怪盗ジバコの復活 (新潮文庫)

著者 : 北杜夫
  • 新潮社 (1992年12月発売)
3.22
  • (4)
  • (3)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131450

作品紹介

あの心優しい大怪盗ジバコが帰ってきた。謎多き男、年齢不詳、国籍不明etc.その正体を誰も知らない。南海のヤシの実10個から大国の金の延べ棒、宝石の数々を難なく頂戴する。だがジバコの変装をいとも簡単に見破るひとがいる。その名はジバコの愛しい恋人ルネ嬢。今や巨大組織を解散したジバコが彼女のために世界の名探偵=コロンボ、ポアロ、ホームズらを相手に奇抜な挑戦をする。

怪盗ジバコの復活 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 謎多き男、年齢不詳、国籍不明の怪盗ジバコが活躍する短編集です。
    ジバコは南海のヤシの実10個から大国の金の延べ棒、宝石の数々等を難なく盗みます。
    今や巨大組織を解散したジバコがジバコの変装をいとも簡単に見破る唯一の人間である恋人のルネ嬢の為に世界の名探偵、コロンボ、ポアロ、ホームズ等を相手に奇抜な挑戦をします。
    ホームズが好きなのでこの本を読んでみたのですが、全ての話を楽しむ事が出来ました。
    面白かったです。

  • タイムスリップしてホームズと対決する話が1番おもしろかった

  • いわゆる続編物。
    前作とは違い今回は世界の名だたる探偵たちとの戦いを描く。
    面白くてユーモアに富んでいる。

  • 一匹狼に戻ってジバコ再登場。
    コロンボ、ポアロ、ホームズ、ルパンも登場。
    この本を幼児向けだなどといってはならない。
    北先生は偉大だ。

  • 北杜夫作品の中で(そんなたくさんは読んでないけど)、一番好き!!ジバコ作品の短編集だから好きなところから読めるし。これからの人生のいつ読んでも面白いだろうと思う。
    ジバコが若い女性に恋してしまうのだけど、とてもキュートです。

  • 怪盗ジバコに続編があったとは!
    嬉しすぎて涙出そうでした。
    ジゴロっぷりがでまくっててカッコイイ!

全6件中 1 - 6件を表示

怪盗ジバコの復活 (新潮文庫)のその他の作品

怪盗ジバコの復活 Kindle版 怪盗ジバコの復活 北杜夫
怪盗ジバコの復活の詳細を見る 単行本 怪盗ジバコの復活 北杜夫

北杜夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
遠藤 周作
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

怪盗ジバコの復活 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする