高みの見物 (新潮文庫)

  • 42人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (3)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 北杜夫
  • 新潮社 (1972年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131092

高みの見物 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北さん、大好き。インテリなGという発想でちゃんとした話を書ける力量よ。

  •  『ぼくのおじさん』のおじさんがここにも登場。設定は違いますが、居候エピソードや下手な詩のくだりなど共通です。
     主人公はなんとゴキブリ。高尚な。
     最後の井上ひさしの解説も面白い。

  •  久しぶりに北さんの作品を読みました。 非常に面白かった。もっと読みたいと思ったものな。

  • 走る黒ダイヤこと、G先生が主人公のお話。

    猫ならぬG(超インテリ)の目から見た庶民の暮らしが、傍観者目線でとつとつと描かれていて、面白いなぁ、と。
    ダストのおでんのはねっかえり具合も中々可愛いんだけど、どこかペーソス溢れており、ついつい肩入れしちゃう。Gだけどね。

  • 読んだはずなのに記憶の彼方へ。

  • 主人公はG。しかもインテリ。

    人間にくっついて旅をするGの話。

    始終クールに人間を見つめるG。
    なにか波乱が起きるわけではないところがリアルな雰囲気をかもしだしてる。
    ちょっとだけGの嫌い度が下がった。0.1ミクロンくらい。

  • 古本屋で購入しました。

    いやあ、ちょうど読み終わった後に主人公の属する所の昆虫がウロウロしていて運命を感じました。とは言え、私が見つけたのでは無く家人が見つけたので踏みつぶされてましたが…。
    合掌。

    面白かったです。

全8件中 1 - 8件を表示

高みの見物 (新潮文庫)のその他の作品

高みの見物 Kindle版 高みの見物 北杜夫

北杜夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

高みの見物 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする