楡家の人びと 第一部 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.03
  • (25)
  • (25)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 458
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時は大正時代。時代の流れのなかで紡がれる楡家の人々の物語。
    物語はその中心地である楡病院の院長にして創始者である楡基一郎の一代記でもある。

    楡基一郎は立志伝中の人である。大ぼらふきの気質にして、終始、躁状態を思わせるようなハイテンションで行動が変人。当時の時勢に乗って衆議院議員にもなるほどの野心家でもある。
    そして、彼を取り巻く家族がまた個性が際立っていてなかなか楽しい。
    印象に残る登場人物では、父・基一郎を尊敬して止まず、偉大な父を厳格に崇め奉っている長女の龍子。
    ぼんやりしていてどこか抜けているが、おませなところもある三女の桃子。
    龍子と桃子に挟まれてどっちつかずの存在である次女・聖子。
    長女・龍子の夫にして「マスオさん」として楡病院を継ぐことになっている徹吉。
    家族ではないが楡病院の事務長として権力をふるい、鶴のように歩く腰巾着の院代・勝俣秀吉などなど。
    この物語の登場人物はどこか何かが変で抜けているか、規律が厳しいあまりやはりどこか変で可笑しみのある人々が次から次と登場してきて、魅力溢れる物語を形作っている。

    物語の始終、どことなくユーモラスな旋律が底流にあって、物語全体に深刻さが欠けているところがまたいい。
    『マンボウ』シリーズでも全開になっていたが、作者に流れるユーモアのセンスがこの大河な物語に彩りを添えている。
    この楡病院の家族はどことなく作者の家族が投射されているように思われ、私は楡基一郎は躁状態の時の作者本人のことかと思っていたら、どうも大ぼらふきだったという祖父がモデルのようですね。(笑)
    これほどの家族の大河な物語にもかかわらず、出だしはあまり登場しない飯炊きの伊助爺さんの豪快な仕事場面というところが、オペラの序曲にも似てわくわく感を醸し出していい。
    特に序盤の病院職員全員を集めての賞与式の場面は、それぞれの個性と病院の雰囲気を端的に伝えてくれていてなかなか楽しかった。

    時代は大正が終わり昭和の第二部に引き継がれる。
    三島由紀夫が絶賛したという本書。第二部の展開が楽しみな限りです。

  • 作家本人のエッセイを読むと和製「ブッデンブローグ家の人々」らしいです。自分の家族をモデルにし執筆のためにインタビューを入念にしたらしいので書かれている内容はかなり事実に基づいているとのこと。物語としても面白いですが、当時の世相等を知る上での上等な資料としても面白い(貴重)です。

  • じつに面白かった。なんといっても登場する人々がそれぞれユニークで行動も面白い。もちろん楽しいことばかりでなく、大変なことも起こるのだが、それを実によく乗り越えている。1部だけdも終わりそうなものを、これがどう続いていくのか、今から楽しみだ。

  • 面白かった。感想は第3部で

  • 想像していた内容と違ったので、びっくり‼️
    二部以降の展開はいかに?

  • 何十年も前に書かれた作品だけど、一切色褪せていないのがまず凄い。明治以降の近現代に起こった重大事件を縦軸に、その中を生き抜いた楡家の人々の上に起こるイベントを横軸に、飽きさせないように緩急つけた物語が紡がれる。一家の大黒柱の一代記なのかなと思いきや、上巻の最後で呆気なく退場。中心人物を入れ替えながら、一家の栄枯盛衰が綴られていくんでしょうか。ここからの展開も楽しみです。

  • 12歳で読んだ。途中で終わっていた。

  • 2013年 読了

  • 北杜夫がトーマス・マンの『ブッデンブローク家の人々』に触発されて書いた作品。大正時代の精神科病院を舞台に、楡家と関わる人々の個々の生き様が描きだされます。

  • 8月のお盆休みに読みはじめ、1部2部と一気読みしたのdが、3部でなぜかページをめくる指がにぶり、3部だけは読破に2週間くらいかかってしまったのではないか。
    平成の世に読むと感覚が鈍りがちだが、戦前の日本のお話と思えばなんというブルジョアジーなお話だろうとおもう。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1927年東京都生まれ。54年、『幽霊』を自費出版。60年、『どくとるマンボウ航海記』が大ベストセラーとなりシリーズ化し、作家に転身。同年、『夜と霧の隅で』で芥川賞、64年、『楡家の人びと』で毎日出版文化賞を受賞。著書に『さびしい王様』『輝ける碧き空の下で』などがある。

「2018年 『どくとるマンボウ航海記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北杜夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
梶井基次郎
三浦 しをん
池井戸 潤
三島由紀夫
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

楡家の人びと 第一部 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×