扱っている題材はそれぞれ異なるが、
    どれも「組織」「体制」の中で、無力さを感じ葛藤しながらも一人奮闘する個人を描いている。

    どの主人公もまっすぐな熱血漢ではなく、自己中心的な心情を見せたり、他人の行動を冷ややかに観察し批判したり、?と思うところはあったが、同じ社会人として、「組織」の中で生き抜くには、一筋縄ではいかないこともあるのだよ、と同感する部分は多かった。

  • 初めて読んだ。
    面白い。
    短編集ですが、どの話も、
    人として生きていく上で、
    抗うことの出来ない矛盾のようなものが
    あってとても良い。

  • 短編4本。パニックの主人公の葛藤、裸の王様の子供を見る視線、共に面白かったです。

  • 開高健さんの情熱やパワーが詰まっていて、それに圧倒されました。文字に力強さがあって、のめり込むように読みました。
    パニックは、自然に対する人間の無力さが現れていて、最近の震災や原発の問題とかぶるところがありました。考えさせられる作品でしたね。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #開高健
    #パニック #裸の王様
    #2016年49冊目

  • 特にパニック、裸の王様は寓話的で面白かった。

  • 『裸の王様』の、太郎の純粋な体温への愛情とでもいうのでしょうか、それが描かれている部分が最も素晴らしかったです。開高健作品には現代社会を風刺するようなものが多いですが、いちばん心を注いで書かれているのはこういう“体温”的な部分ではないかと私は思っていますし、その熱さやぬるさや冷たさを感じたくて私は開高健作品を読むのだろうとも思います。

著者プロフィール

開高 健(かいこう たけし、かいこう けん)
1930年12月30日 - 1989年12月9日
大阪府、天王寺区生まれの小説家。大阪市立大学法文学部法学科在学中、同人誌活動を始める。洋書輸入商、壽屋(現・サントリー)宣伝部を経て、作家活動を開始。
1958年、『裸の王様』で芥川賞、1968年『輝ける闇』で毎日出版文化賞、1979年『玉、砕ける』で川端康成文学賞、1981年菊池寛賞、1987年『耳の物語』で日本文学大賞をそれぞれ受賞。ほか、主な著書に『日本三文オペラ』『夏の闇』『私の釣魚大全』『人とこの世界』などがある。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)のその他の作品

開高健の作品

ツイートする