官僚たちの夏 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (134)
  • (324)
  • (357)
  • (33)
  • (15)
本棚登録 : 2210
レビュー : 289
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「官僚」というと、『縦割り行政』とか『天下り』などといった
    マイナスイメージしか浮かばない昨今ではあります。

    日本の今と将来のことなんか、まったく考えてないでしょ。
    一般的国民の生活のことなんかわかってないでしょ。
    と、思っちゃうようなニュースばかりが流れてきます。

    でももしかしたらそれはほんの一部のことで、
    ニュースとして扱われないところで、
    本当は私たち一般国民のためになることをやってくれているのかもしれない。

    と、思い直させてくれたのでした。
    (というか、そうであってほしい)

  • ドラマは見ていたけど、原作は読んでいなかったので。今の時期に、昔の官僚はどう政治力に向かっていったのかって事で一気読み。高度成長期の古き一時代を表していると言えばそれまでだけど、予算も余裕があり官庁同士での許認可権力争いなど、今とは雲泥の差だと思う。仕事に関しては上昇志向で官僚的側面もある主人公・風越信吾も、その行動は「忖度」とは程遠いところにあり、その点では気持ちがいいくらいに読めてしまう今の時代(笑)。こそこそ改ざん事が話題になる時代にこそ、このような人物がいてほしいものだけど、やっぱり時代が違いすぎるかな。

  • そこ「まだ読んでなかったの?」って言わない(笑)
    役人にとって人事はホンマに一大関心事なんですよね。
    何と言っても人生が決まるので。

    主人公の風越は通産省の人事を握ってオモロイ仕事ができるように仕掛けていきます。
    確かに人事を握れば好きな布陣が組めます。
    でも国は人の入れ替えがない前提ですが役所はそうはいかないですからσ^_^;

    今で言う経済産業省にあたるところですね。
    やっぱり経済に活気がないと国が盛り上がりません。
    高度成長期の時代背景がそうさせるのでしょうが今見ると羨ましい世界ですね。

    ただラストはなにか自分を否定されたようで寂しかったです。
    僕はどちらかというと「無定量 無際限」に働くという方にシンパシーを感じるのでラストで仕事は才能でこなしてワークライフバランスを重視する天才が出世して終わるところは僕にとって努力を否定されたようでバッドエンディングでしたσ^_^;

    人それぞれ感じ方はあると思いますが公務員ならそれぞれ何か感じるところがある本やと思います。

  • 嫁の実家でひたすら読んだ。
    お堅い官僚の世界も、案外人間臭い人達の集まりなのだと認識を新たにする。3〜4年前にドラマ化されているが、個人的にはあまり先の展開を知りたくなるような作品ではない。

  • 最後の救いのないラストに余韻が残ります。懸命に官僚人生を走ってきた風越が新聞記者に諭されるシーンは人生の難しさを感じさせます。

  • 官僚達の熱い想い、仕事への情熱が伝わってくる。それと共に、省内の構想や政治とのやりとりもリアル。

  • 官僚たちの夏 城山三郎

    時代は60年代。主人公の風越信吾は、通産省のキャリア。ゆくは次官として期待され、「ミスター通産省」と呼ばれている。風越の趣味と言えば人事。通産省のキャリアたちの名前をカードに書き、カードを動かすことで人事をいつも考えている。

    この小説の焦点は2つある。

    ひとつは「指定産業振興法」の法案を国会で通すこと。60年代はまだ自分が産まれていなかったので、どんな時代なのかわからない。小説で説明されているのは、通産省が国内の産業を保護しているので、国外から国内市場の自由化を迫られているというものだ。この時代から既に自由競争を国外から迫られていたということだ。現在ではグローバリズムのもとに生き残っている産業、死んでしまった産業は様々だ。ここからグローバリズムが始まっていたかと思うと驚きであった。

    結局、法案は通らなかったのであるが、通産省の勢い、熱気を感じる。いわゆるこの時代は男気を感じるのだ。仕事にすべての人生を掲げる。仕事ができるのが男の証。そこにダンディズムを感じる。今の日本では感じることができない上昇気流というものを感じることができる。

    そして、もうひとつは風越の人事、仕事観、上司としての部下の接し方である。それも、現在ではパワハラとしてとられる行動も含まれている。でも、この時代はそれがダンディズムだった。

    風越の仕事観はこうだ。

    「おれは、余力を温存しておくような生き方は、好まん。男はいつでも、仕事に全力を出して生きるべきなんだ」

    この反対の価値観を持つのが、エリートの片山だ。片山は仕事もそこそこに、テニスもサッカーもゴルフもヨットもこなす。それでいて仕事に手を抜いているわけではない。仕事も遊びもそつなくこなす。

    そして、話の最後に風越の目をかけていた部下が死んだり、病院に入院してしまう。今で言えば過労死、労災と言われてもおかしくないものだ。

    風腰は、最後に新聞記者に窘められる。

    「ケガを突っ走るような世の中は、もうそろそろ終わりや。通産省そのものがそんなこと許されなくなっている。・・・」

    最後に風越の時代は終わった。正確には、ダンディズムという価値観は終わったのだ。
    寂しいようで、次の時代の到来を予感させることで話は終わる。

    ちなみに、最近は太陽にほえろや西部警察のような男に人気があるドラマは製作されなくなってきた。そのわけは、男の消費が冷え込んでいるから、男が好きな商品を持つ会社のスポンサーがどんどんいなくなっているわけだ。だから今は女の人に好まれるCMばかりが目につく。

    時代の変遷を感じる小説であるが、日本の仕事感としてのパッションを感じる。今で言えば暑苦しいととらえられるのであろうか。


  • ドラマに先駆けて読む。
    主人公にクセが強く、あんまり感情移入できず。
    ピリリよりもズシリ

  • 1960年代の通産官僚の働きざまを描いた、

    城山三郎の代表作。


    国のために全てを尽くす仕事とは、

    こんなにも過酷なのか。


    通産大臣の秘書になった官僚は大臣から、「無定量点無際限に働け」と指示をされる。


    今の時世には全くウケない考え方だが、

    こうした時代もあったのかと思うと考えさせられる。

    やりたい仕事に人生をなげうつ主人公たちの生き様は確かにカッコいいが、体を壊して病んでいくものが多いのも悲しい現実なのだろう。


    同じような働き方はもう許容されない時代になっているが、生き様や心意気など学ぶべきことは多い。

  • 時は高度成長期。現経産省の前身で、自分にとって懐かしい響きの通産省を舞台にした小説。豪放磊落で、権謀術数を良しとしない主人公・風越。組織の中にいると、このような人物を好む気持ちも嫌う気持ちも理解できる。行政立法を推進する熱い夏を経ていくうち、風越を取り巻く部下達が、ある者は病に斃れ、ある者は袂を分かつ。官僚機構をいろいろな意味ではみ出してしまった風越に訪れたのは、夏ではなく冬であった。

全289件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

城山三郎(しろやま さぶろう)
1927年8月18日 - 2007年3月22日
愛知県名古屋市中区生まれ。大日本帝国海軍に志願して入隊し、特攻隊の部隊に配属されたが、訓練中に終戦となった。東京産業大学(一橋大学の前身)を卒業後に1963年までは大学講師を務めながら作家活動を続けていた。経済小説を一ジャンルに格上げした先駆者のひとり。伝記小説、歴史小説も多い。
1957年に『輸出』で第4回文學界新人賞、1959年『総会屋錦城』で第40回直木賞、同年『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞と毎日出版文化賞、1996年『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』で第44回菊池寛賞をそれぞれ受賞。2002年に朝日賞を授与される。
代表作としては上記作品に加え、二度テレビドラマ化された『官僚たちの夏』、妻との想い出を描いた遺稿のエッセイ『そうか、もう君はいないのか』、よくタイトルが人物評としても用いられる、『粗にして野だが卑ではない』が挙げられる。

官僚たちの夏 (新潮文庫)のその他の作品

官僚たちの夏 単行本 官僚たちの夏 城山三郎
官僚たちの夏 (新潮文庫) Kindle版 官僚たちの夏 (新潮文庫) 城山三郎

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

官僚たちの夏 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする