悪女について (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (228)
  • (203)
  • (166)
  • (22)
  • (7)
本棚登録 : 1799
感想 : 250
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101132198

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映像が目に浮かんできて、もし私なら主人公は勝手に君島十和子かなあ。苦笑い。
    数年前のドラマでは沢尻エリカだったらしいけれど、ちょっと違うな。
    黒木華ちゃんや蒼井優ちゃんでは物足りない笑。
    松居一代じゃあ胡散臭すぎるし、小池百合子さんがいいかも?!

    繁栄と栄華で満ち満ちた1人の女性について、27人もの周辺人物たちが、それぞれモノローグの形で語る。

    メディアにも華々しく取り上げられ、絶頂を極めている女性実業家が謎の死を遂げる。
    彼女の「人となり」を、周囲の人々が独白の形で露わにしていく。

    努力家で才能と美貌や知性の溢れる女性と賛美される一方、欺瞞と虚栄に満ちた詐欺師と罵られる。

    彼女の評価が真っ向対立しながらも、彼女への興味や関心が頁を捲るごとに増していく。

    女性が添え物であった時代の物語にありながら、男性をもしのぐ手腕で次々と事業を拡大させる一方で、男性にしな垂れかかる売女のような一面もある。
    どちらが本当の姿で、どちらが嘘か。表裏一体の妙。

    出自や生い立ちを偽り、戸籍や名前までを改め、嘘に嘘を重ね、富を得て、彼女が本当に得たかったものは一体何なのだろう。

    彼女に翻弄されながらも、周囲の人たちが彼女との関わりを断ち切れなった事実に彼女の本質が垣間見える。

    貫井徳郎さんの『愚行録』もモノローグを重ねた展開で面白かったが、こういう形式が好みの方、お薦めです。
    気が付くと、私も28番目の人として、彼女について誰かに語りたくなっている。

  • 人の思い込みって本当に怖い。
    特に惚れた女に対する男達の、自分よがりの願望ともとれる「妄想」は滑稽で何度も苦笑いしてしまった。

    27名の証言に基づき徐々に顕かになる、謎の死を遂げ世間を賑わす女・富小路公子の物語。
    様々の立場の老若男女の証言が増える度に、謎はますます深まり彼女の死の真相は藪の中。
    彼女の真実の姿と死の真相は我々読み手に託された形となったけれど、私には最後の次男の証言が特に印象深いものとなった。

    若い頃母に向かって言い放ったセリフ「清く正しく、夢のある人生が私の理想」。
    あらゆる手段を使って己の「夢」を貫いたかに見えた彼女は、若い頃からの理想の人生を歩むことが出来たのか、本人に聞いてみたかった。
    本人が全く登場せず証言上の彼女の姿を想像する物語は面白く、深く考えさせられる作品だった。

  • この本は面白い!
    そして読みやすい!

    ベランダから転落死した女実業家のことを、彼女の周りの人間が話すその会話によってなりたった本なのですが、人の会話なので読みやすいし興味深い。
    それも有吉佐和子さんの文章力があってのことだと思います。

    亡くなった富小路公子は宝石商、不動産経営、女性専用の会員制クラブなど、さまざまな事業を展開する女実業家。
    その公子がバルコニーからイブニングドレスを着たまま昼間に転落死する。
    周囲からは自殺の原因も無いし、他殺かも知れないとさまざまな証言が飛び出す。
    そしてその証言から彼女の隠された生い立ち、性格、生きざまが浮き彫りになる。

    一緒に夜学に通った男性、同級生、彼女とつき合った男たち、彼女の子供・・・。
    語る人によりさまざまに姿を変える彼女。
    ある人は清廉潔白な人だったといい、ある人はとんでもない悪女だと言う。

    とにかく嘘に嘘を重ね、虚飾の人生を生きてきた人だったのだなと思います。
    でも嘘って必ずバレるんですよね。
    不思議なことに・・・。
    私などは昔から嘘をついたらすぐバレると言われるくらい顔に出るからつかないけど、普段嘘をつきなれてる人ですら後で考えるとおかしい・・・とか辻褄が合わなくなり結局バレてしまう。
    恐いのは嘘をつく人って、その嘘が本当だと思いこむようになる事なんです。
    そういう人を何人か知ってますが、必ず自分の都合のいいように事実を変えていく。
    そして、そういう人たちは口が達者なので、「昔のことだし、もうそう思いこんでるならそう思わせとくか」と思わせるところがあるんですね~。

    あと人間って同じ人でも見る人によって全然変わってきますよね。
    ある人は「あの人は優しい」と言うし、ある人は「冷たい」と言う。
    どちらも真実なんだと思います。

    私はこの亡くなった女性、悪女かも知れませんが嫌いじゃないです。
    とにかく自分の目指すところに向かい、必死に生きてきた人生。
    走り抜けるような人生だったのだな~と思って、その精神力が羨ましいと思いました。

    • katatumuruさん
      vilureefさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(^^)

      そうかぁ~。
      慣れたらコメントも長文になっていくんですね。
      ここ...
      vilureefさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(^^)

      そうかぁ~。
      慣れたらコメントも長文になっていくんですね。
      ここって、自分がつけたコメントにコメントの返しがあったのかどうか通知がないのが悲しい所だと思います。
      何せ、私記憶力が悪くて誰にコメントをしたか忘れてしまうので・・・^^;

      ザ・女流作家ですか~。
      もう林真理子さんも大御所ですよね。
      角田さんは私も時々読みますが、すごくいい作品とそうでもないのと結構差があるような・・・。
      いろんな試みに挑戦されてるな~とは見てて思います。

      私は個人的に今時の言葉でいうと「イヤミス」系の話が好きで、昔からそういうドロドロしたのを好んで読んでるんですけど、その辺りの作家サン・・・湊かなえさんとか、真梨幸子さんとかに注目してます。
      vilureefさん、その辺りの嫌~な感じの話を書く作家さんに心あたりがあれば是非、教えてください~(^^)

      こちらこそ!
      今後ともよろしくお願いします(^^)

      2013/08/09
    • vilureefさん
      ああ、確かにそうですね。
      誰にコメントしたか忘れちゃうことありますね(笑)
      取り敢えず毎日目を皿のようにしてチェックです!

      湊かなえさんか...
      ああ、確かにそうですね。
      誰にコメントしたか忘れちゃうことありますね(笑)
      取り敢えず毎日目を皿のようにしてチェックです!

      湊かなえさんか・・・。
      どうもデビュー作の衝撃が強すぎて(^_^;)
      イヤミスだったら沼田さんはお読みになりましたか?
      「ユリゴゴロ」なかなかでした。
      katatumuruさん、たくさん読んでらっしゃるからお勧めできるものないな(≧∇≦)

      好き嫌い別れそうですが、期待の作家は窪美澄さんですね。
      心情をえぐり出す感じがたまりません。

      私もいい人ばかり出てくる小説よりも、どうにもならない人間の性を描いた作品が好きですね〜。





      2013/08/10
    • katatumuruさん
      ハハハ・・・(*^▽^*)
      目を皿のようにしてチェックですか~。
      やっぱ自分で覚えてないとダメなんですね^^;

      色々とオススメ本を教えてい...
      ハハハ・・・(*^▽^*)
      目を皿のようにしてチェックですか~。
      やっぱ自分で覚えてないとダメなんですね^^;

      色々とオススメ本を教えていただいてありがとうございます(^^)
      沼田さんの「ユリゴコロ」は以前読みました!
      あれは独特な世界観の中に静けさを感じられるような作品で、面白かったと思います(^^)

      窪田澄さんは初めて聞きました~。
      早速チェックチェックです。
      心情をえぐりだす感じっていいですね!

      私もいい人ばかり出る小説はどうも苦手です(-_-)
      何かキレイごとっぽくて表面上の事しか書いてないような・・・物足りなさを感じます。
      たまにはそういうのが読みたい時もありますけど・・・。
      濃密な人間心理や人間関係が書かれたものが好きです(^^)
      それでいうと、やっぱり最近の小説は物足りないと感じるものが多いんです。
      でもそういうのが結構世の中では売れてたりして・・・自分と世間とのズレをいつも感じてしまいます(-_-)
      2013/08/10
  • 女実業家 の表と裏 を伝聞形式で綴る。
    ドラマでも見ているような気分で読める。
    そういう時代 生き方のもあったのだろうか。
    やり場のない読後感が残る。踏み台にされた男の人生 家族はどうなるのか。

  • 有吉佐和子という作家がこの様なタイプの作品を書いていたとは知らなかった。
    戦後から復興していく東京を舞台にしたミステリアスな作品で、27人の証言から構成されている。
    文章の上手さが短編から構成されているにも関わらず、作品に深さを与えていると思う。
    各証言が微妙に絡み合っているもの面白い。
    よく巡り会えた作品だと思う。

  • 沢尻えりか主演のドラマが面白かったので読んでみた。ドラマの印象が強かったのでどうしても公子の描写では沢尻えりかの顔が浮かんでしまう。それにしてもぴったりの配役だったなと思う。
    今読んでも全く色あせることのない面白さ。なんで今まで有吉作品を読んでみなかったのだろう。ぐいぐい引き込まれて読み終わってしまうのが惜しいほど。
    最終的には真実の公子を読者にゆだねることになるのも、またいい。脱帽。

    • 夢で逢えたら...さん
      これ、面白いですよね〜!
      有吉作品の面白さは、人の心の奥深くをぐいぐいえぐり出すところだと私は思います。

      「非色」は15年ほど前に読...
      これ、面白いですよね〜!
      有吉作品の面白さは、人の心の奥深くをぐいぐいえぐり出すところだと私は思います。

      「非色」は15年ほど前に読んだもので、その時に受けた衝撃と感動は覚えているのですが、細かい所は正直忘れてしまっています。
      大好きな作品だけに中途半端なレビューではなく、再読した際に書こうと思っています。
      気長にお待ち下さいませ。ごめんなさい。
      2014/02/07
  • いやー面白かった。
    今からすると昔の作品ですが、古く感じず、この時代に読んでも楽しめる。
    何とも君子は艶っぽいなー。
    で、結局、死因はなんだったのか?
    明らかに嘘つきなんだけど、一方でピュア。
    周りが惹かれていくのが分かる気もしなくもない。

  • 《自殺か、他殺か、虚飾の女王、謎の死》━━醜聞にまみれて謎の転落死を遂げた美貌の女実業家・富小路公子。
    彼女と関わりのあった二十七人の男女へのインタビューで浮かび上がってきたのは、騙された男たちにもそれと気づかれぬ、恐ろしくも奇想天外な女の悪の愉しみ方だった。
    男社会を逆手にとり、しかも女の魅力を完璧に発揮して男たちを翻弄しながら、豪奢に悪を愉しんだ女の一生を綴った長編小説。


    悪く言うひと、絶賛するひとにわかれる
    、本当はどっち?

    自身の妊娠出産さえ何重にも利用して、複数人からお金を巻き上げる手腕。
    本物の宝石を2、3回あっただけの人にプレゼントする一方、本物そっくりなイミテーションを高値で売り付ける表裏。

    実際に本人もどこまで考えて、悪いと思ってたのかさえ謎-

    時代だな-とも思う。昭和の高度経済性長期だからこそ、これが現実に有り得たかも、と思わせるよね。
    現代だとネットやSNSがあるし難しいかと-

    唐突に“娘”が登場した時が一番混乱しました-
    すぐにあ、そういうこと-ってなったけど。

    昭和58年に発行されて古い物語だけど、時代背景も景気良さげで勢いあって面白い。

    そして、富小路公子が昭和11年生まれなこと━まだまだ元気なうちの母と1歳違いな設定━に個人的に物凄く衝撃を受けました…

  • もう何度読み返しているかわからないくらい繰り返し読みたくなる本。
    もう読まないだろうと人にあげたり古本に売ったりして
    でもまた読みたくなって購入するという・・・。
    1人の女性について、27人の人物が証言していくという
    物語で、27章に分かれているのでとても読みやすい。
    鈴木君子が富小路公子になってのし上がっていく様が
    第三者の目線で証言されていく構成がとても素晴らしい。
    そして人によって最低な女と言われたり、女神のような女性と
    いわれたり、公子のとらえ方が違う点も興味深い。
    公子の喋り言葉が癖になって、何年かたつとまた物語の世界に
    入りたくなってしまう。そういう本ってなかなかないので、さすが有吉佐和子だって思う。

  • この手法。好きなんだよなあ
    貫井徳郎さんの愚行録とかプリズムみたいなかんじで
    その一人を、色々な角度からみるもの。
    自分もそう見られているし、私も相手をそういう一面でしか見ていないということ。

    盲目の老人たちが象を触って討論になったというあの寓話のような。
    真実は、自分しか、その人しか知らない。
    だから、決めつけない。

全250件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和6年、和歌山市生まれ。東京女子短期大学英文科卒。昭和31年『地唄』で芥川賞候補となり、文壇デビュー。以降、『紀ノ川』『華岡青洲の妻』『恍惚の人』『複合汚染』など話題作を発表し続けた。昭和59年没。

「2020年 『非色』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有吉佐和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有吉佐和子
有吉佐和子
有吉佐和子
有吉 佐和子
浅田 次郎
フランツ・カフカ
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×