そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.05
  • (166)
  • (223)
  • (102)
  • (11)
  • (6)
本棚登録 : 1630
感想 : 227
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133348

作品紹介・あらすじ

彼女はもういないのかと、ときおり不思議な気分に襲われる-。気骨ある男たちを主人公に、数多くの経済小説、歴史小説を生みだしてきた作家が、最後に書き綴っていたのは亡き妻とのふかい絆の記録だった。終戦から間もない若き日の出会い、大学講師をしながら作家を志す夫とそれを見守る妻がともに家庭を築く日々、そして病いによる別れ…。没後に発見された感動、感涙の手記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夫婦仲、家族仲がよいとそれだけで幸せなんだなぁと思った。

    城山さんの『落日燃ゆ』を何年も前に読んだことがあるが、
    こんな風に青春があって、容子さんと出会って家族になり、別れがあったのか。
    人生があるのは当然だが、著書がかたくて重めなので、
    こんなに豊かな愛情が溢れているとは想像していなかった。

    たまたま閉館していた図書館での出会いなんて、素敵だなぁ。
    そのまま話しながら歩き、ふと提案して映画を見る。
    貸した本を返してもらうのを口実にデートの約束をする。
    相手の親にばれてしまって絶縁状をもらう。
    当時ならではの出来事が目の前に描写され、微笑ましい。

    あの時代、窮屈な価値観で生きにくいこともあっただろうが、
    お互いが全幅の信頼をおける相手なら心強かったと思う。
    時代が代わっても、本質的なものは同じなのかな。

    娘さんの解説も心あたたまる文章でとてもよかった。

    お、と思ったくだり↓
    アンブローズ・ビアスによると、「人間、頭がおかしくなると、やることが二つある。一つは自殺。ひとつは結婚」なのだそうだが、私も容子も頭がおかしくなっていたのかどうか、結婚に躊躇はなかった。

  • 夫婦愛にほっこりしたあと、娘さんのあとがきが涙で霞んで読みづらい。
    「五十億の中で ただ一人「おい」と呼べるおまえ
    律儀に寝息を続けてくれなくては困る」

    結婚当初から、一緒に長生きしよう、と言ってくれ るパートナーとできる限り長く一緒に幸せに暮らしたいなぁ、と改めて強く思った次第。一緒に長生きと言いつつ、必ず、自分より長生きしてくれ、と付け加えるパートナーの温かな言葉はいつもわたしを少し切なくさせるのだ。

  • 祖母は、祖父が死んだ後、今までより本を読むようになり、私は訪問するたびに自分の本棚から何冊か選んで持っていく。迷ったけれど、この本も貸した。

    すごく気に入ってくれて、何回も何回も読み返したと教えてくれた。こんなに愛された容子さんは幸せだね、素敵な話だねと言った。

    私は、祖母のいろんなこと、例えば結婚で大好きな仕事をやめねばならなかったこと、祖父とはお見合いだったこと、祖父の両親とのこと、結婚後のあれこれ、を知っていたのに、それをそういう時代だったからねと言うのを聞いていたのに、祖父はもう死んでしまったのに、この本を貸した。
    同世代でも違う生き方、愛し方を選んだ人たちの存在を教えてしまった。

    それが良かったのか悪かったのかはわからない。
    けれど、祖母が本当に何度も、城山さんも容子さんも、あんな時代に見つけた愛をまっとうできて、幸せだったろうね、すごく幸せだったろうねというのを聞いて、泣いた。

  • それこそ運命のような夫婦の出会いと再会。作家の妻という以外にも苦労はあったろうに、明るく健気に夫を支え、本当に天使のような存在。死後の作者の寂しさが辛くて泣きそうになった。愛されて愛して、天国での再会を心から喜んでいるのだろう。娘さんから見た城山さんの人間的な様子も今は亡き、児玉さんの解説も胸にささる。そうか、もう君はいないのか… 、最近 亡くなった若き俳優や偉大なコメディアンをそんな気持ちで思い出してしまう…。別れは辛い、遺された方も遺した方も。

  • よい伴侶に恵まれることは幸せなことだが、
    そのぶん、いつか訪れる別離はつらい。

    出会いから、別れまでが書かれていたが
    昭和の戦前生まれの男性にしてはストレートな
    愛情表現に感じた。

    巻末に次女の後書きがあり
    そちらは親との別離や家族について
    考えさせられた。

    はじめて読む著者の本で、
    背景がわかった。

  • ご本人にちゃんと公開する意思があったのか気になる。もしかして秘密のラブレターを出版されちゃったのでは・・・、全国の書店に陳列され、全国の図書館に所蔵されちゃったのでは、と気が気でならない。内容が素敵だっただけに!親密だっただけに!

  • 城山さんの小説は読んだことがないのですが、きっと骨太の作品を描かれる方だろうな、という想像。
    私生活では、愛妻家だったんだなあということが伝わりました。特に、娘さんが書かれた文章から。
    舞い降りた妖精、苦しい別離、運命の再会。素敵。

    「そうか、もう君はいないのか」
    なんて切ないタイトルでしょうか。隣にいるのが当たり前だった人がいなくなっていることをなかなか受け止められない。受け止めたくない。辛いことだけれど、そこまで愛する人に出会えたことは素晴らしいことだと思います。

  • ふと思い出した本

    素直な戦士たちをきっかけに知った、城山三郎だけど、こういう暖かい本もあるのかと思った。電車のなかで思わず泣いてしまった思い出。

    もう一回読みたいのに、かんばやしくんに4年前くらいに貸して以来返ってこない。

  • このタイトルは本屋でずっと気になっていて、少し勇気を出して読んでみた。自分で言うのもなんですが、奥さんとは仲がいい。だからもし先にいなくなったらという事を考えたら本当にどうなるだろうか。こんなにも自分の妻を愛していることを包み隠さず文章にしているところが、男性として尊敬できる。後半は涙無しでは読めませんでした。奥さんとごくたまに喧嘩した時は、この作品を思い出すことにします。

  • 冒頭の「シェー」のエピソードで、もうグッと心を捕まれた。苦笑いしながらもいとおしさを隠しきれない著者の気持ちが手に取るようにわかる。数ある中でも理想に近い夫婦の形。こういう女性に男は弱い。

全227件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1927年、名古屋市生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。57年『輸出』で文學界新人賞、59年『総会屋錦城』で直木賞を受賞。日本における経済小説の先駆者といわれる。『落日燃ゆ』『官僚たちの夏』『小説日本銀行』など著書多数。2007年永眠。

「2021年 『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×