マンボウの素人乗馬読本 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131405

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 技術的に優れていないとマンボウ殿は言われるが、長年の乗馬体験は一言一言、思い当たる節がたくさんある。スポーツのようで何か違う。そして動物としての接し方で違う世界が生まれる。ある時は畜生で、ある時はペット、そしてある時は夢を兼ねる同士。それを感じさせるのは馬。今でも、つらい時、痛い時を我慢するとき、乗馬中、特に踏歩変換の瞬間を思い出し、乗り切ってきた。マンボウ先生ありがとう。そしてご冥福をお祈りします。

  • 乗馬って実はもっと手軽なものなんじゃないか、と思えます。
    乗馬クラブに入会する前に読んでしまうと、高い入会金を払うのが悔しくなりそうですが。
    肩にチカラが入っちゃってる乗馬初心者が読むと、チカラを抜くのに役立ちそうです。

全3件中 1 - 3件を表示

北杜夫の作品

ツイートする