落日燃ゆ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.07
  • (333)
  • (320)
  • (237)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 2619
レビュー : 319
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • R1.6.5 読了。

     明治、大正、昭和と外交官から外務大臣、首相にまでなられた広田弘毅氏の生涯を描いた作品。協和外交で戦争を回避しよう苦慮し、当時「外交の相手は軍部」という程の中で最後まであきらめず、各国などに働きかけようとしたが、時代のうねりというか暴走する軍部に巻き込まれた生涯。戦争は回避できず、戦後はただ一人の文官として、戦犯扱いされ処刑されてしまった。
     もしも当時、軍部が暴走せず広田氏が描いた外交によって、戦争を回避していたなら現代はどのように展開されていただろう。戦前の優秀な人材、城などの歴史的な文化遺産、広島・長崎の原爆投下などの悲劇も起こらなかったであろうと考えると、くやしく思う。
     この作品は後世に残したい1冊だと思う。

    ・「日本は断じて支那本土に手をつけてはならない。また欧米の勢力範囲を侵すべきはない。それは日本の対岸に欧米列強を割拠させ、彼らに一致して日本に当たらせることになり、日本を危殆に陥らせるおそれがあるからだ。われわれは祖先から二千五百年の遺産を継いだのだから、これを二千五百年後の子孫に伝えるべき義務がある。」
    ・「人間短所を見たら、どんな人間だってだめだ。逆に、長所を見て使うようにすれば、使えない人間は居ないんだ。」

  • ====
    東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。
    戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。
    毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。
    ====

  • 広田弘毅と吉田茂は同期なれど、人生は本当に対象的。

    広田は自ら計らず、誠実に生き、人望があった。
    しかし、母は断食死、次男と妻が自殺、自分は死刑という人生。

    吉田は政治好きでわがままに生きた。
    しかし、先日読んだ『父 吉田茂』の印象では、
    家族は裕福に楽しく暮らし、引退後もこりんに世話をしてもらいながらゆったりと過ごした。

    「自ら計らず」という生き方は、本当に尊いのだろうか。
    尊いとしても、それは正解なのだろうか。幸せなのだろうか。
    時には吉田のように、わがままに自己主張をし、
    使える手はすべて使って、自分の思うように生きても良かったのではないだろうか。

    そんなふうにも思う。
    人生とはなかなか奥が深い。

  • 昭和の戦史・政治を一人の外交官、外相、元総理の生涯を軸にまとめ上げたノンフィクション。東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯の中で唯一の文官・広田広毅。

    大正から昭和、そして、戦争へ至る過程、戦中、東京裁判。
    主に、広田氏という外交官の視点から、官僚の世界、政治の世界、軍部の暴走、当時の世論などが感じ取れました。
    広田氏の考え方や生き様は、現代に生きる私たちにとっても好感を持ち、尊敬できるものだと思います。

    広田氏は平和外交、国際協調を目指し尽力していたが、当時の日本にとって戦争は不可避なものだったとわかりました。
    そもそも、当時の憲法、政治や軍隊の組織の観点からも歯止めが掛けらるものではなかったし、明治維新後、日清・日露戦争と勝利したと思い込んでいる多くの人々は、戦争に浮かれたような風潮もあったように感じられる。いや、情報操作によって、そう仕向けられていたのかもしれない。

    戦争で多くの命を失い、国土を焼かれ、他国を侵略し、多くの代償を支払った末に敗戦した日本。終戦から68年。対中、対韓関係を始め、未だに戦争の後遺症は残っている。現在、憲法改正や、集団的自衛権などの議論が高まりつつあるが、自分を含め今の若者を中心にそうしたことへの関心が急速に薄れていることに危機感を感じる。

    本書の終盤で東京裁判の様子が描かれるが、筆者は少々広田氏に傾き過ぎているような気がする。
    筆者や、当時の人々からすれば、文官として戦争回避に努めた広田氏を、他のA級戦犯同様に絞首刑とすることは重すぎるという意見も多かったようであるが、私の感想としては、広田氏自身もそう感じていた通り、外務大臣、元総理として戦争を回避できなかった責任を取らねばならなかったと思う。

    いずれにしても、人それぞれ見方はあると思うが、20~30代にも是非読んで欲しい一冊です。

  • 「自ら計らわず」を信条に、大戦前の激動で混沌とした政治の世界を生きた広田弘毅を主人公にその半生を描く。
    小説上、広田は外交官・政治家として軍部に対抗し、苦しみながら和平を模索するが、結局、戦争への道を閉ざすことができず、さらに皮肉なことに軍人以外の文官で唯一、A級戦犯として処刑されることになる。「自ら計らわず」の通り、積極的な自身の弁護もしないまま・・・。そのギャップが広田への大いなる同情をさそう。
    ただし、仮に積極的な作為がなかったにせよ、重大ポイントで広田は外務大臣や総理大臣としての判断をしめしてきた。政治家の判断の重さを感じざるを得ない出来事である。

  • 教科書の行間に潜むドラマ。誰かが責任を負わねば示しがつかない状況の中で、時代の業を受け入れて死んでいった人の話。自ら計らわず、黙りこくって、はたから見れば穏やかなだったとしても、心の中は沢山の言葉が渦巻いていたんじゃないかと思う。

  • 東京裁判で絞首刑になった7人の中で、唯一軍人では無かった人物・元総理広田弘毅の生涯を書いた作品。

    常に戦争へ向かわないようにしていた人が何故最後に戦争を推し進めた軍人達と同じ末路になったのか… 『自ら計らわぬ。』を生涯貫き通した生き様を感じました。。。

    https://amzn.to/3bS7n5n

  • A級戦犯でただ一人軍人以外で絞首刑になった、広田弘毅の話。
    たぶんこれを最初に発売するにあたって
    絶対賛否両論あったんだろうな~と思って調べたら出てくる出てくるいろんな意見。
    まぁでもいろんな意見があるにせよ
    このご時世に庶民の出でよく首相にもなったし外交官にもなったよな~と思う
    他はだいたい政略的に無名だった人がある程度の地位に這い上がるのに対して
    広田はどこ吹く風。
    あとこんなにも軍の暴走、いや軍どころか
    官僚も含めみんなバラバラ。
    戦前も、判決が言い渡される前も
    罪を少しでも軽くしたがために、揚げ足は取るし邪魔はするしでめちゃくちゃだなと心から思った。
    この本の影響ですごく広田信者(と言っていいのかどうなのか)が増えたことで
    いや、そうじゃないこうだといういろんな意見があってもいいと思う。
    当時広田に対しての署名運動が起きたり、絞首刑という重い刑が言い渡されたとき
    沢山の物議があったのはすごくわかる。
    あの時、もっと強く言えてたら、もっと無理難題を跳ね除けてたら…と考える。
    それにしても読んでよかった

  • 「二つの祖国」で東京裁判が出てきますが
    その東京裁判での広田弘毅の物語です。
    歴史ではなかなか出てこない人ですが尊敬しますね。
    でも真っ白な生き方も生き辛いのでそんな生き方はでけへんなあとも思います。
    城山さんの作品の中では一番好きです。

  • 20180805
    城山三郎の人物評作品。
    1900年代前半、日中戦争〜第二次世界大戦までの間に、外務相と総理大臣を勤めた広田弘毅についてのエッセイ。
    A級戦犯の犯罪者として、唯一文官として処刑された人物である。
    城山三郎が提起した問題意識として、戦争に突入した日本の全体主義社会の暴走が研究対象として取り上げられる中、一人戦争回避に奔走した広田という外交官の生き様を、多くの日本人に知ってもらいたいという思いがあったに違いない。
    また、「自ら計らわぬ」という広田の生き様に共感を得たに違いない。対局を捉え、自分ができる最善のことを行う視点に長けていた広田の生き方、人間性に多くの関係者が共感と尊敬の念を向けている。驕りを極め侵略戦争に突入した日本軍の反省を活かし、謙虚さを持つ生き方を日本人は学ばなくてはならない。
    私が今後深めていきたい議論として、昭和史を深く理解すること。現在は無い陸軍や海軍がどのような役割を担って、政治や官僚の世界に関わっていったのかを学ぶ。
    その上で、現在不安定な世界情勢(※)を予見する、または対立を予防する見識を発揮したい。歴史は繰り返すものであり、教養によって予防できるものである。世界という実の書物を紐解きたい。

    ※トランプ政権や周政権が繰り返す貿易戦争は、ブロック経済が招いた第2次世界大戦あたりの状況が参考になるかもしれない。2国間で関税を掛け合った場合、日本に与える影響は?そして次に起こる政治イベントは何か?

    小説のスリリングな筆致を味わいたい。
    少し心を休めたい。
    夏の季節で、戦争犯罪の処理を克明にたどっている書であるから、教養を深める意味でも読みたい。
    第二次世界大戦の知識はゼロ戦あたりしかなく、A級戦犯の知識はこれを機に深めたい。

全319件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1927年、名古屋市生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。57年『輸出』で文學界新人賞、59年『総会屋錦城』で直木賞を受賞。日本における経済小説の先駆者といわれる。『落日燃ゆ』『官僚たちの夏』『小説日本銀行』など著書多数。2007年永眠。

「2021年 『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

落日燃ゆ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×