秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (6)
  • (35)
  • (38)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 237
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133225

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦国の海賊、村上武吉を主人公とした一代記。武吉が毛利とともに飛躍したのも束の間、豊臣秀吉が天下を獲るにおよび、徐々に落ちぶれていく様を描く。表題の設定から最初のころは武吉と秀吉のからみに意欲があったように見受けられるが、徐々に武吉の悲哀に重点を移しているように思う。

  • きちんと歴史的な取材をした上で書かれた作品だとわかる。無理矢理にヒーローを作らず、悪役を作って盛り上げるでもなく、しかし最後まであきさせずにひとりの男の一生を描いている。
    村上武吉の境遇、生き方に共感できて、最後まで清々しかった。

  • 村上水軍の村上武吉は瀬戸内海の海賊の総元締めであり、秀吉が天下を取るまでの時期に毛利のために働く者であった。
    しかし、毛利だけでなく瀬戸内海の村上一族のために一生懸命毛利の兄弟たちのように村上の一族も協力し合わなくてはいけないと諭し続けた男でもある。

    秀吉が中国攻めをした頃には毛利について毛利のために忠義をつくし、村上の一族のためにどう働くべきかを常に考えながら家族を束ねていくことを常に考えた男であり、秀吉からは言うことを聞かない海賊として疎まれていたようである。

    大阪湾の兵糧兵站の作戦など以前に読んだ村上海賊の娘のストーリーと重なるところなどありあの物語も頭の中に浮かびながら読み進める事が出来た。

    秀吉が天下を取って毛利に加護されながら晩年は不遇の転居などさせられて最後には瀬戸内に帰ってくるが、意地を通した海賊の男の人生が最後まで興味深く奥行きのある一生であったと読んで損のない一冊だと思う。

  • 村上海賊の娘を読了し、村上海賊自体に興味が湧き手に取った本作。

    村上海賊の娘はエンターテイメント感たっぷりで、登場人物もより魅力的に描かれているのであろうなぁと思っていた。

    が、本作を読んでも武吉のイメージがまるで変わらない。
    なんて、潔く強い人なんだろう。
    秀吉が非常に残念な人に思えてしまう。
    力を手に入れる人は、なんて立派な!とただただ心酔させてくれる人はいないのであろうか。

    私もまだまだ世間を知らないのだ、と実感して武吉の潔さを身につけられるよう頑張ろう。

  • 何度か止まり、ようやく読み終わった文体。ここにもたった1日の関ヶ原に諦めた一人

  • 村上海賊の総領、能島の村上武吉の生涯を描いた書。武吉は、堪忍と思案に明け暮れ、肝心な場面では意地を通し、時流には乗れなかった。「任運自在」が信条。
    戦国時代を、水軍の視点で描いている点が新鮮。

  • 城山三郎『秀吉と武吉』読了。村上海賊の娘から続く村上家の小説第二弾。戦わずして「勝った」豊臣秀吉と、戦わずして「生きた」村上武吉。村上海賊の娘ではほとんど描かれなかった村上家最強の総大将・武吉の人物像が描かれています。

  • 村上水軍(の中でも海賊を全うした能島水軍)のトップ村上武吉が主人公。厳島合戦で毛利元就に味方し、元就の死後三男の小早川隆景とパートナーシップを組む。しかし人たらしの秀吉にいいように操られ、流転する羽目に。関ヶ原で西軍に味方し家康からも疎んじられ、最後は屋代島で貧しい暮らしの中老衰。非常に勉強になるのは秀吉の人たらし術。戦わずして人を征服する策略。そして小早川秀秋のダメ男ぶりがすごい。秀秋は寧々(北政所、高台院)の甥であり、秀吉の養子になり、秀頼が生まれたため小早川に養子に出されていた。

  • 2016/08/19完讀

    想不到上一次讀城山氏的作品居然是七年前了,我讀日文書才兩百多冊左右的時代吧,沒想到現在也越過一千冊了,真是好長的一段路。城山的課題常常描寫「筋道の鮮やかな男の生き方」,海賊大將村上武吉威震瀬戸内海,無論厳島之戰,或者木津川送兵糧之戰,都是他輝煌的一刻之一,瀬戸内海就是他的領土。信長雖然做出鐵甲船,但畢竟比較像城池,村上海賊在海上未必會輸給他們。原本不願讓毛利坐大的他,後來也心服小早川隆景,和毛利家保持密切的關係,但又保持海賊獨立的矜持。但是一切人生的轉變來自秀吉的崛起,厳島之戰時比他小十歲的秀吉還是信長的足輕,但極速地崛起,甚至最終成為天下人,毛利家也漸漸由客變臣。武吉堅持海賊眾的獨立,一再拒絕出兵及恭順(突然變得很頑固,隆景怎麼勸他都不聽,不過這應該象徵無法背返的、絕對的時代潮流,他確實是無法自主的),但來島家已經徹底投向秀吉方,村上三島的團結不再,毛利家也惟秀吉是從,最終秀吉處理完四國的長曾我部後果然把魔掌伸向他,因為他的始終不順服,讓秀吉對他殘忍無比。海賊行為被徹底禁止,能島也被攻擊,後來他只好離開能島,受毛利家庇護。殘忍的秀吉讓他輾轉再小島間,拔掉他所有的爪牙,甚至將他與毛利家分開,昔日威震天下的海賊大將鬱鬱不得志,兩個兒子參加征朝,居然也是陸戰,不被允許指揮海戰,而來島家雖然受封為大名,但兄弟均在此時戰死。再忍辱多年之後秀吉死亡,天下復亂,上字大旗再度飄揚在海中,「海は海に戻り、だれかの池ではなくなる」(我很喜歡這句話)毛利輝元卻要求他們去打陸戰征伐伊予,導致長男元吉戰死,另外武吉也沒參加伊勢津城方面的海洋封鎖行動。在輝元和秀秋兩個庸奴的愚蠢決策下,毛利家損失慘重,晚年武吉被移到屋代島上,雖然還是可以看著瀬戸内海,但是海賊眾們被迫轉型耕田,手下新兵衛居然帶著許多部屬脫逃,後來武吉就病逝在屋代島。

    **
    比起村上海賊の娘這種當代的、漫畫超人眼花撩亂型的寫作方式,城山這本才真正可以感覺出來真正的量感、力道。一開始關於厳島之戰等戰役由於相當熟悉,所以我讀得飛快,有些漫不經心。但是讀到中段漸漸越來越被吸引(讓我這個禮拜插出來的作品根本就是孤高的海盜船),這本書的結構和安排相當出色,從組織、社會、時代的角度寫一個孤高的海賊,以歷史小說的角度來說相當出色,就文學性來說,活寫了一個海賊的盛衰,生命的悲喜,責任與失去,也相當地出色。

    武吉曾經威震海洋,任運自在,也被「領地望み次第」般地禮遇招降,但是後來在天下人秀吉逐步掌握大事後,也就是所謂的秩序漸漸地建立,海洋就變成內院花園的水池一般,不再有令人激動的可能性,當然武吉的生存空間就一步步被壓縮至零(毛利家要不是有隆景,應該也早就滅亡了,讀這本真心地覺得隆景真的很有智慧又很可靠)。號稱人たらし的秀吉對武吉無比殘忍,他的背後就是時代潮流。武吉不辯解,也頑拒對秀吉屈服,導致秀吉一步步剝奪他的生命意義,他不能理解不能為何從事海賊行為,那就是他生存的手段。他對陸地也很淡泊,海賊終究是要活在海洋的,這也是他婉拒輝元伊予之戰的原因(來島家後來變成陸地的大名,有比較幸福嗎?現在想起來信長之野望裡,我之前選村上家統一,沒玩過那麼困難的大名,不過現在回頭想起來,要是我是村上武吉,我根本不會想被困在陸地上孜孜矻矻地耕田擴張,畢竟這款遊戲是耕田土地為本思維的作品),他也對毛利家給他的屋代島沒有太大的興趣。三島的團結崩解,看到他忍痛撤離能島,到還曾經一度安逸熱血不再沸騰,最後轉居到絕望,然而生命的最後,七十幾歲還是可以再度上船飄揚大旗,但天下之戰居然一天就結束了(景親在關原的毛利陣中,無緣參加海戰),他也失去了後繼。海賊到陸地被拔了牙,被剝奪船隻,失去營生手段,被迫參加陸戰,被迫綁在封地中,最後看到海賊們被迫開始耕田,還被蔑稱為田吾作侍,讀到最後真的眼眶裡都是淚水。來島家在關原之戰之後仍然是風光的萬石大名,只是搬到山上去了,三島之首能島的大將淪落到這番田地,無法抵抗時勢,但或許在讓他選一次,他應該還是會選擇這樣的人生。海賊的傲骨,和那在亂世中益發閃耀的人格特質;和被剝奪海與船隻,甚至是希望的晚年,怎不令人替英雄掬一把同情之淚!壯闊豪情與閉塞殘燭,時代無比殘酷,但他還是忠於自己,這種感動讀後還是一直停留在胸中。關原之戰前讓上字大旗再度飄揚瀬戸内海那段真的很催淚,老人的血再度沸騰無比,身體會永遠記得那一段熱血的青春時代。卷末的解說到海明威寫廉頗老矣的英雄,正是這種感覺。這讓我不斷想起孟德的短歌行:老驥伏櫪,志在千里。烈士暮年,壯心不已。這本書寫三島首領海賊大將的英姿煥發,寫一個無力抵抗時流的老人的悲涼暮年,但最終仍在船上神采奕奕,他的生命很多彩,比起當今漫畫性的描寫,城山筆下的武吉的生命,更加在我心中共振。閱讀過程非常好讀,但是又寫得相當有深度,是本令人反覆沉吟不已的秀作。

  • 戦国時代における村上海賊の、秀吉に翻弄される運命を描く。少し前に読んだ遠藤周作「反逆」の、毛利一族を待つアンチ信長、秀吉派の武将達が待ち続けた毛利一族の事情がこの本で語られており興味深い。
    この物語における武吉は、やや消極的なイメージを受ける。他の作者による村上海賊の話を読みたくなった。
    歴史ものは読みにくく、なお一層遅読になるが、読了感はとてもよく、知的好奇心を満たすことができていいですね。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

城山三郎(しろやま さぶろう)
1927年8月18日 - 2007年3月22日
愛知県名古屋市中区生まれ。大日本帝国海軍に志願して入隊し、特攻隊の部隊に配属されたが、訓練中に終戦となった。東京産業大学(一橋大学の前身)を卒業後に1963年までは大学講師を務めながら作家活動を続けていた。経済小説を一ジャンルに格上げした先駆者のひとり。伝記小説、歴史小説も多い。
1957年に『輸出』で第4回文學界新人賞、1959年『総会屋錦城』で第40回直木賞、同年『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞と毎日出版文化賞、1996年『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』で第44回菊池寛賞をそれぞれ受賞。2002年に朝日賞を授与される。
代表作としては上記作品に加え、二度テレビドラマ化された『官僚たちの夏』、妻との想い出を描いた遺稿のエッセイ『そうか、もう君はいないのか』、よくタイトルが人物評としても用いられる、『粗にして野だが卑ではない』が挙げられる。

秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)のその他の作品

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする