落日燃ゆ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.05
  • (297)
  • (284)
  • (227)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 2175
レビュー : 288
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 広田弘毅と吉田茂は同期なれど、人生は本当に対象的。

    広田は自ら計らず、誠実に生き、人望があった。
    しかし、母は断食死、次男と妻が自殺、自分は死刑という人生。

    吉田は政治好きでわがままに生きた。
    しかし、先日読んだ『父 吉田茂』の印象では、
    家族は裕福に楽しく暮らし、引退後もこりんに世話をしてもらいながらゆったりと過ごした。

    「自ら計らず」という生き方は、本当に尊いのだろうか。
    尊いとしても、それは正解なのだろうか。幸せなのだろうか。
    時には吉田のように、わがままに自己主張をし、
    使える手はすべて使って、自分の思うように生きても良かったのではないだろうか。

    そんなふうにも思う。
    人生とはなかなか奥が深い。

  • 昭和の戦史・政治を一人の外交官、外相、元総理の生涯を軸にまとめ上げたノンフィクション。東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯の中で唯一の文官・広田広毅。

    大正から昭和、そして、戦争へ至る過程、戦中、東京裁判。
    主に、広田氏という外交官の視点から、官僚の世界、政治の世界、軍部の暴走、当時の世論などが感じ取れました。
    広田氏の考え方や生き様は、現代に生きる私たちにとっても好感を持ち、尊敬できるものだと思います。

    広田氏は平和外交、国際協調を目指し尽力していたが、当時の日本にとって戦争は不可避なものだったとわかりました。
    そもそも、当時の憲法、政治や軍隊の組織の観点からも歯止めが掛けらるものではなかったし、明治維新後、日清・日露戦争と勝利したと思い込んでいる多くの人々は、戦争に浮かれたような風潮もあったように感じられる。いや、情報操作によって、そう仕向けられていたのかもしれない。

    戦争で多くの命を失い、国土を焼かれ、他国を侵略し、多くの代償を支払った末に敗戦した日本。終戦から68年。対中、対韓関係を始め、未だに戦争の後遺症は残っている。現在、憲法改正や、集団的自衛権などの議論が高まりつつあるが、自分を含め今の若者を中心にそうしたことへの関心が急速に薄れていることに危機感を感じる。

    本書の終盤で東京裁判の様子が描かれるが、筆者は少々広田氏に傾き過ぎているような気がする。
    筆者や、当時の人々からすれば、文官として戦争回避に努めた広田氏を、他のA級戦犯同様に絞首刑とすることは重すぎるという意見も多かったようであるが、私の感想としては、広田氏自身もそう感じていた通り、外務大臣、元総理として戦争を回避できなかった責任を取らねばならなかったと思う。

    いずれにしても、人それぞれ見方はあると思うが、20~30代にも是非読んで欲しい一冊です。

  • A級戦犯でただ一人軍人以外で絞首刑になった、広田弘毅の話。
    たぶんこれを最初に発売するにあたって
    絶対賛否両論あったんだろうな~と思って調べたら出てくる出てくるいろんな意見。
    まぁでもいろんな意見があるにせよ
    このご時世に庶民の出でよく首相にもなったし外交官にもなったよな~と思う
    他はだいたい政略的に無名だった人がある程度の地位に這い上がるのに対して
    広田はどこ吹く風。
    あとこんなにも軍の暴走、いや軍どころか
    官僚も含めみんなバラバラ。
    戦前も、判決が言い渡される前も
    罪を少しでも軽くしたがために、揚げ足は取るし邪魔はするしでめちゃくちゃだなと心から思った。
    この本の影響ですごく広田信者(と言っていいのかどうなのか)が増えたことで
    いや、そうじゃないこうだといういろんな意見があってもいいと思う。
    当時広田に対しての署名運動が起きたり、絞首刑という重い刑が言い渡されたとき
    沢山の物議があったのはすごくわかる。
    あの時、もっと強く言えてたら、もっと無理難題を跳ね除けてたら…と考える。
    それにしても読んでよかった

  • 東京裁判のA級戦犯、元首相、外相の広田弘毅氏の物語である。日本の変な教育制度のせいで、戦前、戦後の歴史をほとんど学んでおらず、広田弘毅といえば、なんとなく戦争時の偉い人で、戦争を推進し、敗戦とともに処刑された人、そういう認識でしかなかった。
    もちろんこの本は著者の主観もあり、事実の面ではすべて正しいということではないだろう。特に、この本では広田氏の考え方、心情といった内面にスポットを当てており、その部分はすべて鵜呑みにはできないと思う。
    しかし、そのあたりを割り引いても、広田氏の生きざまは、今の現代社会においても、外交官、もしくは部下やお客様を預かる組織のリーダーとは何かを教えてくれ、感銘を受ける。「先を見通し何をすべきか」「責任をとるということはどういうことか」。特に裁判から処刑に至るまでの彼の一貫した姿、家族とのやりとりには図らずも涙してしまった。
    自分もリーダーとしてこれだけの覚悟を持って仕事をしているか、部下を守れているか、そして責任を遂行しているか、改めて考えさせられた。責任を常に考えながらも「自らは図らない生き方」はかっこいいと感じた。

    また、もう1つ別の視点から考えると、軍部の独走を止められない政府、この根源は「統帥権の独立」というお題目であり、己の組織の利益のためにバラバラに動く組織であり、何より皆を従わせることができる判断を行うことのできる役職が誰もいなかったということだと思う。組織の理念、お題目、そして組織の在り方、このほころびは組織を潰すということを改めて感じた。

  • 「平和につくした外交官が、なぜ、A級戦犯となり、絞首刑となったのか?」

    本の帯に書かれていたフレーズが気になって読んでみました。

    元首相・外相 広田弘毅の生涯を事実に立脚してたんたんと描いた作品。帯とは、ちょっと違うかな?って気はしたけど、読んでみてよかったと思います。
    あの時代のことは、もちろんよく知らないです。当時を見る目は日本人である自分も偏見をもっているだろうと思います。
    あの時代にこういう平和への希望を捨てずに国の中枢で執念を持って動いていた人がいたのか、と衝撃的でした。

    「善き戦争はなく、悪しき平和というものもない。外交官として、政治家として、戦争そのものを防止すべきである。」

    外務相として後輩への指導も行った彼の言動には、学ぶものがありました。

    「きみ自身が最後の責任者として、外務大臣として考えなくてはだめだ。この大使はどういう訓令を出すべきかといった立場から考える。それを考えるためには、欧米局にきている電報だけ読んだのではだめだ。他の局へきている電報まで目を通すのだ。」
    (中略)
    広田は慎重であった。できるだけ多方面の情報を集め、各方面とのバランスを考えながら事を進めて行くやり方で、極端に他の方面を刺激したり、あるいは強い反対を引き起こすようなものは、実際には力になり得ないという考え方だった。」
    「人間短所を見たら、どんな人間だってだめだ。逆に、長所を見て使うようにすれば、使えない人間は居ないんだ。」

    その人はA級戦犯として、平和外交への動きを妨げてきた陸軍大将らとともに絞首刑で最後を迎える…。どんな気持ちだったのだろう。その最後の場面は、少ない彼の言葉と、環境から察するしかないが、そのところが非常に詳しく描かれています。「自分は生まれるのが50年早かった。」と話したことは、まさしくそうだったのではないかと思われてしまいます。

    広田の生涯の中で、非常に印象的なのは、自分の仕事を執念を持ってやり遂げようとするところ。そしてその行動と結果を持って自らを語る。その姿勢にまた非常に感銘を受けました。


    ある種、「樅の木は残った」の原田に通ずるような気がします。

  • A級戦犯として処刑された唯一の文官、広田弘毅の人生を通して、彼の生きた時代を描く傑作。
    彼の人生哲学として「自ら計らわぬ」という言葉が何度も出てくるが、それは必ずしも私の読後の印象とは異なる。彼個人の職位や生死に関する事柄については確かにその通りかもしれない。しかし、日本の将来に対しては、自分の正義を貫こうと必死で計らい続けた姿が、この本にはくっきりと描き出されている。

    職位や生死に関する「自ら計らわぬ」には、私は共感できないけれど、だからこそ尊いと感じる。そうやって、自分の計らわぬことと計らうことについての覚悟を決めて、手の届く範囲の目標を一つずつ達成していくような人こそ、ずっと遠くまで行けるんだろう。

    そんな広田でも、日本の歩みを、彼の正義のほうへ向けることはできなかった。彼はこれ以上何かできたのだろうか。「自ら計らう」タイプだったら結果は違っただろうか。
    できたと言えば、広田への敬意を欠くように思えるし、できなかったと言えば、過去から学ぶことの放棄とも思える。
    手の届く範囲から、一歩ずつ考えてみたい。遠くまで行けることを信じて。

  • 自ら計らわぬ、風の向くままにの広田弘毅の生涯を見る。
    第2次世界大戦がなぜ、どのように起こったのかをその渦中の人物を追うことで見えてきた。
    また、外交の大切さと軍の力、政治とはなにかも改めて知ることができる。

    詳しくはわからないけど、どの人も日本のために行動した結果であるのだと思う。その人のもつ情報量や先見性によっては満州国の必要性を求めることは正義となる。広田など賢い外交官は、全く違った平和を求めたことが正義。
    万人に共通の価値観などなく、他社と話をすることで理解していくものなのに、昔は今みたいに電話もネットもないから手紙で何か月後とかのやり取りになる。それでは価値観の共有もなにもなく、自身で考えた結果のみがすべてになるのだと。

    昔の人の外国語の勉強の仕方がとても面白かった。外国語を読んでは訳し、訳した語を翻訳したものと照らし合わせる。その逆もまた。

  • 学生の時読んで終わりに泣きながら感動してた。今の日本はこうした人の歴史の上にある。
    外交官を目指すならこういう本を読んでほしいと思った一冊。

  • 戦前戦後で言えば近衛、東条、吉田、幣原あたりは知っていたが広田総理なんて全く知らなかった。平和外交をことごとく軍部に邪魔された挙句、最期は軍部と同罪で裁かれるという皮肉すぎる運命。いたたまれなくなるが、終盤の裁判で全く語らない精神力も凄すぎる

  • 東京裁判でA級戦犯として絞首刑となった元外相・総理の広田弘毅。彼の生涯を描いた伝記小説。


    こんなに哀しい人がいるだろうか。
    厳密な歴史書ではないし、城山三郎の目を通した広田弘毅像であることは分かっている。しかし読後の感想は、悲しい、哀しいの二言だった。
    戦争を止めようと努力した文官が、東京裁判でアメリカから軍との共同謀議の罪で訴追される。この皮肉。
    自ら計らわぬ性格の広田が、計らわぬから周囲から推されて国のトップになった。計らわぬ性格でも中国との戦争を止めようと外交努力で事態の収拾を計った。が、統帥権の独立と長州が作った憲法に阻まれる。名門出の重臣たちと好戦的な軍人たちに囲まれ、両論併記と非決定の空気の積み重ねが対米戦争を決定付けていくなかで、石屋の倅の広田は戦争を止めるため、戦線を拡大させないために、終戦にむけて軍部と闘う。
    戦後は計らわぬゆえに弁解せず戦争の責任を背負って東京裁判の結果を受け入れた。

    広田の生涯は自ら計ってうまく立ち回った外務省で同期の吉田茂と対照をなす。同時にその立ち振る舞いは戦争責任から逃れるために奔走する軍人や名門出の文官たちとも対照をなす。
    広田弘毅の生涯とその死は、確かにドラマチックである。だがその姿に感動し汚名をそそぐと誓うだけでいいのだろうか。
    広田弘毅の哀しみは、同時に近代日本の哀しみでもあるだろう。

全288件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

城山三郎(しろやま さぶろう)
1927年8月18日 - 2007年3月22日
愛知県名古屋市中区生まれ。大日本帝国海軍に志願して入隊し、特攻隊の部隊に配属されたが、訓練中に終戦となった。東京産業大学(一橋大学の前身)を卒業後に1963年までは大学講師を務めながら作家活動を続けていた。経済小説を一ジャンルに格上げした先駆者のひとり。伝記小説、歴史小説も多い。
1957年に『輸出』で第4回文學界新人賞、1959年『総会屋錦城』で第40回直木賞、同年『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞と毎日出版文化賞、1996年『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』で第44回菊池寛賞をそれぞれ受賞。2002年に朝日賞を授与される。
代表作としては上記作品に加え、二度テレビドラマ化された『官僚たちの夏』、妻との想い出を描いた遺稿のエッセイ『そうか、もう君はいないのか』、よくタイトルが人物評としても用いられる、『粗にして野だが卑ではない』が挙げられる。

落日燃ゆ (新潮文庫)のその他の作品

落日燃ゆ 単行本 落日燃ゆ 城山三郎
落日燃ゆ Kindle版 落日燃ゆ 城山三郎
落日燃ゆ 単行本 落日燃ゆ 城山三郎

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
デール カーネギ...
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

落日燃ゆ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

落日燃ゆ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする