マンボウ周遊券 (新潮文庫 き 4-21)

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シカゴから成田へ向かうANA11便の機内で読了。
    この本のタイトルは「周遊券」なのに「周遊記」とかいてしまい「周勇気」などというへんてこな漢字変換に悩まされたりする。
    まづブクログとか読書メタで探すときに一回。
    そして読み終わってこうやっていそいそと飛行機の機内で感想らしきものを書いたりするときにもう一回。

    それにしても今朝はあせった。朝5時にはホテルへ呼んだタクシーでナシュビル空港へ出発するつもりであったのに,ケータイの目覚ましが鳴ったのは,なんと6時。(前夜4時半にはセットしたのだけれど,これわ曜日設定をミスっていて鳴らなかった。で鳴ったのは月~金にセットしている通常の仕事の起床時間の6:00・・・)
    わたしは,ナシュビル空港7:00発のUnited Airlines便でシカゴへ移動するeチケットを持っていた。
    その便で行ってシカゴでのトランジト時間はおよそ2時間。
    ああぁ,あの大きな空港では予定していたNH11便にはたぶんもう間に合わないだろう。

    しかしどうしても翌々日の東京での会議に出席しなければならないので,もう今日中に日本へ出発する便ならUS空軍の飛行機でも乗るぞ・・・とまでは思わなかったが,どこの航空会社でもいいや,と決心してあらためて呼んだタクシで6時半にホテルを出発。

    そしてナシュビル空港UAのカウターで「ミスドフライト・・・」などとドナツ屋さんみたいな下手糞英語で説明すると,相手の黒人おねぇさんは少しもあわてずに,しばしキボードをたたいてからすっとチケットを渡してくれた。
    なんと7:50発でUAのシカゴ行き次便があって,それで行けば十分間に合う,という事らしい。
    あと10分で搭乗時刻だから急げ,とついでに言われたわたしはあわててゲートの方へ足早に歩き出した。

    頭のなかは,え?そうなの???状態のままで手荷物検査を通過してゲートへ。
    ちょうど搭乗が始まった時で一切の待ち時間なしで乗り込めた。
    なぁんだ,最初からこの便で間に合ったんだ。
    それを,近畿ツリストのいつものおねいさんは,念のため?一個早い予定をわたしにくれたのだ。
    うーむ,彼女はわたしが今朝寝坊することを知っていのだ。たぶん・・・。

    というわけで(どういうわけだ?)ソ連とマダカスカルとヨロッパ諸国を旅する北杜夫のエッセイでありまする。
    でもどうも自分のことは余り書いてはいなく,同行した星新一や遠藤周作のことばかりを描いてある。
    でもおもしろいからそれでいいのでした。

    また日記になってしまった。すまぬ。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1927年東京都生まれ。54年、『幽霊』を自費出版。60年、『どくとるマンボウ航海記』が大ベストセラーとなりシリーズ化し、作家に転身。同年、『夜と霧の隅で』で芥川賞、64年、『楡家の人びと』で毎日出版文化賞を受賞。著書に『さびしい王様』『輝ける碧き空の下で』などがある。

マンボウ周遊券 (新潮文庫 き 4-21)のその他の作品

マンボウ周遊券 Kindle版 マンボウ周遊券 北杜夫

北杜夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする